2021.10.07
FASHION
PR

リーバイス®のGジャン“1st、2nd、3rd”の最旬トリセツ。王道を古臭く見せない秘密に迫る

’90年代、アメカジ好きもバイカーもサーファーも、誰も彼もが袖を通したリーバイス®のGジャン。その絶対的な信頼は今も変わらないが、互いに年を重ねて変わった部分も当然ある。

左から、通称“ファースト”と呼ばれる「1936 TYPEⅠ JACKET」、“セカンド”の「1953 TYPEⅡ JACKET」、“サード”の「1961 557 TRUCKER JACKET」各3万8500円/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501) 

では今、どんなスタンスでGジャンと向き合うべきか。Gジャンブーム再燃中の今、最旬の付き合い方を考えてみたい。

Gジャンの元祖“ファースト”はキレイめに着こなす!

リーバイス®が“Gジャン”(ちなみに“Gジャン”は“jean jumper”からとった和製英語。本国などではJEAN JACKET、DENIM JACKETと呼ばれる)として発売した初めてのモデルが、1936年発表の「506XX」。通称“ファースト”である。

こちらが現行の“ファースト”。極めてシンプルながら完成したデザインで根強い人気を誇る。

前立ての両脇に設えたアクションプリーツ、左胸にだけ付けたフラップポケット、そして背後の腰部分に設けたアジャスタブル機能付きベルト(バックシンチ)がファーストの最たる特徴。

それらをしっかりと落とし込み、端正な趣に仕上げたのがリーバイス® ビンテージ クロージング「1936 TYPEⅠ JACKET」だ。

「1936 TYPEⅠ JACKET」3万8500円/リーバイス® ビンテージ クロージング、デニム9900円/リーバイス®(ともにリーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

“ファースト”誕生当初、ヘビーワーカーたちはそれをユニフォームとばかりに袖を通したという。しかし、このキリッとした表情にワークウェアの面影は感じない。袖を通すならむしろ、その凛々しさを存分に活かすのが吉。

例えば古着シーンでも人気銘柄だったスタプレの新作を合わせるのはどうか。“THE アメカジ”とも受け取られそうだが、ナチュラルにテーパードを効かせた美しいスタプレとのコンビは、セットアップのようにシャンとする。

清潔感のあるキレイめコーデにGジャンを合わせるなら、デザインに無駄のないファーストが適任だ。

さらにシンチバックを程よく絞り、ウエスト周りにゆとりをとった一本と合わせ“くびれ”を演出すれば、腰位置は高くなりテーパードシルエットのパンツがより活きてくる。結果、脚長効果が存分に発揮されるというワケである。

Gジャンの詳細はこちら 

NEXT PAGE /

進化した“セカンド”はボリューミーに着こなす!

第二次大戦後、物資統制は解かれ、アメリカではあらゆる名品が登場することになる。好景気に沸く中、リーバイス®もまたGジャンのモデルチェンジを試みた。それが、1953年発表の「507XX」、通称“セカンド”である。

「1953 TYPEⅡ JACKET」3万8500円/リーバイス® ビンテージ クロージング、スウェット7700円、パンツ1万1000円/リーバイス®(ともにリーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

“ファースト”の遺伝子を受け継ぎつつも、フラップポケットを両胸に配したシンメトリーデザインや、両サイドの裾に取り付けたアジャスタブルベルトなど、機能面における進化は見逃せない。

太めのジーンズに合わせやすいよう、裾口は広く取り、着丈は短めに設定。若者たちのファッションアイコンとして絶大な影響力を持ったムービースターたちがスクリーンの中で袖を通したこともあり、いよいよデイリーユースなアイテムへと進化を遂げた。

リーバイス® ビンテージ クロージ ングの「1953 TYPEⅡ JACKET」は、当時の面影をすべて維持し、ボクシーシルエットに仕上げられている。たっぷりめに着られるサイズをセレクトし、ややボリューミーに羽織るのがオススメ。

ボリュームのあるGジャンに、ゆるめのリーバイス® のスケートラインのパンツを合わせたストリートな装い。デザインがシンプルなので、派手なインナーを合わせても馴染みやすい。

太めのパンツでストリート香るスタイルに仕立てると、今の気分に一層ピッタリ。インナーに旬のタイダイなんかをチョイスしてもアクセントとして映えそうだ。

Gジャンの詳細はこちら 

NEXT PAGE /

王道“サード”は最新アメトラスタイルで着こなす

現代のGジャンのデザイン的な基礎となったのは、1967年にお目見えした「557XX」、通称“サード”。

「1961 557 TRUCKER JACKET」3万8500円、スウェット1万3200円/ともにリーバイス® ビンテージ クロージング、Tシャツ4400円、チノパン8800円/リーバイス®(すべてリーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501) 

前立てに沿って入っていたアクションプリーツは取り除かれ、代わりにヨークの切り替え部分から裾まで伸びたV字のステッチが入れられた。その立体感を生み出すステッチワークが“サード”の代表的な意匠だ。

高めに設定された両胸のフラップポケットはバランスの良さと使いやすさを担保。生産効率も視野に入れたデザイン要素は、前立てのカッパーシャンクボタンなどのディテールも含め、以降、リーバイス®のGジャンに長く採用されていく。

これらディテールのすべては、このリーバイス® ビンテージクロージングの 「1961 557 TRUCKER JACKET」復刻版にも遺憾無く発揮されている。

Gジャンにスウェットシャツ、そしてチノパンにデッキシューズ。やはりというべきか、程よくシェイプを入れた新作“サード”の端正な佇まいは、アメトラ気質なスタイルに合う。

色やサイジングを調整することで、最新のアメトラスタイルが楽しめる。

今っぽく着こなすなら、スウェットシャツをグレーではなく黒に、チノパンはジャストよりワンサイズ大きめで、丈をくるぶしに合わせる。するとご覧の通り、王道ではあるが古めかしさは感じさせない、最新アメトラスタイルの完成だ。

Gジャンの詳細はこちら

リーバイス®のGジャンたちは、幾度のアップデートを繰り返しながら、各時代の気分にフィットしてきた。かつてのヴィンテージブームに想いを馳せるのも楽しいけど、同時並行で新たな付き合い方を楽しんでもいい頃合い。一歩踏み出すならこの秋だ。

 

[問い合わせ]
リーバイ・ストラウス ジャパン
0120-099-501
www.levi.jp

鈴木泰之=写真 菊池陽之介=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 菊地 亮=文

# リーバイス# Gジャン# デニム
更に読み込む