2021.10.22
FASHION
PR

物語のある革ジャン「ジェームス・グロース」。100年に亘る英国の洗練を着る愉悦

ライダーズジャケットがリバイバルしている。暖冬の影響もあるだろうし、長らく続く’90年代ブームの流れでもあるだろう。

だが、そのデザインや防風性、堅牢性などの機能面を考えれば、そもそも流行に左右されるべきではない普遍的魅力を持つアイテムだといえる。だからこそこだわりたいのは、“どのブランドを選ぶか”ということだ。

今、推薦したいのは、英国生まれの老舗「ジェームス・グロース」。100年以上も紡いできた物語と英国流の洗練が宿るジャケットの味を知れば、この冬、必ずや袖を通したくなるはずだ。

 

再出発したジェームス・グロース。「ニューマニラジャケット」に見るその歴史と今

ジェームス・グロースという名前に心当たりがない人もいるだろう。

もともとジェームス・グロースは1876年、ロンドンでバイクカルチャーを中心としたセレクトショップとして創業した。当時は「JAGROSE」というオリジナルブランドを中心に展開。1950年代にはスポーツやアウトドア向けプロダクトの取り扱い始め、ロンドンに英国最大規模のスポーツショップを構えるなど、知名度を確かなものにした。

はるか昔のカタログ。バイクのパーツや工具などと一緒に、ライダーズジャケットも載っている。

しかし、’60年代になると「イギリス病」と呼ばれる大不況が英国を襲う。煽りを受けたジェームス・グロースは1971年、その歴史に一度幕を降ろす。

レザーウェアブランドとして復活したのは2013年のこと。以降、歴史的アーカイブのクラシカルなディテールを丁寧に再現しながら、スタイリッシュでモダンなライダーズジャケットを提案している。

「ニューマニラジャケット」14万3000円/ジェームス・グロース(グリニッジ ショールーム 03-5774-1662)

例えば、創業から高い人気を得ていた「マニラ」を現代的にアップデートした「ニューマニラジャケット」。身幅や肩幅をタイトに、着丈はやや長めに設定し、ダブルタイプの武骨なイメージを刷新した。現代の街に馴染む洗練されたシルエットで、ジェームス・グロースの“顔”として厚い支持を誇っている。

一方で、シンチバックがサイドを設置するなど、ディテールにも伝統的なこだわりが確認できる。

ボディは上質なカウレザーで、その落ち着いた光沢感はワンランク上の大人の色気を醸し、いつものカジュアルもこれ一枚羽織るだけで確実に格上げしてくれる。

「ジェームス・グロース」の詳細はこちら

NEXT PAGE /
 

もっとシンプルに、だけどダブルの個性も味わえる「リカルドジャケット」

「リカルドジャケット」14万3000円/ジェームス・グロース(グリニッジ ショールーム 03-5774-1662)

ジェームス・グロースにはさまざまな名型番が存在する。そんななかでも、ダブルタイプのジャケットとしてニューマニラと人気を二分するのが「リカルドジャケット」だ。いずれもジェームス・グロースの定番アイテムとして知られる。

リカルドジャケットの最大の特徴は上衿を取り去ったデザインにある。フロントジップを開けばダブルらしいワイルドさが味わえるが、ひとたびジップを閉めれば、まるでシングルジャケットのようなすっきりとした表情へと一変する。

そのほかのディテールもニューマニラよりシンプルだ。例えば、ポケットは5つから3つに絞られ、シンチバックも背中側でひとつに統一。結果、ボタンやファスナーの数も減り、よりスマートな表情に仕上がった。

ダブルとシングルのいいとこ取りをした、このリカルドジャケット。その計算されたデザインは、ただ羽織るだけでどんなシーンにも馴染む高い汎用性を生み出したのだった。

「ジェームス・グロース」の詳細はこちら

NEXT PAGE /
 

ミニマムな美学が宿るシングルタイプ「ドーバージャケット」

「ドーバージャケット」12万1000円/ジェームス・グロース(グリニッジ ショールーム 03-5774-1662)

究極に“シンプル”を追求したのが「ドーバージャケット」。こちらも定番として往年のファンはもちろん、「レザージャケットは着たいが、ライダーズはちょっとハードルが高い」というビギナーからも人気を集めている。

最大のポイントはもちろん、あらゆるディテールを排した端正なデザインだ。

シングルタイプでも左胸にポケットくらいは付いていそうなものだが、ドーバージャケットはそれもなし。強いて装飾らしいものを挙げれば、袖のジップと襟のチンストラップくらいのものか。

だが、そのシンプルさゆえにきれいめなスタイルにも馴染むし、モードな着こなしにもハマる。余計なディテールがないので、真冬は上からコートを羽織ってインナーとしても使えそうだ。

シンプルを突き詰めたことで、高品質なレザーそのものの魅力が最大限に引き立つという一面もあるだろう。

ジェームス・グロースのジャケットはすべてロンドンの工場でハンドメイドされている。レザーもカウ、シープ、ホースと種類があるが、どれも厳選された一級品ばかり。それでいて素材は食用に育てられた動物の皮革を再利用しているので、実にエシカルで今の時代にも合っている。

長い歴史を大切にしながら、新しいデザインと新しい価値観でリブランディングを進めるジェームス・グロース。100年超の歴史と英国流の洗練が見事に体現されたライダーズジャケット、ぜひ一度袖を通してみてほしい。

「ジェームス・グロース」の詳細はこちら

 

[問い合わせ]
グリニッジ ショールーム
03-5774-1662
@jamesgrose1876

モデル着用アイテム
・「ニューマニラジャケット」
パンツ3万1900円/ナナミカ(ナナミカ 東京 03-5728-3266)
・「リカルドジャケット」
Tシャツ1万5180円、キャップ7480円/スタンダードカリフォルニア(スタンダードカリフォルニア 03-3770-5733)、パンツ2万4200円/ナナミカ(ナナミカ 東京 03-5728-3266) 

山本 大=写真 佐々木基之=動画 菊池陽之介=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク

# ジェームス・グロース# バイク# ライダースジャケット# 革ジャン
更に読み込む
一覧を見る