「感動の服」特集 Vol.19
2021.09.11
FASHION

マイケル・バスティアン率いる新生「ブルックス ブラザーズ」を海で、街で着る

今季からクリエイティブ ディレクターを務めるマイケル・バスティアンが手掛けた「ブルックス ブラザーズ」の新作をモデル・渡部 蓮が着る。

服も車も、いい塩梅で存在感が主張するものを選びたい。

服も車も、いい塩梅で。モデル・渡部蓮が着こなす「ブルックス ブラザーズ」の新作アイテム
ニット3万6300円、パンツ1万8700円、ベルト1万3200円/すべてブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)

パッチワークニットとコーデュロイパンツは、過去のアーカイブにインスパイアされたもの。圧倒的存在感と独特な重厚感が共存する。

渡部 蓮●1999年、東京都生まれ。モデル。趣味はサーフィンとスケートボード。親戚の畑仕事を手伝うネイチャーな一面も。海に映える真っ赤な愛車は、’98年式のジープ・チェロキー。instagram@ren_watabe

 

シャツ1万7600円、パンツ2万900円/ともにブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)

ストライプタイの柄をモチーフにしたソフトジャージーのラグビーシャツ。襟裏にはレップタイの品番である「BB2」の刺繍が。

 

シャツ1万5400円、Tシャツ7700円、デニム2万8600円、手に持ったキャップ8800円/すべてブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)

着丈が短く身幅が広いボックスシルエットのBDシャツが新登場。着用するラベンダーのほか、ホワイトやサックスブルーなどの単色に加えストライプ柄も展開。

 

ポロシャツ1万5400円[10月中旬発売予定]、ショーツ1万4300円/ともにブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)

ワッペン付きのロングスリーブポロシャツをマイケル流プレッピーで。ペールカラーのクレイジーパターンが目を引く。

 

プルオーバー2万5300円、シャツ1万5400円、パンツ2万900円/すべてブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)、スニーカーは私物

キャンディストライプのBDシャツに重ねたグリーンのプルオーバーは、パッカブル仕様。サファリカラーのチノパンに好相性。

 

田邊 剛=写真 喜多尾祥之=スタイリング&ディレクション 矢口憲一=ヘアメイク 関 杏輔(フェニーチェ クローゼット)=フィッティング 大西陽子=編集・文 小川幸男=撮影協力

# ブルックス ブラザーズ# モデル# 渡部蓮
更に読み込む
一覧を見る