2021.11.26
FASHION
PR

ウェルネスなライフスタイルに寄り添う「ルルレモン」のダウンジャケット

オーシャンズをはじめ、多方面で活躍するモデルの呉山賢治さん。彼こそリトリートなライフスタイルを地で行く男だ。

本業の傍ら、趣味が高じて始めたというヨガのインストラクターやオーガニックジュースの店舗運営など、マルチワークをこなす日々を送る。

ダウンジャケット4万1800円、トップス1万7800円、パンツ1万7800円/すべてルルレモン 0800-080-4090、メガネ4万4000円/アイヴァン(アイヴァン東京ギャラリー 03-3409-1972)、ネックレス参考商品/ノースワークス(ヘムト PR 03-6721-0882)

多忙かつ不規則な職業柄、心身のリフレッシュは必要不可欠なのだ。ゆえに身近な場所さえもリトリートスポットと捉えているそう。

「僕とモデル仲間で共同経営している渋谷のジューススタンドは元気を貰える場所です。用事がないときでもふらりと立ち寄って、お客さんたちと談笑していると日頃の疲れも吹き飛びます。

冬でもオープンエアなので、ルルレモンのダウンジャケットはそんなときの必須アイテム。風を通さない作りでとても暖かいからね」。

4万1800円/ルルレモン 0800-080-4090

都市でも山でも活躍できるシンプルシックなダウンジャケット
軽量で暖かい700フィルパワーのグースダウンジャケット。高い防風性を誇るプリマロフト製のシェルは、同色の異素材の切り替えでさりげなく主張するデザインが特徴だ。ジップポケットに配されたラバー製のスライダーも相まって、モダンかつ大人っぽさを漂わせる佇まいに。

また両脇には体温調節用の通気ファスナーを備えているため、室内外で気温差の大きい都市での着用もストレス知らずだ。表地には撥水機能も。

ダウンジャケットの詳細はこちら

NEXT PAGE /

また最近は、まとまった休みが取れるとソロキャンプをすることが多いのだとか。

「常に変わる都会の現場へ出向き、多くの人に囲まれながら仕事をしているせいか、日頃の喧騒を離れ自分自身を見つめ直す時間を欲するんです。

日の出とともに起床してまずは深呼吸。冬でもテントにはこもりません。森の木々を眺めながら、寒い朝に飲むホットコーヒーは最高ですね。そのあとは瞑想したり、何もしないで昼寝をしたり。夜、焚き火を眺めているとココロもカラダもリセットされる感じがするんです。

山間部の寒さは厳しいので、ここでも防寒着は大切ですよ。日常と非日常の往来を可能にしてくれるこのダウンジャケットは良き相棒。見た目も洗練された印象で、着用するシーンを選ばないのもいいですね」。

ダウンジャケット4万1800円、シャツ1万9800円、パンツ1万6800円、キャップ5000円、サコッシュ4500円、バッグ1万8800円/すべてルルレモン 0800-080-4090、サングラス2万4200円/アイヴォル(アイヴァン PR 03-6450-5300)、スニーカー3万8500円/ホカオネオネ(デッカーズジャパン 0120-710-844)、テーブル7590円、チェア6930円、ランタン3850円、コーヒードリッパー3300円/すべてホールアース(FDR カスタマーサービス 0120-000-813)、テント参考商品/ジャック・ウルフスキン 0120-300-147、中に着たカットソーは私物

街と山をつなぐリトリートウェア、これもまた、きれいなおじさんを形作るうえで重要なツールであるようだ。

ダウンジャケットの詳細はこちら

 

[問い合わせ]
ルルレモン
0800-080-4090
www.lululemon.co.jp/

川田有二=写真 諸見里 司=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 大関祐詞=編集・文

# ダウンジャケット# ルルレモン# 呉山賢治
更に読み込む