https://oceans.tokyo.jp/fashion/2918-1214-4/

ロンハーマンデニムが通称「1st」モデルで披露した確信犯的見落とし

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロンハーマンが2012年に満を持して世に送り出したロンハーマンデニム。徹底して作り込んだコレクションは、プレステージに位置する価格帯にもかかわらずリリースすれば即完売の記録を更新している。

勝因は“オリジン”へのオマージュを感じるリアルなダメージ加工とデザインにある。

それは、ついに登場したGジャン界の大物、通称「1st」モデルにおいても例外ではなかった。

40’S デニムジャケット5万4000円/ロンハーマンデニム(ロンハーマン 03-3402-6839)

実はこれまで“2nd”、“3rd”からインスパイアされたモデルは存在したが“1st”は今回が初。

気持ちワイドなボックスシルエット、フロントプリーツ、左胸にのみ付けられたフラップポケット……往時のスペックを忠実に再現しつつ、ほどよい縦ムラ、シボ感ががもたらす立体的な深み。まるで古着屋で掘り当てたような一着だが、袖を通せばオリジンとの違いに気づく。

それが「丈」だ。

ショートレングスでオリジナルに忠実な“1st”は、それはそれで風格があって良いのだけれど、いざ手持ちの服に合わせようと思うとどこかしっくりこないことがあった。より現代のスタイルに溶け込ませるべく、着丈の再現性にあえて目をつむり、ほんの少しだけ長めに設定したのがロンハーマンデニム謹製“1st”モデルの最大の見どころなのだ。

左●40’S デニムジャケット5万4000円、中●ウェスタンシャツ3万6000円、右●WWⅡ デニムジャケット6万6000円/すべてロンハーマンデニム(ロンハーマン 03-3402-6839)

この確信犯的な一着にはデニム・フリークも唸らされること請け合い。ゆえに完売は免れない。

同時期に発売された同じく“1st”の第二次世界大戦モデルをベースにした「WW Ⅱ」もウェスタンシャツも抜群の出来栄え。まずは店頭に急げ!


[問い合わせ先]
ロンハーマン
03-3402-6839

竹川 圭=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
ユースケ&マーシーのデニム論。「だから俺らはジョグをはく!」
2019.02.20
上陸10周年でロンハーマンは、父親にもうれしい店に進化する
2019.02.16 / NEWS
名品デニムへの愛から実現した、レアすぎる同業同士のトリプルコラボ
2019.02.14
デニム好きなスニーカー世代の夢の一足が“ランチ”から届いた!
2019.02.08 / スニーカー世代を刺激する「一足触発」
ビビッドな配色で魅せるゆったりシルエット
2019.02.21
上質なネイビーパンツでカジュアル感を抑えるお手本
2019.02.21
ダークカラーに白スニーカーで軽さをプラス
2019.02.21
全身オーバーサイジングで“トレンドを纏う”
2019.02.20
ライダーズ×タック入りパンツを使った技巧派フォルム
2019.02.20
ブラックインナーで引き締める、ゆったりシルエット
2019.02.20
定番かつ存在感あり。トートとコンバースで大人カジュアルに
2019.02.20
ミリタリー全開の気分には、パーカとパンツで“太さ”を楽しむ
2019.02.20
無骨なオリーブ×オフホワイトで“優しいけど頼れるパパ”に!
2019.02.19
カジュアルに潜む上品さの源は? ハイブランドのワイドパンツ
2019.02.19
定番色で作られた、清潔感あるストリートスタイル
2019.02.19
古着派の絶妙なこなし方。黄色いスニーカーでポップさを投入!
2019.02.19