2021.09.21
FASHION
PR

秋から冬まで使えるスウェット選び。正解と実践を「ディーゼル」の優秀3アイテムで!

秋冬のマストアイテム・スウェットとは、今日から冬まで上手く付き合いたい。 

注目したいディーゼルのスウェットアイテム。すこぶる優秀らしいが……。

でも、一歩間違えれば部屋着に見え、下手すれば子供っぽく、着こなしの成功と失敗は常に背中合わせ。では、どんなアイテムを選んで、どんなスタイルにまとめればいい関係を築けるのか?

その答えは「ディーゼル」が知っていた。

■グレースウェットの最新系

世にあるスウェットの中でも特に定番といえば、無地のグレー、そのクルーネックだろう。

スウェット2万7500円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

そんなシンプルな定番アイテムに大きな差を生むのはずばり、“シルエット”である。ディーゼルは、そのことをしっかり理解している。

パッと見は王道な顔立ちながら、リラックス感のあるドロップショルダー。身幅をたっぷり設けながらも裾のリブをキツめにすることで、適度な“たまり”を作ってボリューム感の調整をしてくれる。

スウェット2万7500円、中に着たシャツ2万7500円、デニム5万2800円、スニーカー2万900円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

昨今のオーバーシルエット・ブームに乗りながらも、ただ“大きい”とは一線を画す絶妙なシルエットメイクによって、スウェット×デニムという古き佳きスタイルを決して懐古主義に見せないのだ。

また、このシルエットによってインナーにシャツを合わせても突っ張ることはない。ほんのり光沢のある生地もまた、大人の嬉しい味方なのだ。

さて、寒さが気になり始めたらサラッとフライトジャケットをオン。

スウェット2万7500円、ブルゾン5万2800円、デニム4万6200円、スニーカー1万9800円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

これでわかることは、スウェットの丈の絶妙さ。ビッグサイジングな“この手のアイテム”でよくある、「アウターとの丈のバランス問題」もディーゼルは回避してくれる。

先ほどの ①インナーに合わせる服を問わない に加えた、②丈を問わないアウターが選べる というメリットによって、このグレースウェットは、めちゃくちゃ今っぽくも汎用性に優れた一枚となっているのだ。

プレーンだからこそ、ちょっとしたパターンやシルエットのこだわりで大きな差がつく。ディーゼルのグレースウェットを着れば、その違いに納得するはずだ。

スウェットアイテムの詳細はこちら

NEXT PAGE /

■脱・無難の立役者となるパーカ

先ほどのクルーネックでわかったシルエットの妙は、スウェットパーカにも活かされている。

パーカ3万800円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

適度な落ち着きのあるイエローの一着は、肉厚なポリエステル混紡のコットン生地を採用。それによってボディもフードもハリのあるシルエットをキープする。

その魅力は、着てみれば一目瞭然。

パーカ3万800円、パンツ4万6200円、ハット1万3200円、バッグ4万2900円、スニーカー2万8600円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

ご覧の通り、フードがペタッと寝ることなく立体的なフォルムを構成することで、一枚で着ても単調な装いに陥る心配はない。

よって、ブラックを基調としたスタイリングも、このパーカを一点投入するだけで途端に奥行きが出るのだ。

つまり本作は、一枚で秋の装いの印象をガラりと変えるカンフル剤。その効果は、アウターが欲しくなる時季に突入しても健在だ。パーカの上に、試しにブルゾンを合わせてみると……。

パーカ3万800円、ジャケット6万3800円、デニム6万3800円、スニーカー2万8600円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

先ほどのグレースウェット同様の丈感のため、レングスのバランスは抜群。

イエローは、黒や茶などの定番色に加え、オリーブグリーンなどアースカラーとも好相性なため、あらゆるスタイリングの挿し色として活躍してくれそうだ。

ちなみに羽織ったアウターは、オジサンっぽくて敬遠されがちなスウィングトップにフライトジャケットの要素をトッピングしたディーゼルの意欲作。こうしたマッシュアップもまた彼らの得意技。無難な冬を脱するパートナーとして、一緒にチェックしておいて損はないだろう。

スウェットアイテムの詳細はこちら

NEXT PAGE /

■ブランドのDNAを受け継ぐスウェットパンツ

すっかりファッションアイテムとして市民権を得ているスウェットパンツ。しかし“部屋着”のイメージも根強く、着こなしが難しいのも事実だ。

パンツ2万3100円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

ただ、ディーゼルの一本ならその不安も杞憂に終わりそう。特筆すべきはやはり、シルエットである。

そもそもディーゼルは、アメリカ的な武骨なデニムにヨーロッパの洗練さを加えることで一躍人気ブランドとなった歴史を持つ。

パンツ2万3100円、ジャケット7万4800円、Tシャツ1万1000円、スニーカー2万6400円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

その方程式をそのまま落とし込んだかのような、膝下からわずかにテーパードさせた美しいレッグライン。

これによってスウェットパンツ特有のダラシなさは回避しながらも、ウエストから太腿周りはゆとりを持たせているから、最大の魅力である“楽チン感”はしっかりキープしている。

まだ暑い日なら白Tに合わせてもスポーティな爽快スタイルに仕上がるし、その上にGジャンを羽織れば、洗練された初秋のアメカジが完成する。

よりリラックス感が増す、ボリュームたっぷりなボアパーカとマッチングしても、部屋着感は皆無。

パンツ2万3100円、パーカ3万5200円、中に着たTシャツ1万1000円、スニーカー2万6400円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

むしろ、すっきりしたスウェットパンツとのボリューム感のコントラストがいい感じ。これなら、真冬に分厚いアウターを持ってきても上手くまとまるはずだ。

最後に重要なポイントを。こちら、裾周りがすっきりしているため合わせるシューズを選ばない。

ハイカットのローテク系やボリュームのあるバッシュ系といった、スニーカー全般が似合うことは、上のコーディネイトで実証済み。

さらに、スエードのブーツや革靴も問題なく合うはずで、冬のお洒落の強力なサポーターになることは間違いない。

スウェットアイテムの詳細はこちら

「大人が良好関係を築けるスウェットアイテムとは?」に対するディーゼルの模範回答はいかがだっただろうか。

ここで紹介した以外にも、今季ディーゼルのスウェット・コレクションは多種多彩。もちろん、お家芸であるグラフィックやデザインが効いたアイテムもラインナップするので、あらゆる大人の“問い”に応えてくれる。

150種を超えるディーゼルのスウェットアイテムはこちら

ということで、「秋冬はスウェットが欠かせない」という人は、今季のディーゼルから目が離さないほうが良さそうだ。

ビッグロゴクッションをプレゼント中!

現在、全国のディーゼル ストア及びディーゼル公式オンラインストアでは、税込み4万4000円以上を購入したディーゼル クラブ カード会員の方に、ビッグロゴクッションをプレゼント中。なくなり次第終了なので、ディーゼルのアイテムを購入するなら、急いだほうがいいだろう。

■キャンペーン情報
期間:2021年9月11日(土) ~ (なくなり次第終了)
内容:対象店舗にて税込み4万4000円以上購入のディーゼル クラブ カード会員の方に、ビッグロゴクッション1点をプレゼント。
対象店舗:ディーゼル ストア、ディーゼル アクセサリーズ ストア、ディーゼル公式オンラインストア。
キャンペーンページはこちら

[問い合わせ]
ディーゼル ジャパン
0120-55-1978
www.diesel.co.jp

山本 大=写真 菊池陽之介=スタイリング 向後信行(JANEiRO)=ヘアメイク 菊地 亮=文

# ディーゼル# スウェット# 着回し
更に読み込む