2021.09.24
FASHION
PR

LA生まれのシューズブランド「スケッチャーズ」で注目すべき3つの新作

LA生まれのスケッチャーズ。世界中に約4000店舗を構えるフットウェアブランドは、ランニングシューズからワークブーツまで多彩な商品を手掛けており、共通しているのはその履き心地の良さ。

自らを「コンフォートテクノロジーカンパニー」と呼ぶその理由、技術力を新作とともに紐解いていきたい。

 

今、必要なのは「コンフォートテクノロジーカンパニー」

アウトドアでのリラックスタイムに打ってつけのスリッポン「オークキャニオン」。撥水性を持つアッパーは多少の雨なら問題なし。未舗装の道にも対応するグリップ性の高いソールも実に頼もしい。スニーカー8250円/スケッチャーズ (スケッチャーズ 新宿店 03-6457-7560)

「身に着けていて心地良い」。我々の服選びのポイントをひと言で表せばこうなると思う。フットウェアも然り。

足に合わない靴で一日過ごすなんて想像しただけでイヤになる。そのうえで素材やデザインが好みにマッチすれば、それはまさに申し分のない一足なのである。

そんなシューズをずらりと揃えているのが、1992年にLAで誕生したスケッチャーズだ。

一般的なスニーカーはもとよりアスリート向けランニングシューズ、アウトドアブーツ、医療従事者向けのものなど幅広い商品を展開。アメリカを代表するブランドとして知られている。

そう、スケッチャーズは間違いなく巨大ブランド。しかしながら靴作りの定石を見失うことなく、日々その技術を追求し続けている。

普段の足どりをより軽快なものにしてくれるランニングシューズ「ゴーラン グライドステップ マックス」。ボリューミーなルックスはシンプルスタイルのアクセントになってくれる。スニーカー1万2650円/スケッチャーズ (スケッチャーズ 新宿店 03-6457-7560)

例えば、ランニングシューズなどに適用される高反発ミッドソール「ハイパーバースト」は、「超流体技術」を応用した独自製法によるEVA素材で、並外れた軽さとクッションの高さを実現。

一方で普段履きのスニーカーには足を包み込むような感触の低反発インソール「スケッチャーズ メモリーフォーム」を採用する。快適な履き心地を実現するための数々の技術を吟味し、ひとつ一つの商品に注ぐ。

彼らは自らを「コンフォートテクノロジーカンパニー」と呼び、それらの開発に取り組んでいるのだ。それが彼らの本質。そしてそんな心地良いフットウェアは、ライフスタイルをより楽しいものへと導いてくれる。

スケッチャーズ公式サイト

NEXT PAGE /

「グライドステップ スポーツ」

9790円/スケッチャーズ (スケッチャーズ 新宿店 03-6457-7560)

黒×赤のカラーとニット素材のアッパーがスポーティな雰囲気のスニーカー。高いクッション性を誇る独自開発のミッドソール「グライドステップ」を採用し、弾むような履き心地を実現。

また、通気性を確保するインソール「エアクールド メモリーフォーム」を搭載。長時間のウォーキングにも最適だ。

 

「オークキャニオン」

8250円/スケッチャーズ (スケッチャーズ 新宿店 03-6457-7560)

撥水加工を施した上品なスエードのアッパーに、優れたクッション性の高いインソール「スケッチャーズ メモリーフォーム」を装備。ゆとりのあるフィッティングで快適な履き心地を約束してくれるスリッポンシューズだ。

普段履きにはもちろん、何かと着脱の機会が多いキャンプなどのアクティビティでもぜひ試したい。

 

「ゴーラン グライドステップ マックス」

1万2650円/スケッチャーズ (スケッチャーズ 新宿店 03-6457-7560)

高反発の独自開発素材「ハイパーバースト」のミッドソールと、幾何学的な形状が目を引く「グライドステップ」を複合したランニングシューズ。

メッシュアッパーおよび「エアクールド ゴガ マット」と呼ばれるインソールにより高い通気性を獲得。究極の運動性能と究極の快適さを同時に味わえる。

スケッチャーズ公式サイト

 

スケッチャーズストアをチェック!

世界に約4000店舗、日本で50店舗以上を展開するスケッチャーズ。ウィメンズ、キッズモデルも充実しているので家族で訪れるのも楽しい。

新宿店 03-6457-7560
原宿店 03-6721-0915
渋谷店 03-6416-3123
心斎橋店 06-6224-0612︎

 

[問い合わせ]
スケッチャーズ 新宿店
03-6457-7560
www.jp.skechers.com

柏田テツヲ=写真 荒木大輔=スタイリング 宮本佳和(BE NATURAL)=ヘアメイク 加瀬友重=文

※モデル着用アイテム
1枚目のモデルカット:シャツ2万9700円/ポストオーバーオールズ 03-5942-1545、Tシャツ8690円/ワイドット バイ ノルディスク(ヒュッゲストア バイ ノルディスク 03-6661-4347)、パンツ2万4200円/ワーダー https://warder.jp、メガネ6万3800円/10 アイヴァン(コンティニュエ 03-3792-8978)、ヴィンテージの腕時計17万500円/コンティニュエ エクストラ スペース 03-3792-8979

2枚目のモデルカット:バッグ2万2000円/モノリス(ムロフィス info@yolken.co.jp)、その他すべて私物

# スケッチャーズ# スニーカー
更に読み込む