2021.10.25
FASHION
PR

ダークアウター卒業宣言。鍵を握るインナーの合わせ技を「ディーゼル」で検証!

言わずもがな、アウターは冬の主役。今季もその重責を担うのは、黒やネイビーをはじめとするダークトーンか。否、そればかりじゃつまらない。

気分を上げて外出するときくらいは装いも華やかに。であれば、新たな主役となるべきディーゼルの明るいアウターに目を向けてほしい。

着こなしの鍵はインナー。そう、大人の男と同じでやっぱり“中身”が肝心なのだ。

 

RED JACKETを着るなら……

ジャケット7万1500円、スウェット2万7500円、Tシャツ1万1000円、デニム3万1900円、ブーツ4万4000円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

高密度コットンとマイクロファイバーヤーンで仕立てたアウターは、酸化剤で脱色した独特の赤を纏う主張ある一着。

そこに、同じく色落ちしたデニムを合わせ、インナーはシンプルな無地スウェットでまとめた。いわば、ベーシックなアメカジの延長線上にある装い。

スウェット2万7500円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

クセの強い赤と喧嘩しないものを選ぶことで、パイル裏地のイエローも活きてくる。

ジャケットの詳細はこちら

 

BLUE JACKETを着るなら……

ジャケット7万1500円、フリース2万7500円、Tシャツ1万1000円、パンツ3万8500円、スニーカー2万6400円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

いわゆるインディゴブルーのアウターは、明るい色のなかでも特段手に取りやすいだろう。逆に言えば、合わせ方次第で印象は一変する。

ならば、インナーにいっそう明るいカラーを利かせて。着脱可能な襟ボアが付いたトラッカージャケットの相棒に、ライムイエローのフリースをチョイス。

フリース2万7500円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

特徴的な襟元にフレッシュなアクセントを加えた。

ジャケットの詳細はこちら

NEXT PAGE /

YELLOW JACKETを着るなら……

ジャケット6万3800円、スウェット2万3100円、Tシャツ1万1000円、デニム2万3100円、スニーカー1万9800円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

鮮烈のイエローを、ボリューミーなダウンジャケットで。カラーもシルエットも、どこかʼ90年代を感じさせる大物が持つ個性。

その強みをストレートに強調させるべく、インナーには控えめなホワイトを挿し込んだ。胸元にはどこか懐かしいロゴのワンポイントが。

スウェット2万3100円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

ジャケットの左袖に入ったロゴと密かにリンクし、思わずココロが躍り出す。

ジャケットの詳細はこちら

 

BEIGE JACKETを着るなら……

ジャケット6万3800円、スウェット2万7500円、Tシャツ1万9800円、パンツ2万5300円、ブーツ4万4000円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

ダークではなくマイルド。そんな渋い明るさを持つベージュのジャケットもまた、今冬に身体を預けるに足る信頼の選択肢となる。

ここではベージュのミリタリー的なニュアンスを活かすべく、ボトムスに軍パン風のスウェットをチョイス。

スウェット2万7500円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

そしてインナーには、レスキューカラーのオレンジを利かせた。いわばMA–1的発想で、バランスを整えたのだ。

ジャケットの詳細はこちら

イエローのダウンジャケットが3名に当たる!

今回紹介したイエローのダウンジャケットを3名様にプレゼント!応募方法はLINEでディーゼルの公式アカウントを友だち登録したあと、簡単なアンケートに答えるだけ。振るってご応募を! 応募はこちらから。

[問い合わせ]
ディーゼル ジャパン
0120-55-1978
www.diesel.co.jp

西崎博哉(MOUSTACHE)=写真 菊池陽之介=スタイリング 福川雅顕=ヘアメイク 増山直樹=文 ヴァーヴ コーヒーロースターズ鎌倉雪ノ下店=撮影協力

# ディーゼル# ジャケット# スウェット
更に読み込む
一覧を見る