「感動の服」特集 Vol.47
2021.09.21
FASHION

平山祐介さんもレコメンド。先買いしたい、業界人イチオシのピーコート3着

トレンドに左右されることなく一定の人気を誇るアウターの定番・ピーコート。どれも同じ? いやいや、定番こそ微差が大差になるわけで。ファッションのプロたちが感動した逸品がこちらだ!

 

「マディソンブルー」

平山祐介さんもレコメンド。いま先買いすべき、業界人がイチオシする“感動のピーコート”3着
オーバーサイズを品良く着られるワンサイズ展開の定番ピーコート。縮絨後に生地をすいて柔らかく仕上げた極上のメルトン素材を使用する。23万1000円/マディソンブルー 03-6434-9133

俳優、モデル
平山祐介さん Age50
モードからストリートまで幅広い服を公私で楽しむオーシャンズ看板モデル。近頃はデニムのオーセンティックな魅力を再確認。

ビッグシルエットが、こんなにエレガントに見えるとは!ドロップショルダーや大きめの襟、ボタン、低めの位置に付けられたポケットなどがバランス良くまとまった大人なピーコートです。

マディソンブルーはもともと好きなブランドなのですが、この一着のおかげで、改めて惚れ直しました。女性デザイナーならではの上品さがありながら、男っぽくも着られる服。すごいバランス感覚だなと、まさに感動ですね。

 

「ショット フォー スティーブン アラン」

ピーコートの定番「740N」をベースに、ややオーバーサイズのシルエットとフラップポケット仕様に変更。8ボタンの力強さも魅力だ。6万6000円/ショット フォー スティーブン アラン(スティーブン アラン トーキョー 03-5428-4747)

ユナイテッドアローズ 営業統括本部 PR部 部長
吉田淳志さん Age45
服の好みは基本的に幅広く、特にカジュアルなアイテムが多い。古着もヴィンテージから面白いデザインものまで多数購入している。

ここ数年、あまり日の目を見ていないピーコートですが、好みのサイズ感のものをずっと探していました。そんなとき、スティーブン アランが別注した今季モノのピーコートを発見。

ダッフルコートよりもピーコート派の自分にとっては、本当にずっと探していた一着。絶妙なサイズ感になっていて、試着した段階で感動してしまいました。これは間違いない!

 

「ヘリル」

2019年、デザイナーの大島裕幸さんが立ち上げたジェンダーレスなブランド。こちらはゆったりしたシルエットで変形ダブルのデザインが個性的だ。15万4000円/ヘリル(にしのや 03-6434-0983)

ブルーム&ブランチ ディレクター/柿乃葉 店主
柿本陽平さん Age39
2012年に独立し、青山の「ブルーム&ブランチ」のディレクターに。昨年秋には、鎌倉に「柿乃葉」という個人店もオープン。

無染色のピュアなブラックシープの素材感に感動。肌触りはもちろん滑らかなうえに、ざらつきのあるナチュラルな素材の旨みを存分に活かした豊かな表情がユニーク。

毎年、さまざまなコートが世に出ますが、ありそうでない特有の空気感が素晴らしいと思います。

 

清水健吾=写真 梶 雄太、来田拓也、星 光彦、野上翔太=スタイリング 増山直樹、早渕智之、長谷川茂雄、いくら直幸、髙村将司、大西陽子、森上 洋、中田 潤、今野 壘、オオサワ系、大木武康=文

# ショット# スティーブン アラン# アウター# ピーコート
更に読み込む