「Tシャツは男の快楽だ」特集 Vol.54
2021.06.25
FASHION

与作、ビートルズ、ビギー。音楽を感じるTシャツを変化球も交えてテンポ良く

ビートルズやビギーなどの著名アーティスト。そしてクラブにキャバレーと音の溢れる空間。

音楽が聞こえてくるTシャツには、もはや説明不要の魅力がある。この夏も、その恩恵にどっぷりあやかろう。

 

「グッド ロック スピード」

夏と音楽の絶対的親和性が凝縮した“音が聞こえるTシャツ”で気分をアゲよう!
4950円/グッド ロック スピード(ビリーズ エンター 渋谷店 03-5466-2432)

ビートルズのイラストは、1960年代に同バンドのマーチャンダイズに使われていたアートワークを新たに描き起こしたもの。特殊加工で古着みたいな質感にしているのがイイ。

 

「アポロ333」

5500円/アポロ333(スクール https://skool-komazawa.com

アーティストのアポロ333が描き下ろしたイラストは、DJブースに立つ人とそれを囲んで踊る人々。で、その名も直球な“パーT”。隅っこでうずくまっている人がリアルで笑う。

 

「ワコマリア」×「ザ ノトーリアス ビーアイジー」

9900円/ワコマリア×ザ ノトーリアス ビーアイジー(パラダイストウキョウ 03-5708-5277) ©2021 Brooklyn Mint, under license to Merch Traffic, LLC

本人の死後に発売された、ビギーの3rdアルバムのジャケット写真を配したオフィシャルコラボ。ヒップホップの超王道は、音楽とリンクしたワコマリアの中でもことさら新鮮だ。

NEXT PAGE /

「ブルーナボイン」

1万3200円/ブルーナボイン(ブルーナボイン代官山店 03-5728-3766)

ロックT然としたグラフィック。でも実はこのブランドの名シリーズ“演歌T”の新作で、よく見ると“ヘイヘイホー”の文字が。あくせく働く、現代の与作たちへ捧げたい。

 

「リチャードソン」

1万2100円/リチャードソン(リチャードソン・トーキョー 03-6455-5885)

パリのナイトライフを象徴する前衛的キャバレー、クレイジー・ホースの70周年を記念したコラボモデル。エロティカにパンク精神を見いだす、このブランドらしいアプローチだ。

NEXT PAGE /

「タンタン」

7700円/タンタン(タンタン デザイン info@tangtang.jp)

掲げているのはポップパンクの代名詞的バンドの人気曲。でも、フォントやデザインはグランジ・オルタナの名門レーベルのアレを想起させる感じで遊び心たっぷり。

 

「ノンネイティブ」

1万780円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)

フィーチャーしたのはニュージーランドダブシーンの旗手、ロード・エコー。アーティストのロゴにブランド名を落とし込んでいて、彼が手掛けるコンピCD付き。音もロゴもハイセンスだ。

 

清水健吾=写真 来田拓也、星 光彦、野上翔太=スタイリング 増山直樹、今野 壘=文

# ノンネイティブ# ワコマリア# Tシャツ# 音楽
更に読み込む