「感動の服」特集 Vol.17
2021.09.07
FASHION

懐の広さに感服。「ニードルズ」のトラックパンツは、どんな服にも合う

陸上選手がトレーニングではいていたトラックパンツが、 ファッションアイテムとして注目を集めたのは1980年代半ばのこと。

当初はスポーツブランドが主流だったが、やがてさまざまなアパレルブランドからもリリースされ、日常着として広く着用されるようになった。

「ニードルズ」のトラックパンツは実はどんな服にも合うって知ってた?
今シーズンから登場した、裾部分のジップが特徴的なニューモデル。光沢のあるジャージー素材、優れた伸縮性と通気性、ストレスフリーなはき心地は健在。各2万3100円/ニードルズ(ネペンテス 03-3400-7227)

なかでも、2008年の登場以来、そのブームを牽引しているのがニードルズのトラックパンツだ。

ほかにはない斬新なカラーリングと巧みな素材使いで、今ではその人気が世界中に拡大。海外の著名アーティストがファンを公言したり、MVで着用したりと、とにかくスゴイ勢いなのである。

新曲をリリースすれば音楽チャートを総なめし、世界中でブームを巻き起こしている韓国の男性グループ、BTS(防弾少年団)。メンバーのジョングクは、「Butter」のMVの中で白に紫のラインが入ったセットアップを爽やかに着こなしている。
NEXT PAGE /

では、我々オーシャンズ世代は、この潮流とどう向き合えばいいのだろうか。主張の強いデザインは、限られたファッションアディクトの特権なのか。

今回、同アイテムを推薦してくれた藤井尚志さんは、次のようにその魅力を教えてくれた。

アメリカ・西海岸を代表する人気ラッパーのタイガが選んだのは、ネイビーのトラックパンツ。ド派手な柄のアロハシャツも色を合わせて統一感を出しているからお見事。 © Backgrid/AFLO

「真冬は下にレギンスをはけばいいし、とにかくノーストレスで洗濯も楽。スニーカーだけではなくドレスな革靴にマッチするのも、この手のパンツでは珍しい。

あらゆる世代に支持されていて、流行りすぎているのがやや難点なくらいで、50歳を超えた自分でもバリバリ現役で一年中使えますよ」。

ラッパー、音楽プロデューサー、モデル、俳優とその活躍が多岐にわたるエイサップ・ロッキー。バーガンディのトラックパンツに、首に掛けた紫のマフラーがアクセントに。 © The Mega Agency/AFLO

発売から今年で13年。最初はストレートだけだったシルエットもナロー、ブーツカット、H.D.(ヒザデル)型と展開が増え、着こなし方も直球のスポカジからドレスミックスまで百花繚乱の様相。

読者諸兄の上の世代にあたる藤井さんを見習って、臆さず行動するべし。

アマン 取締役
藤井尚志さん Age53
20年以上ファッションブランドのエージェント業務に従事。昨年、自身のYouTubeチャンネルも開設。アメカジ・ミリタリー・古着好き。

清水健吾=写真 梶 雄太、来田拓也、星 光彦、野上翔太=スタイリング 増山直樹、早渕智之、長谷川茂雄、いくら直幸、髙村将司、大西陽子、森上 洋、中田 潤、今野 壘、オオサワ系、大木武康=文 竹田嘉文、平沼久幸=イラスト

# ニードルズ# トラックパンツ
更に読み込む
一覧を見る