2021.05.20
FASHION

最新のリーバイス501事情を総まとめ! 今日はデニムの誕生日「501 DAY」

生まれてきてくれて、本当にありがとう。

本日5月20日は、デニムの誕生日「501 DAY」。デニムとともに生きる我々は、今日という日を盛大に祝わなければならないだろう。

ありがとう、デニム。ありがとう、リーバイス!

1873年の今日、世界初のデニムが誕生!

我々を魅了してやまない永遠の相棒!ファッションのプロたちが選ぶ感動間違いなしのデニムとは

「ヤブカラボウニ、ナンノコッチャ」な人に向け、おさらいしよう。

1873年5月20日、リーバイスが「衣料品のポケットの補強に金属リベットを使用する方法」に関する特許を取得し、世界で初めてデニムが誕生した。

ファッションにおいて歴史的な1日となったこの日を、リーバイスは「501 DAY」に制定。毎年、多くのデニム好き、ファッション好きがデニムに思いを馳せ、その誕生を祝っている。

だから今日は最新のデニム、なかでもリーバイスのフラッグショップである501にまつわるアレコレに思いを巡らせようじゃないか、ってなワケなのです。

NEXT PAGE /

デニムの絶対王者「501」を街角パパラッチ!

デニムの絶対王者「リーバイス501」。それぞれの正解スタイルをパパラッチ!

リーバイス501は、誕生から100年以上経った今もデニム界のトップに君臨する絶対王者。ストリートでの支持もアツく、501のはき方には、人それぞれの正解があるのも大きな魅力だ。

ということでオーシャンズはこの春、街角で501愛用者をパパラッチ! それぞれのはきこなし方をカメラに収めさせていただいた。

ロールアップするもよし、古着もよし、親子で共有するもよし。501の“今”をストリートでご覧あれ。

ユースケ&マーシーのデニム論
「『501は間違いない』っていう刷り込みがある」

[左]平山祐介 1970年生まれ。大学卒業後、社会人生活を経てモデルに。数多くの海外コレクションを経験したのち、2003年より活動の拠点を日本に移す。[右]三浦理志 1970年生まれ。15歳のときにサーフィンに出合い、18歳でモデルのキャリアをスタート。

オーシャンズ看板モデル、ユースケ&マーシー。オーシャンズ世代を代表するふたりにとって、やはりデニムは特別な存在だ。

先日、“理想のデニム”について語り合ってもらったところ、まぁ話が尽きないこと!

マーシーが初めてお洒落としてデニムをはいたのは高校時代。「サーフィンをやっている先輩が501をはいていて、それに憧れたんだよね。『501はカッコいい』『501は間違いない』っていう刷り込みがある」と熱弁する。

ユースケも「俺たち世代は全員そう。フロントがジッパーじゃなくてボタンフライっていうのも、特別な感じがして良かったんだよなあ」と回想。私物を持ち寄って繰り広げたデニムトーク、男ならきっと深く共感するはずだ。

NEXT PAGE /

「501」を全モデルを履き比べ!

全モデルを履き比べ!リーバイスの「501」デニムが、とにかく売れているらしい

ひと言で「リーバイス 501」といっても、その種類は実に豊富だ。

“501”という品番が初めて冠された1890年モデル、1944年の“大戦モデル”、ジップフライになった501ZXX、紙パッチが初採用された55モデル、1990年代のヴィンテージブームを牽引した“ロクロク”……。

すべてシルエットが異なり、しかも今、どれも新品で買えてしまうのだから悩ましい。「結局、どれを買えばいいの!?」と迷えるアナタのために、最新の501を全モデルを履き比べてみた。大いに参考にされたし。

 

この日を記念して、限定デニム発売&オンラインライブ開催!

リーバイスはデニムの誕生日を祝し、タグなどの文字がカタカナ表記になった501の“カタカナモデル”や、グラフィックアーティストのヴェルディと共同で作り上げた501も発売する。

こちらもぜひ、記念にチェックしておきたいところだ。

「1955/501」7万2600円/リーバイス(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)
こちらは抽選販売。「Levi’s® x Wasted Youth 501®’93 Straight」1万8700円/リーバイス(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501) 

デニムの魅力、リーバイスの魅力、501の魅力を語ればキリがない。できれば仲間と酒でも飲みながら「あーでもないこーでもない」と語り明かしたいところだが、今年は時勢的に厳しそう。ということで……

リーバイスは本日午後5時1分から、デニムの誕生日を祝ってオンラインライブ「5:01 LIVE」を開催する。

リーバイス 原宿 フラッグシップストアを拠点に、デニム好きのアーティスト、あっこゴリラ、柴田聡子、FAITH、Shoko & The Akillaらがライブパフォーマンスを行うという。のちほど、ビール片手にモニター越しでつながろうじゃないか。

改めて、おめでとう、デニム。おめでとう、リーバイス!

今年も1年、思いっきりデニムを楽しもう!

# リーバイス# 501# デニム
更に読み込む
一覧を見る