2021.10.15
FASHION
PR

最注目の“洗練されたレトロ・アウトドア”なリーバイス®。その魅力を堪能せよ

リーバイス®といえばデニム、デニムといえばリーバイス®。

ワークウェアとしての歴史を経て、のちに普段着として広く浸透。今ではアメカジスタイルを牽引する存在として不動の価値を築いた。

だからこそ、今季のリーバイス® メイド&クラフテッド®から“アウトドア”なリーバイス®が発表されたと聞けば期待せずにはいられない。しかも、すべてがデニムにハマる、クラシカルで洗練されたデザインになっているという。

さっそく特に気になるアイテムを厳選してみたが……ウハ〜、豊作、豊作♪

【注目銘柄①】「ワークショップスモック」

アウトドアならではのディテールや素朴な色合いを再解釈しながら、プレミアムラインであるリーバイス® メイド&クラフテッド®らしさをサステイナブルな素材や工程で表現した今回のコレクションは、まさにリーバイス®のフィルターを通した“冒険家のためのユニフォーム”を提案している。

その洗練された作りは実にリーバイス®らしくもあり、往年のクラシカルなアウトドアウェアを想起させる。

しかし、シルエットや素材使い、ディテールワークを見るにつけ、それがただ懐かしさばかりを追い求めているだけではないことにも気づかされる。

「ワークショップスモック」3万5200円、パーカ1万7600円、デニム2万4200円/すべてリーバイス® メイド&クラフテッド®(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

例えばこの「ワークショップスモック」。

スモックは、18世紀前半のイギリス・ウェールズ地方で農業に従事する者たちが使用していたウェアが起源とされ、その特徴は襟のない丸首で丈長。背中などにチューブと呼ばれるプリーツを入れ、スモッキングなる伸縮性を保持するよう調整された亀甲模様の刺繍が織り込まれている。

それを、リーバイス®独自の視点でアレンジすると、かくもアメカジ世代な大人にはたまらない一着となる。素材には、最高級オーガニックコットン100%の日本製天草プラッドを使用。最高の着心地を実現した。

ふっくらと柔らかく優しい着心地に、牧歌的な色合いも相まってどこかほっこりとした印象を抱く。ふくよかな身頃は今の雰囲気にマッチ。シャツとして気軽に羽織れるが、裏地はキルティングとなっており、アウターとしての機能も十二分に満たす。

これなら、やはりボトムスはアメカジらしくデニムを合わせたい。大胆に色落ちさせた一本なら、相性の良さは言わずもがなだろう。

「ワークショップスモック」の詳細はこちら 

NEXT PAGE /

【注目銘柄②】「フィールドオーバーシャツ」

ハンティングウェアが起源とされるキルティングジャケット。独特なステッチワークと中綿入りの温もりは、やはりこれからの季節に欠かせない。

リーバイス® メイド&クラフテッド®の一着もまた、その利点をしっかりと落とし込んでいる。

身頃とは趣の異なるナイロンで切り替えた襟やフラップポケット、バックヨークが軽妙なアクセントとなり、オーバーサイズのシルエットはシャツの形状をとっていながらアウター使いとしての可能性も視野に入れられる。

トラディショナルなアイテムではあるものの、ネイビーを纏った姿はどこかモダンである。

「フィールドオーバーシャツ」2万6400円、デニム2万2000円/ともにリーバイス® メイド& クラフテッド®(すべてリーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

インディゴブルーと相通ずる濃紺の色味となれば、リジッドやワンウォッシュぐらいのデニムと合わせながらセットアップ風に着こなすのもひとつの手。キルティングジャケットとデニム。聞こえは懐かしい響きだが、見た目はこのうえなく新鮮だ。

色をまとめたことで顔を出す淡白さも、ブラックウォッチのチェックシャツで解消。胸元から見せたクリーンな白や足元の軽やかなイエローで脚色すればより表情豊かな着こなしが完成する。

「フィールドオーバーシャツ」の詳細はこちら 

NEXT PAGE /

【注目銘柄③】「ハイキングフーディー」

ある意味このアウターが、リーバイス® メイド&クラフテッドの今季をもっとも端的に表しているアイテムかもしれない。

重厚なフリース生地にライナーはキルテッドファブリックを採用。フワフワのタッチと抜群の保温力が冬の訪れとともに出不精になりがちな大人たちの背中を力強く押してくれる。

「ハイキングフーディー」2万7500円(※10月末発売予定)、デニム1万7600円/ともにリーバイス® メイド&クラフテッド®、パーカ8800円/リーバイス®(すべてリーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

ゆとりあるシルエットは最高のリラックス感を演出。なかにハイネックのスウェットや肉厚なニットを合わせても余裕で受け止めてくれる。そして胸ポケットやエルボーパッチ、ヨーク部を同系色のナイロン生地で切り替えた異素材コンビ。その姿は往時のアウトドアウェアを彷彿させる。

ハンドウォーマーポケットの開口部にあてがったテープは防風の役割も担い、フード縁に身頃とは異なる色のパイピングを施すといった芸の細かさも見事のひと言だ。

そのボリューミーなアウターに合わせるパンツは、黒のスキニーデニムが適役だろう。カラーとシルエットにメリハリをつけることで、野暮ったいイメージは払拭され、すっきりとした出で立ちとなる。

リーバイス® メイド&クラフテッド®の詳細はこちら 

クラシカルなアウトドアを、現代的解釈のもと見事に表現したリーバイス® メイド&クラフテッド®の今季の注目銘柄。これを見るにつけ、アウトドアへ関心をより強めるかどうかは別として、思わず外へと足を向けたくなることは確か。

なるほど、“冒険家のためのユニフォーム”とはよく言ったものである。

 

[問い合わせ]
リーバイ・ストラウス ジャパン
0120-099-501
www.levi.jp

鈴木泰之=写真 菊池陽之介=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 菊地 亮=文

# リーバイス# アウトドア# ジーンズ# デニム
更に読み込む
一覧を見る