2021.11.22
FASHION
PR

ダウンの名門「カナダグース」に聞いた、今年チェックすべきダウン選び5つの目線

ダウンが手放せなくなる冬がもうすぐそこ。

何を買おうかと考えたとき、毎年候補に挙がるブランドが、カナダ・トロント発の「カナダグース」だ。

寒冷地生まれのハイスペックと、街にも馴染む洗練されたルックスを併せ持つ超名門。ここではそんな彼らの新作から紐解いた、今季のダウン選びに失敗しないための5つの目線をお届けする。

カナダグースの詳細はこちら

 

① 軽いダウンがいい!

カナダグースといえば、「ジャスパー パーカ」のような硬派でクラッシックなモデルがフォーカスされがちだが、今季は軽量モデルのラインナップが充実している。

「アームストロング フーディ」9万7900円/カナダグース 03-6758-1789

「アームストロング フーディ」は、アルパインダウンのようなオーセンティックなデザインが特徴。

着用時、知らぬ間に擦れていることが多いヒジ、肩上部、袖口、外側のポケットにはコーデュラナイロンを配して耐久性を持たせ、毎日気兼ねなく着倒せる工夫が見られる。

また袖口にはストレッチ素材のサムホールが設けられるなど、寒い時季に重宝するギミックも備えた機能的な一着だ。

ちなみにパッカブル仕様で、持ち運びも苦にならない。これだけの機能が備わって、1kg切りの812g(Lサイズ)とは驚きだ。

「オズボーン パーカ ブラックレーベル」12万9800円/カナダグース 03-6758-1789

もうひとつの軽量ダウンは「オズボーン パーカ」。前モデルと比較して、より洗練されたデザインが目を引く。

品の良い素材感と手触りが魅力のエンデュラリュクス生地をメインに、フード後部から襟周りまでをグルっと囲う360度リフレクターを配すなど、安全性にも考慮した一品。真冬の暗闇でも、視認性をがっちり確保してくれる。

背中の内側にはバックパックストラップが搭載されており、シチュエーションに応じての着脱もしやすい。

左のメインポケット下にあるDリングは、寒冷地では必須のグローブを引っ掛けておくためのギミックで、カナダグースならではの仕様だ。

メインダウンとしての機能を持ちながらも、こちらは1268g(Lサイズ)。見た目と機能性のギャップに驚かずにはいられないだろう。

アイテムはこちら

NEXT PAGE /

②“サステイナブル”もトレンドキーワード

続いての、キーワードはサステイナブル。

今やファッション業界のみならず、ライフスタイル全般を取り巻く大きな潮流のひとつだが、カナダグースでも、2022年末までにファー製品の生産終了を掲げるなど、段階的にさまざまな見直しに取り組んでいる。

「クロフトン パッファー」11万円/カナダグース 03-6758-1789

例えば「クロフトン パッファー」は、素材使いにサステイナブルな視点を持たせた今季初登場のモデルだ。

製造過程において余剰になった生地を使った、リサイクルフェザーライトリップストップナイロンと、ふっくらと空気を含むように設計されたダウンパックとの組み合わせから成る軽い着心地が特徴。

ボリュームのあるルックスからは想像もつかない動きやすさも魅力の一品だ。

これだけのボリューム感にも関わらず、パッカブル仕様な点も特筆。

ダウン内側の左ポケットに収納し、内蔵されたバックパックストラップをループに取り付けることで、ショルダーバックのように持ち運べるのだ。しかも、キャンプのときは、枕代わりとしても使えるスグレモノ。

カラーはブラック、ゴールド、ネイビー、シルバーの4色が揃う。どれを選ぶか悩ましい。

 

③ 色は「黒」がイチオシ!

アウトドア由来のアイテムには、フィールドで着ることを考慮して、どうしても明るい色味が多いが、今年イチオシのカラーは「黒」。

左「シャトー パーカ ウィズ フードブリム」12万9800円、右「メイトランド パーカ ブラックレーベル」11万3300円/ともにカナダグース 03-6758-1789

アーバンスタイルにも映える洗練されたデザインと耐久性を併せ持つブラックレーベルを筆頭に、カナダグースには今季も、魅惑のブラックダウンが揃っている。

「シャトー パーカ ウィズ フードブリム」12万9800円/カナダグース 03-6758-1789

カナダグースのマスターピースのひとつ「シャトー パーカ」は、アイコニックなフードのファーから、形状を好みで調整できる取り外し可能なワイヤー入りダウンフードにアップデート。

本来あるはずの「ファー」がなくなった!

