2021.10.15
FASHION
PR

「ナナミカ」の光電子®ダウンがニューノーマル時代のベストチョイスである理由

一見するとシンプルだが、語れば筆舌に尽くしがたい。それがナナミカのゴアテックス ダウンコートである。

ナナミカの冬の定番として絶大な支持を得るこのダウンだが、あえてその人気の理由を端的に表すなら、それは「ニューノーマル時代に求められる冬着の理想形だから」という答えに行き着く。その鍵となるのは「光電子®」だ。

光電子®由来の機能性、ナナミカならではのデザイン性、そしてそれらが生み出す汎用性を目の当たりにすれば、早めの冬支度が得策だと確信するに違いない。

新時代に求められる「光電子®」という機能性

「ゴアテックス ダウンコート」8万6900円、スウェット2万2000円、パンツ2万2000円、キャップ9680円/すべてナナミカ(ナナミカ 東京 03-5728-3266)

ナナミカは名作として名高い「ゴアテックス ステンカラーコート」で一気に認知度を広げた。故にナナミカ=ゴアテックス ファブリクスのイメージは根強く、現にこのダウンにも2レイヤーのゴアテックスを採用。だが、それ以上に注目したいのが「光電子®ダウン」だ。

光電子®ダウンは今や珍しくない。しかし、その性質まで理解している人はあまり多くない。

この白い粉が光電子®ダウンの素材となる「光電子®セラミックス」。

光電子®ダウンとは、中わたとなるダウンに光電子®セラミックスを混ぜた化繊わたとダウンをMIXした中わたのこと。

体から放出される遠赤外線エネルギー(≒体温)を活かすことで、衣類の内部を過剰に暑くすることなく、快適な温かさをキープしてくれるという特性がある。

結果、ナナミカはこの一着は、ダウンの量を多くしなくても保温力をキープ。近年は暖冬が続き、しかもパンデミックの影響で外出する機会も以前より減った。そんなニューノーマル時代には、気温に応じて適切に温めてくれる光電子®ダウンがベスト。

内側にはタブレットもすっぽり入る大型ポケットも実装。ちょっとした外出なら手ぶらで出歩ける。もちろん、ゴアテックス生地だから防水透湿性も折り紙付きで、どんな天候にも問題なく対応してくれる。

都市生活やレジャーシーンに全方位的に寄り添う、その機能性に死角はない。

「ゴアテックス ダウンコート」の詳細はこちら 

NEXT PAGE /

どんな気温でも、どんな着こなしでもハマる汎用性

「ゴアテックス ダウンコート」8万6900円、シャツ2万3100円、パンツ2万5300円、バッグ3万8500円/すべてナナミカ(ナナミカ 東京 03-5728-3266) 

特筆すべきは、その機能性だけではない。ナナミカらしいシンプルで洗練されたデザインとなっているからこそ、ナナミカのダウンコートはこのニューノーマルの時代にハマるのである。

ダウン量を抑えたことでシルエットは実にスタイリッシュ。ダウン特有の着ぶくれを敬遠する人にも“刺さる”に仕上がりとなっている。

ミニマムなデザインのこだわりは、ディテールの隅々に垣間見える。

例えば、フロントを比翼仕立てにしている点もそうだ。スナップボタンも見えないので、前を閉じた際にはいたってプレーンな顔立ちに。

生地は光沢感を抑えたマットな質感で、当然、タグやワッペンといった装飾もない。

片手でボタンを閉められる「ワンハンドスナップボタン」を採用。

フライトジャケット「N-3B」をデザインソースに採用しながらも、引き算の美学を徹底したことでビジネスシーンでの着用にも最適な仕上がりとなっている。一方、絶妙な塩梅で残されたミリタリーテイストは、大人のアメカジスタイルにも抜群にハマる。

どんな気温にも適応する「光電子®」という高機能と、どんなシーンにも適応するデザイン。その2つの要素が、他ブランドのダウンにはない高い汎用性を生み出しているのだ。

リモートワークの浸透でオンとオフの垣根が曖昧になりつつある今、この汎用性の高さは何よりも大きな価値となるだろう。

「ゴアテックス ダウンコート」の詳細はこちら 

NEXT PAGE /

まだまだある、ナナミカの「光電子®」アイテム

「リバーシブル ダウンカーディガン」3万9600円、パーカ2万5300円、Tシャツ1万1000円、デニム2万7500円/すべてナナミカ(ナナミカ 東京 03-5728-3266)

もうそこまで本格的なダウンは必要ない、という人は、こちらの「リバーシブル ダウンカーディガン」をチェックするといい。

先ほどのダウンコートより薄手だが、光電子®ダウンを使用しているので、見た目以上の温かさは保証してくれる。また、第一印象が決まる表地にはコットンツイルとリップストップナイロンのリバーシブル仕様。都市生活における必要最低限以上の機能は備えている。

「リバーシブル ダウンカーディガン」3万9600円、コート7万1500円、Tシャツ1万6500円、パンツ3万1900円/すべてナナミカ(ナナミカ 東京 03-5728-3266)

しかも、フロントは合わせを深くできる“ダブル”仕立て。身幅をタイトにして着れば、インナーダウンとしても活躍する。

「リバーシブル ダウンカーディガン」の詳細はこちら 

実はナナミカは今季、スウェットやカーディガンなどにも光電子®を採用したプロダクトをローンチした。リバーシブル ダウンカーディガンも含め、これらの光電子®アイテムはいずれも人気が高く、すでに品薄状態となっているという。

「まだ秋口だし」などと油断していたら、ダウンコートもあっという間に入手困難になりそうだ。ニューノーマル時代の理想形ともいえるこのダウン、みすみす買い逃すにはあまりに惜しい逸品である。

 

[問い合わせ]
ナナミカ 東京
03-5728-3266

山本 大=写真 菊池陽之介=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク

# ゴアテックス# ダウン# ナナミカ# 光電子
更に読み込む
一覧を見る