スニーカー世代を刺激する「一足触発」 Vol.95
2021.03.22
FASHION

スニーカーの楽しみ方2.0。ただ履くだけでは物足りない人たちへ

グングン熱を増している世界規模のスニーカーブーム。連日のように新作がリリースされるなか、ちょっと違う角度からスニーカーとの時間を楽しめる“変わり種”を見つけたので、紹介したい。

 

靴紐ウキがなくなる味出しシューレース

スニーカーにとって、ソールとともに痛みやすいパーツのひとつがシューレースだ。

汚れが目立つとせっかくの1足が台無しになってしまうわけだが、新品に変えると、シューレースだけがピカピカで浮いてしまう。スニーカー好きなら誰しもそんな経験があるかと思う。

ヴィンテージスニーカーに精通した人物が立ち上げた「フォックストロット ユニフォーム」は、1980年代のスポーツウェアに見受けられるレトロな雰囲気を醸すプロダクトを手掛けるブランドだ。

その主力アイテムであるシューレースは絶妙なフェード加工によって、ほかにはない“こなれ感”を与えてくれる逸品だ。

独特のフェード感は早くもスニーカーマニアたちを虜にしているとの噂。全19色展開。各2100円/すべてフォックストロット ユニフォーム(イングリウッド 03-6433-5912)

デニムのように風合いが出てきたスニーカーにハマるのはもちろん、お気に入りの1足をカスタマイズするのもいいかも。

ほかにも、ワイヤー型のシューレース デュブレ、ヴィンテージ特有の色褪せ具合を演出できるカラータッチペンなどが揃う。

スニーカーを履き潰すのではなく、履き続けるための一手としてチェックすべし!

NEXT PAGE /

愛でるスニーカーの究極系

もはやスニーカーの活躍の場は“外”だけとは限らない。愛でる人もいれば、持っておくことに喜びを感じる人もいる。

そんなスニーカー愛に溢れた人々の琴線に触れるプロダクトがコレ。

特殊な技術により3D化が実現。踵から何か出ているぞ! 答えはのちほど。2万2000円/O.K.(アドナスト ミュージアム 03-5428-2458)

この正体は、「ベーシックなアイテムにちょっとしたアイデア、 それに手仕事を加えた洋服作り」というコンセプトを実践するブランド、O.K.から登場したオブジェだ。スニーカー好きならみんな知っているデザイン。

ちなみに、置き型(上)のほかハンギング型も展開する。

内蔵するライトの配置が異なる吊るしバージョン。2万2000円/O.K.(アドナスト ミュージアム 03-5428-2458)

構想から2年をかけて完成させたというオブジェは、船舶の船体や自動車、鉄道の内外装に使用されるFRPと呼ばれる繊維を中心にした強化プラスチック素材を採用。

造形職人がこだわったというステッチやシューレースのリアリティは、スニーカー好き必見だ。実寸のスニーカーをベースにしたサイズもタマラナイ。

シューレースのテクスチャ-、アッパーのステッチワークまで再現する、造形職人によるスゴ技に感服。

なお、このオブジェは透過性があるためライトとして使うこともできる。

ライトを点灯するとオブジェの印象は様変わりする。

満足感どころか、幸福度のアップさえ期待できるスニーカー型のオブジェ。おうち時間のおともにぜひ。

 

[問い合わせ]
イングリウッド 03-6433-5912
アドナスト ミュージアム 03-5428-2458

戸叶庸之=文

# オーケー# スニーカーグッズ# フォックストロット ユニフォーム
更に読み込む
一覧を見る