よりシックで着回し力の高い一着へと変貌を遂げた注目作だ。

カナダグースといえば、青赤白のトリコロールカラーが定番だが、こちらはブランドロゴまでも真っ黒に染められている。

「メイトランド パーカ ブラックレーベル」11万3300円/カナダグース 03-6758-1789

続く「メイトランド パーカ」は、アウトドアジャケットをモダナイズしたデザイン。本国カナダの警察官のユニフォームからインスパイアされたモデルだ。

パンツのポケットにアクセスしやすいよう裾の両サイドにジッパーを搭載しており、普段使いにおける利便性にも優れている。

アイテムはこちら

NEXT PAGE /

④ インナー使いできるダウンにも注目を!

ダウン=アウターという固定観念からの脱却も、今年のダウン選びで心がけたいこと。

カナダグースには、ダウンとニットを融合させた、インナー使いにも便利な極上のインサレーションが揃っており、前述の固定観念を見事に払拭してくれる。

「ハイブリッジ ニット パッカブル ジャケット」7万400円/カナダグース 03-6758-1789

まず「ハイブリッジ ニット パッカブル ジャケット」。軽量なメリノウールジャケットの前身頃にダウンを配した一品で、インナーとしてはもちろん、寒くなったときの羽織としても使える。

しかも、内側のポケットに折り畳んで収納できるパッカブル仕様で、旅行などへの持ち運びも容易だ。

「ハイブリッジ ニット リバーシブル プルオーバー」8万1400円/カナダグース 03-6758-1789

続いて「ハイブリッジ ニット リバーシブル プルオーバー」。こちらはメリノウール製ニットの前身頃にダウンを配したプルオーバータイプだ。

注目してほしいのが、裏返すと見た目が通常のニットに早変わりするリバーシブルタイプであること。これならレイヤードスタイルの幅もグッと広がる。

両面ともサイドにポケットが付いており、着回し力の高さは折り紙付きのアイテムだ。

なお、背中上部や脇の下、体側部といった熱のこもりやすい場所には、編み目の緩いオープンニット構造が採用されている。快適さを考慮した設計がうれしい。

 

⑤ ブランドの世界観がわかること!

こうした一連のトレンドを、点で見るのではなく、面で見て、着て、感じて、今年の一張羅を厳選したい。

カナダグースでは、本格的な冬の到来を前に現在、渋谷パルコ、GINZA SIX、阪急メンズ大阪の3カ所で、ポップアップストアを開催中。

今回紹介したアイテムのほか、気鋭のクリエイターらとコラボしたカプセルコレクションなどの注目作もお目見え。直営店が近くにない人でも「カナダグース」の世界観を楽しめる、またとない機会。ぜひ足を運んでみてはいかがだろう。

ポップアップストアの詳細はこちら

[ポップアップストア詳細]

会場:渋谷パルコ1階
住所:東京都渋谷区宇田川町15-1 
期間:2022年1月9日(日)まで
営業:11:00〜20:00
定休日:渋谷パルコに準ずる
電話:03-6452-5212
 
会場:GINZA SIX THE POP UP 3rd
住所:東京都中央区銀座6-10-1
期間:2022年2月20日(日)まで
営業:10:30〜20:30
定休日:GINZA SIXに準ずる
電話:070-3799-4240
 
会場:阪急メンズ大阪1F
住所:大阪府大阪市北区角田町7-10
期間:11月23日(火)まで
営業:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜20:00
定休日:阪急メンズ大阪に準ずる
電話:06-6361-1381

[問い合わせ]
カナダグース
03-6758-1789
www.canadagoose.jp

川西章紀=写真 外山壮一=取材・文

# カナダグース# アウター# ダウン
更に読み込む
一覧を見る