2021.10.26
FASHION
PR

ランシューも“ボーダーレス”時代。3人の業界人が考える「ブルックス」の魅力

ウェルビーイングが提唱される昨今、走れるスニーカーは日常の足としても抜群に調子がいい。

ランニングシューズのシェアが全米No.1であるブルックスは、まさにそんな存在になってきているようで……。

 

今、ブルックスを履く人が噂されるワケ

街履きしやすいスマートなデザイン。スニーカー1万8700円/ブルックス(アキレス 0120-89-4192)、ジャケット5万1700円/アワーレガシー(エドストローム オフィス 03-6427-5901)、その他すべて私物

ブルックスの詳細はこちら

ランニングシューズをボーダーレスに履く党3名

スタイリスト
菊池陽之介さん

オーシャンズをはじめとしたメンズファッション誌のほか、キッズブランド、スムージーのディレクションも手掛ける。趣味の釣りはプロ級の腕前。
トレイルランナー/ライター
礒村真介さん

ランやトレイルランに造詣の深いライター。前職は某誌の編集部で、江部の後輩。「好きなときにボーダーレスに走りたい」とフリーに。
オーシャンズ編集長
江部寿貴さん

最近は立場上、革靴を履く日も増えているが、パーティーでもスニーカーで出席してしまうほどのスニーカー党。でも、趣味は裸足のサーフィン。

 

江部 礒村さん……てか、元後輩だから敬称略でいいよね? 礒村は今日もランニングシューズだね。

礒村 はい、ブルックスです。取材や撮影の立ち合いで移動距離が増えるときは、もういつも。走る日も走らない日も、普通に街履きします。

江部 ランニング用のスニーカーを普段履きするのは、世の中ではもう当たり前のことになっているね。

菊池 スタイリングにおいても、ランニング系シューズを合わせる機会は間違いなく増えています。

礒村 そんな中で、ブルックスってどんなイメージがあります?

江部 正直に告白すると、つい最近までブルックス=レトロなヘリテージラインの印象だったんだよね。

礒村 ですよね。でも自分が愛用するからじゃないんですけど、実は今、シリアスランナーの間でも“わかってる”ブランドとして評価が高まっているんです。

江部 というと?

礒村 スニーカーの技術的な花形ってミッドソールじゃないですか。ブルックスはここ数年、イノベーティブなソールをどんどん自社開発しているんですよ。

菊池 自分も昔ながらの固定観念があったけど、実はこんな新しいモノも揃っているんだと驚きましたね。

江部 マラソン選手もみんな厚底を履いているもんね。ソール戦争が起こっているというのは合点がいく。

礒村 それで、実際にそのソールの評判が高いんです。走れる人たちからも。本気マラソン組の間ではメガブランドが圧倒的な第一党状態になっているだけに、僕らがそれを選ぶとミーハーな印象がぬぐえなくって。その点、ブルックスだとわかってる感がある。

江部 礒村も本気組かと思ってたけど(笑)。

礒村 レーシーなスニーカーだと気恥ずかしいんですよね。

菊池 それ、わかります。スタイリングに使った「ゴースト」は、ハイスペックなのにいい意味でレーシーなデザインではないから、街履きでも全然イケる。

NEXT PAGE /
ランニングシューズのシェア全米No.1ブランドの看板シリーズ「ゴースト」。衝撃吸収性に優れ、軽量かつ耐久性が高いDNA ロフトを搭載し、抜群の歩きやすさを実現。こちらはさらにアッパーにゴアテックスを採用した「ゴースト14GTX」。スマートな見た目とブラックカラーで普段の街着にもフィットする。また、ゴアテックスによる防水機能は、アクティブなフィールドでも調子がいい。

アイテムの詳細はこちら

江部 実は100年超の歴史があるって聞いているけど、そのあたりがアメリカの老舗ブランドっぽい。狙っているわけじゃないんだろうけど、結果的にタウンユースにもハマる。

菊池 ほかにも左の「ハイペリオンテンポ」のようにいい感じのビビッドな挿し色が入るモデルや、絶妙なニュアンスのカラーが揃っていて、大いにアリですよ。

江部 それってボーダーレスなランニングシューズの条件かもしれない。ザ・ランニングシューズって、例えば仕事で履くにはロゴが強すぎる。でもブルックスのロゴは主張しすぎていないし、どこか匿名的でもある。だから大人に売れるんだろうし。

礒村 ブルックスは、いぶし銀!

江部 なんかうまいこと言おうとしてるでしょ(笑)。でも、履きこなしていたら「それどこの?」って聞かれるだろうね。そんなイメージ。

菊池 トレイルランシューズも作っているから、「ゴースト」なんかはいい意味でアウトドアのテイストも醸し出して、丁度いいボリューム感のデザイン。ハイスペックで、かつ足へのフィットもさすが。

礒村 菊池さんは、海や山でのロケも多いですもんね。

菊池 そう。そこではクッション性ってすごく大事だから、弾力に富んだこのソールにゴアテックスの組み合わせは現場でも絶対に楽なはず。

NEXT PAGE /
独自のミッドソール素材DNA フラッシュが白眉。高密度の液体窒素を融合、発泡させ、モチッとした高級カステラのような軽量素材でクッション性と反発性を両立させている。この「ハイペリオンテンポ」ならトップランナーのスピードにも余裕で対応するポテンシャル。絶妙な色合いもナイス。スニーカー1万9800円/ブルックス(アキレス 0120-89-4192)、カットソー2万3100円/エストネーション 0120-503-971、ショーツ6600円/ビーチボディー(世界長ユニオン 0120-419-265)

アイテムの詳細はこちら

江部 トレイルランもそうだけど、ウォーク&ランに紐づくモデルのみを真摯に作っている姿勢も、プロダクトとしてくすぐられる要素かな。

菊池 アメリカのワークウェアと一緒ですよね。本来の用途に合うモノを実直に作り続けていて、狙っているわけではないんだけれども、結果的にそれがライフスタイルの中にも取り入れられる。

礒村 納得です。ところで、街履きするならどんなボトムスに合わせるのがいいですか?

菊池 同じボーダーレスなアイテムということで、スウェットは絶対に合う。それから軍パンもいいですね。

江部 間違いない。

菊池 ジャケパンの仕事着スタイルのハズシにも。個人的にはハイブランドのデザインされたパンツに合わせるのも面白いと思ってます。

江部 それで思い出したんだけど、パリやミラノのコレクションに行くと海外のジャーナリストやエディターの着こなしが参考になるんだよ。今はコロナ禍でご無沙汰だけど、その直前まではスニーカーを履いている人が増えてきてた印象がある。

菊池 モードなパンツにもランニングシューズをさらっと合わせていますよね。あれは格好いい。

江部 ミックス感がいいよね。海外コレクションに行くと一日中歩き回ることになるし、持っていける足数は限られるから機能的で合理的なお洒落ともいえる。来年あたり久々に行けそうなんだけど、ブルックス履いて行こうかな。

礒村 敏腕編集長っぽくてズルい! そのときは江部さん、体調維持に早朝ジョギングもしてきてください。

江部 おっと、もしかして大変な宿題を抱えちゃったかも。

ブルックスの詳細はこちら

 

[問い合わせ]
アキレスお客様相談室
0120-89-4192

 

清水健吾=写真 菊池陽之介=スタイリング 向後信行(JANEiRO)=ヘアメイク 礒村真介=文

# スニーカー# ブルックス# ランニングシューズ
更に読み込む
一覧を見る