2021.05.22
FASHION

「501との出合い、覚えてる?」W編集長エベハラのゆるふわデニム放談

去る5月20日の 「501 DAY」を記念し、オーシャンズはリーバイスとコラボ企画を実施。W編集長のエベ&ハラがそれぞれ好みの501をはいてファッション対談を行った。その模様はIGTVにて配信中だが、実は対談には続きがあったのだ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

OCEANS staff/オーシャンズ(@oceans_magazine)がシェアした投稿

 

テーマは501との出合いについて、そして今後の501との付き合い方について。1970年代生まれのふたりによるゆるふわデニムトーク。’90年代に青春を過ごしたオーシャンズ世代なら、きっと共感できるはず。

 

ハラの501デビューは中学2年!
ボタンフライが裏目に出て「ニセモノ扱いでした(笑)」

[左]原 亮太●1979年生まれ。愛知県出身。キャンプと釣りが好き。休日はジッとしていられず必ずどこかへ。[右]江部寿貴●1977年生まれ。東京都出身。趣味はサーフィンで、最近ゴルフにも目覚めた。

エベ ハラさん、初めて501はいたのっていつ?

ハラ 僕は中2のときなんですよ。その頃、ジェームズ・ディーンが表紙のカタログをリーバイスが出していて、縦長の。

エベ あった! 各モデルごとにひとつの物撮りが載ってるやつ!

ハラ あれがめちゃカッコいいと思っていて。友達の間ではバイブル的な存在でしたね。

エベ はいはい。

ハラ その頃、当然みんなは新品のリーバイスをはいていたんですけど、僕はお小遣いがなくて、古着の501を買ったんですよ。

エベ へーーー。

ハラ ボタンフライで、結構色も落ちてて。当時、同級生は古着の存在を知らなかったし、みんなのリーバイスはジップフライだったんで、「それニセモノじゃない?」って言われましたね。

エベ ははは(笑)。

ハラ デニムのボタンを閉じるっていう行為もそれが初めてでした。

エベ 中2で501は早いね。

NEXT PAGE /

エベの501デビューは高校生!
「腰ばきブーム全盛期で36インチを買いました」

ハラ エベさんは?

エベ 俺は実はちょっとませてて、小5、6年だったかな。初リーバイスをはくんですよ。

ハラ 早っ!

エベ そう。長ズボンへの憧れで(笑)。

ハラ はいはい、長ズボンへの憧れもありましたよね〜。

エベ そうそう。ずっと半ズボンだったから、「長ズボンのお兄さんカッコいい!」みたいな。当時、デニムがカッコいいっていうのはなんとなくわかってきていて、当然リーバイスに行き着く。でも、501っていう品番までは辿り着けず、別のモデルをはいてたかな。

ハラ で、501はいつですか?

エベ 501は高校生のときかなぁ。空前のヴィンテージブームが来たときに。“ビッグE”とか“XX(ダブルエックス)”は、今よりも随分手頃だったけど、それでも買えなくて……。

ハラ わかります(笑)。

エベ 手に入れたのは“66(ロクロク)”だったかな。腰ばきブームの全盛期だったから36インチだった気がする。いろんなブランドのデニムをはいてきたし、今もはいてるけど、やっぱり501っていいよね。なんだろうね、スタンダートの魅力が年々増してきていて。

ハラ 年代によってモデルも幅もありますしね。

エベ 細身ではけばシュッとするし、ちょっとリラックスできるフィットもいいし、すごく普通のシルエットもある。もう俺は、そこまで極端なシルエットのデニムははかないのかなぁって思うと、501の良さをしみじみと。

ハラ しみじみ(笑)。奇抜なことが年齢とのテンションで合わなくなってくるなか、501のレンジの広さ、懐の深さはすごくありがたいですよね。

エベ そうだね。

ハラ あと、リーバイスであることの“重し”も大事。はいていると「あの人ちゃんとしてるな」ってことにしてくれる。

エベ 言ってもデニムなのにね(笑)。

NEXT PAGE /

子供に「親父のリーバイス貸してよ」と言われたい!

IGTVでは501コーデのこだわりをそれぞれが力説。そちらもぜひチェックを!

エベ あとね、俺は501を子供にもはいてもらいたいな、早く。

ハラ 確かに! はいてもらいたいですね〜。

エベ ハイティーンになってファッションに興味を持ったときに「親父のリーバイス貸してよ」って言われたら結構うれしくない?

ハラ いいなぁ、それ。でも、うちはまだっすね、9歳なんで。江部さんちは12歳でしたっけ?

エベ そう、12歳。ファッションにちょこちょこ興味は持ち始めてるけど、ちゃんと興味を持つのはもう数年先かな。

ハラ そういう親子関係いいなぁ。それができるのもやっぱ501ですよね。

エベ そう思う。いつまでもカッコいいお父さんであり続けたいね、501の力を借りながら。

ハラ そうですね(笑)。

エベ というわけで、オーシャンズはこれからもデニムの魅力を伝えていきたいと思います。501の新しいはき方とか、愛用している人にも取材していきたいと思ってるので、引き続きお楽しみに。

ハラ 今日はありがとうございましたー!

好き勝手語ったW編集長の501放談。きっと、「懐かしい〜」と共感してくれた同輩も多いハズ。

いつになってもデニムの魅力、501の魅力は色褪せない。ということが再確認できたところで、ぜひ、IGTVにて本編もご覧あれ!

 

ぎぎまき=文

# リーバイス# 501# デニム
更に読み込む
一覧を見る