欲求不満はファッションで全解放せよ!! 「感動の服」特集 Vol.44
2021.03.18
FASHION

パーカ一枚が丁度いい季節。業界人のマイベスト・パーカはどんなやつ?

定番アイテムだから選択肢はたくさんあるけれど、実際どれがベストなのかは答えを出せず。パーカ一枚で心地良い季節に、6人のファッション業界人が感動した一枚について教えてもらった。

 

「フランネル」

ニューノーマルな逸品から不朽の名作まで!業界人たちがイチオシする感動パーカ6選
確かな服作りの技術に繊細な美意識を融合したブランドの新作パーカ。表地2種、裏地1種のオーガニックコットンを使い、ドロップショルダーの仕立てに。各2万2000円/フランネル(ブルーム&ブランチ青山 03-6892-2014)

推薦人
ブルーム&ブランチ ディレクター/柿乃葉 店主 柿本陽平さん(38歳)
2012年に独立し、青山のブルーム&ブランチのディレクターに。昨年秋には、鎌倉に柿乃葉という個人店もオープンした。

ニューノーマルな時代、心地良さだけでなく、本質的な服選びが不可欠だと感じます。日本のスウェット生産技術を生かして丁寧に作られた本作は、オーガニックコットン3種類をブレンド!

ふっくらとしたモダンなシルエットと、柔らかなタッチで肌を包み込みます。そうした時代に敏感に対応する点も魅力だと思います。

 

「イーストファー イースト」

ヘビーな14オンスのオリジナル生地を使用。バインダーネックにフードを後付けしたヴィンテージ風デザインが目を引く。着やすいバルーンシルエット。2万円/イーストファーイースト info@eastfareast.tokyo

推薦人
スタイリスト 武内雅英さん(43歳)
雑誌編集者を経て、2005年にスタイリストとして独立。ストイックなスーツスタイルからカジュアルまで、幅の広さは業界屈指との呼び声。

かつてヴィンテージで発見できた、フードを後付けしたデザインのパーカは、今ではあまり見られなくなった。そんな作りをあえて採用しているのも面白いし、立ち襟のシルエットもきれい。

しかも何回洗ってもヘタらないオリジナルボディは、経年変化で風合いに深みが増す。それらをすべて計算して作っているかなりの確信犯だと思う。

NEXT PAGE /

「ループウィラー」

1万9000円/ループウィラー(ループウィラー 千駄ヶ谷 03-5414-2350)

推薦人
ビームス 執行役員 経営企画室グローバルアライアンス部 部長 兼 コミュニケーションディレクター、ビーアット  代表取締役社長
土井地 博さん(43歳)
ショップスタッフを経て、20年以上ビームス グループの宣伝PR業務を行う。現在はビーアットの代表取締役社長も務める。

1時間に1m程度しか編むことのできない稀少な“吊り編み機”を使い、熟練の技術を持つ職人たちによって丹念に仕上げられた日本が誇る傑作スウェットパーカ。

吊り編みのストーリーを知るだけでも洋服っていいなと思わせる不朽の名作。

 

「イエスタデイズ トゥモロウ」

超肉厚のコットンで作られた存在感のあるパーカ。ラグラン仕様のショルダーやワイドなアームホールなど、クラシカルなディテールが個性を生み出してくれる。2万2000円/イエスタデイズ トゥモロウ(ベンダー 03-6452-3072)

推薦人
イトナム 代表取締役 名村恒毅さん(43歳)
セレクトショップのセールススタッフを経てプレス業を経験。2016年に独立し、イトナムを設立する。趣味はサーフィンとジョギング。

ザラッとした素材感と計算された丈感と身幅は、古着好きの心をくすぐるものがありますね。いつ着ても。独特の心地良さを感じます。

それこそ平日はスラックスに合わせて着てもいいし、休日のスウェットパンツとのコンビもサマになる。型崩れしにくい厚手の生地ですが、着心地が重くならないのも感動した理由です。

NEXT PAGE /

「C.P.カンパニー」

薄手のスウェットパーカに製品染めを施し、豊かな表情を与えた人気定番。前面の切り替え&大型ポケットや、ブランドアイコンのレンズが配された左腕のポケットも目を惹く。3万4000円/C.P.カンパニー(トライステイトジャパン 03-6455-4332)

推薦人
WWDJAPAN.com 編集長 村上 要さん(43歳)
国内外の最新ファッション&ビューティ情報、業界ニュースなどを日々イチ早く発信。自身は色彩で遊んだ着こなし&短パンがトレードマーク。

ガーメントダイ独特の色彩や表情に惹かれ、毎年、色違いで買い足しています。さらにカスタムサービスで左腕のレンズに自分の名を彫っていただき、ますますお気に入りに。

僕が愛用しているのは化繊混のタイプですが、カジュアルはもちろん、フォーマルな装いのハズシにも活躍してくれて、年に50日は着ています(笑)。

 

「デラックス × マトリックス」

ひと目でそれとわかる、背後のコードの雨がとにかくアガる。横にデカいお得意のシルエットと、しっかり立つ大きめのフードもクールだ。短い着丈に設定し大人なバランスに。2万5000円/デラックス × マトリックス(デラックス 03-6805-1661)

推薦人
オーシャンズ 編集長 江部寿貴(43歳)
少年時代、リーバイスとラルフで目覚めた服の嗜好はいまだ雑食。アヴァンギャルド系は苦手。似合う顔と体型に恵まれなかった。

昨季のニットを、誰かが着用したインスタグラムの投稿を見て衝動的に欲しくなり購入。実際に着て感心した。

括れば「ビッグシルエット」だが、短い着丈とスタンダードな袖丈で、汎用性とフレンドリーさを持たせている。2021年2月号では、ブランド名とその素晴らしさを掛け合わせ「デラックスシルエット」と命名して紹介も。

普通の服と見せかけて、着て鏡の前に立った姿に感動できる。ブランドが発信するイメージだけで若者ブランドと解釈するのはあまりにもったいない。

 

清水写真事務所=写真 星 光彦、来田拓也=スタイリング 増山直樹、早渕智之、長谷川茂雄、森上 洋、いくら直幸、髙村将司、大西陽子、中田 潤、今野 塁、菊地 亮=文

# デラックス# パーカ
更に読み込む