2021.10.22
FASHION
PR

今冬のアウター選びに3つの新基準。賢い冬支度は「エーグル」で

冬の相棒たるヘビーアウターを、どう選ぶか。吹き始めた寒風は今年も僕らにジャッジを迫る。

で、「エーグル」という選択肢。フランスが誇る老舗の新作が実に秀逸だ。

その根拠は3つある。①幅広く着回せること、②メンテナンスが楽なこと、③地球に優しいこと。

つまりは大前提となるルックスとともに、心身両面の心地よさを備えた優れものが、今シーズンのエーグルには豊富にラインナップするのだ。

では早速、詳細をご覧いただきたい。

「エーグル」の公式サイトはこちら

 

根拠① ONもOFFも活躍するマルチプレーヤーの顔

ジャケット6万500円、ニット2万900円、デニム1万7600円/すべてエーグル(エーグルカスタマーサービス 0120-810-378)

ダウンジャケットをはじめとする冬アウターは、アウトドアやミリタリー由来のモデルが大多数だ。

昨今はそこにアーバンな趣きを添えた1着が注目を浴びているが、頼れる機能性と大袈裟にならない見た目のグッドバランスが、とかく大切な見極めポイントとなる。

こちらのジャケットは、高い防水性と防風性に加えて透湿性までも兼ね備えた2層仕立てのゴアテックスメンブレンを採用。中綿には、保温性の高いマイクロファイバー素材、プリマロフトバイオを使用し、寒さ対策もバッチリだ。

一方で、オールブラックのカラーリングとすっきりシルエットは多彩なスタイルにマッチ。同系色のカジュアルなニットと組み合わせるだけで、実にサマになる。

ジャケット6万500円、シャツジャケット2万6400円、パンツ1万5400円、ブーツ1万3200円/すべてエーグル(エーグルカスタマーサービス 0120-810-378)

レングスはやや長めに設計されているが、ここにもマルチプレーヤーたる秘密が。防寒性を高めると同時に、中にシャツやジャケットを着ても裾からハミ出さない絶妙な塩梅に。スーツの上からさっと羽織るだけで、快適かつ洒脱なONスタイルへと導く

環境に配慮した生分解性を備えたプリマロフトバイオの中綿は、羽毛のような軽さも特徴だ。

控えめな生地の光沢、柔らかい肌触りもまた、落ち着いた大人の装いを品良くフォローする。

ミリタリー的なフィッシュテールを匂わすバックスタイルは、程良い武骨さをアピールする。

ON・OFFの垣根も飛び越えるグッドセンス。これぞ、ニューノーマル時代のアウターにとって極めて重要なポイントだ。

アイテムの詳細はこちら

NEXT PAGE /

根拠② メンテナンスが楽だからヘビロテ必至

ジャケット5万7200円、スウェット1万3200円、Tシャツ9790円、パンツ1万5400円/すべてエーグル(エーグルカスタマーサービス 0120-810-378)

シーンを問わず頼りになるアウターであれば、必然的に毎日でも着たくなってしまう。そんな願いをすんなり叶えてしまうのが、今季のエーグルの凄いところ。自宅で手洗い可能なイージーメンテナンスを実現し、他の重衣料とは一線を画す。

その一例として挙げたいのが、エーグルのオリジナル素材のMTDメンブレンを採用した、ベーシックなデザインのジップアップジャケット。

防水・透湿性にも優れた素材ゆえ、アクティブシーンでも気を遣わずに着用できるのが嬉しい。

MTDメンブレンの表面には撥水加工も施され、急な小雨も問題なし。その点でも、ストレスフリーな仕上がりだ。

ではなにゆえ、気軽な洗濯が可能になったのか。そのワケはズバリ、タフなMTDメンブレンと中綿に採用したソロナ®ファイバーにあり。デュポン社によって開発されたサステイナブル繊維素材を使用した機能中綿は、独自構造により洗っても性能が劣化しないのだ。

また、通常のダウンに比べて軽さも担保。中綿をたっぷり使いながらもふんわりと軽い着心地が、ヘビーユースをいっそう促進するのだ。

アイテムの詳細はこちら

NEXT PAGE /

根拠③ 共感を呼ぶサステナ精神

ジャケット4万2900円、Tシャツ7590円、パンツ1万6500円、スニーカー2万9700円、バッグ4290円/すべてエーグル(エーグルカスタマーサービス 0120-810-378)

天然の鉱物から着想を得たアイコニックなロック柄を爽やかなブルートーンで仕立てたジャケット。こちらの中綿には、植物由来のポリエステル樹脂を37%使用した、前出のソロナ®ファイバーを贅沢に使い、真冬の厳しい寒さに十分対応する。

エーグルの姿勢からは地球環境への配慮が色濃く見て取れる。ご存知ラバーブーツを筆頭に自然と人間を結びつけるアイテムを多くリリースするブランドの責任として、自らが超えるべきハードルを高く設定しているのだ。

ブランドのサステイナブルな取り組みを示す「エーグル ポジティブ インパクト」のタグ。

なお、一連のサステイナブルな取り組みは「エーグル  ポジティブ インパクト」と呼ばれる。環境に配慮した製品の開発、循環型経済と環境保全への意識向上といった5つの目標が設定され、今季の全コレクションの31%がサステイナビリティと耐久性を両立。

2022年にはこの数字を50%にまで引き上げることを目指しているそうで、今後の動きにも注目したい。

アイテムの詳細はこちら

だんだんと寒くなるこの時季。街中のショーウィンドウに数多くのヘビーアウターが並べど、使い勝手のいいデザインとイージーメンテナンス、さらにはサステイナブルなモノづくりまでカバーした一着は、そうそうお目にかかれないはず。

今年の冬は、エーグルで。それが賢い選択だ。

 

[問い合わせ]
エーグルカスタマーサービス
0120-810-378
www.aigle.co.jp

清水健吾=写真 菊池陽之介=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 増山直樹=文

# エーグル# アウター
更に読み込む
一覧を見る