欲求不満はファッションで全解放せよ!! 「感動の服」特集 Vol.35
2021.03.15
FASHION

ポイントは素材! 極楽な着心地のプロお気に入りセットアップ8選

着こなし簡単、着心地ラクラクなセットアップ。ここでは、外出はもちろん、おうち時間も快適にしてくれるヤツをピックアップ。

ポイントは素材使い。あらゆる極上素材によって、家でも外でも極楽時間を過ごされたし。

 

「ジョルジオ アルマーニ」

今こそ部屋着のグレードアップを!心身ともにリラックスできる極楽セットアップ8選
ジャパンエディションとして登場したカットソーとパンツのセットアップ。100%カシミヤがもたらす柔らかな肌触りは至高の贅沢。 Tシャツ各17万3000円、パンツ各34万円/すべてジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070)

推薦人
スタイリスト 武内雅英さん(43歳)

雑誌編集者を経て、2005年にスタイリストとして独立。ストイックなスーツスタイルからカジュアルまで、幅の広さは業界屈指との呼び声。

一見するとイージーな印象のセットアップなのに、実際に着てみるとカシミヤならではの上質感と快適さを兼ね備えている。しかもプレーンなカラーバリエーションが揃うのも自分にはツボ。

少し大袈裟かもしれないが、スウェット感覚で着られるカシミヤ。そんな印象を抱かせるのがいい。最高の着心地が楽しめるルームウェアとして楽しむのもアリだ。

 

「シングス ファブリックス」

表裏ともにパイル素材を採用。抜群の吸水性と独特な表情を備えた、いわば着るタオルのパジャマ。窮屈さを感じないワイドな作り。肌あたりの良さと優しいタッチが出色。Tシャツ8800円、ショーツ1万4000円/ともにシングス ファブリックス(シング 03-5354-6090)

推薦人
BIN ディレクター 阿久津誠治さん(44歳)
セレクトショップバイヤー経験後、2006年エフィレボルを立ち上げる。現在はBIN ディレクター兼バイヤーのほか、活動は多岐にわたる。

数年前、大量の寝汗をかく時期がありました。おそらく自律神経の乱れだと思うのですが、そのときにこのウェアの吸水性と肌触りの良さに助けられて。それからは、基本毎日着ています。

今では上下ともに7、8着、タオル類も10点ほど揃えています。今治のタオルで作られているので着心地と吸汗性は抜群。僕のパジャマはこれ一択ですね。

NEXT PAGE /

「ゴールドウイン」

健康医科学分野の研究に基づいて開発されたリラックスウェアのシリーズ。光電子素材を採用し、人体が発する遠赤外線を利用した自然な暖かさが持続する。トップス1万4000円、パンツ1万4000円/ともにゴールドウイン 0120-307-560

推薦人
ユナイテッドアローズ 全社PR統括 吉田淳志さん(45歳)
2010年より現職。今年2月、ビューティ&ユースが大切にする美しさと若さの両方を持つ大人を紹介するメディア、PEOPLEをローンチ。

リカバリーウェアとして開発されたこのシリーズは、心身ともにリラックスさせてくれる画期的なアイテムだと思います。

弊社バイヤーの多田がすすめてくれたのがきっかけで、これを着るようになってから良く眠れている気がします。おかげでよく見ていた悪夢からも解放されました。もちろん個人差はあると思いますが。

 

「ストーンアイランド」

やや薄手のストレッチ裏毛を使った、ゆったり設計の上下。パーカはカンガルーポケットなし、パンツは埋め込み式のカーゴポケットというのがモダン。本人私物

推薦人
スタイリスト 来田拓也さん(34歳)
日々リサーチを続ける中で、新鋭ブランドや隠れた名品をいち早くピックアップする目利き。旧車やカルチャー好きな一面も。

袖のパッチが同色になった「ゴーストピース」というシリーズのもの。エロルソン・ヒューがデザインするシャドウプロジェクトもいいですが、それよりデザインが控えめなのが好み。

通常のストーンアイランドよりパンツが太めで、きれいにゆったり着られる大人のシルエットになっていたのが特にうれしかったですね!

NEXT PAGE /

「マイシンクス」

某有名セレクトショップのバイヤーを務めたデザイナーが作るアパレルブランド。生地はさらりとした質感で、こなれた風合いが大人の休日に似合う。本人私物

推薦人
スタイリスト 星 光彦さん(35歳)
男らしくも上品なスタイリングで支持を集める実力派。娘を溺愛する良きパパで、私服ではブレずにスキニーパンツを愛する。

オーガニックコットンを使用したダブルガーゼのため、空気を多く吸い込み、着心地も良く速乾性にすぐれています。

またドライな生地感で、夏に着たくなる。夏祭りに着て行く、現代版甚平スタイルといったところでしょうか。

 

「コモリ」

ブランドでも人気のチャイナフロントジャケットとイージーパンツのセットアップ。素材を変更した今季の新作では、シルクモッサを使用する。ジャケット8万8000円、パンツ5万2000円/ともにコモリ(ワグ インク 03-5791-1501)

推薦人
ブルーム&ブランチ ディレクター/柿乃葉 店主 柿本陽平さん(38歳)
2012年に独立し、青山のブルーム&ブランチのディレクターに。昨年秋には、鎌倉に柿乃葉という個人店もオープンした。

シルエットがゆるくて着用感の良いコモリの定番セットアップです。デザイナーの小森啓二郎さんが今季採用したのは、軽くて暖かい起毛素材。ウール?と思いきや、実は、シルク100%!

カシミヤと勘違いしてしまうほどの肌触りも感動的。ヘビーローテーション必至のグッドプロダクトです。

NEXT PAGE /

「ボンクラ」

原綿の配合からこだわり抜き、旧式の機械でゆっくりと編んだ、ブランド定番の吊り裏毛シリーズ。もっちりとした風合いと着心地の良さはさすがの一言。非凡ななめらかさと独特な感触を兼備。パーカ3万6000円、スウェット2万8000円、スウェットパンツ3万2000円 /すべてボンクラ(ワイルド ライフ テーラー 0120-298-133)

推薦人
ビオトープ/アダム エ ロぺ ディレクター 迫村 岳さん(42歳)
ビオトープ ショップディレクターを務めたのち、バイヤーなどを経てアダム エ ロペおよびビオトープのディレクターに就任。

出会ったのは2年ほど前だと思います。和歌山の吊り裏毛は有名ですが、度目の詰まり方がまったく違う!  ゆっくり時間をかけて生み出される、ほかと比べようのないアイテムだと思います。

生地密度、生産背景、着心地ともに最高です。このスウェットの上下にニューバランスのスニーカーやモッズコートなどを合わせています。

 

「H&M」

洒落者で知られるアーセナルFCのサイドバック、エクトル・ベジェリンとのコラボレーション。環境に配慮したリヨセル生地は落ち感が洒脱。シャツ3999円、パンツ5999円/ともにH&M 0120-866-201

推薦人
オーシャンズ 編集長 江部寿貴(43歳)
少年時代、リーバイスとラルフで目覚めた服の嗜好はいまだ雑食。アヴァンギャルド系は苦手。似合う顔と体型に恵まれなかった。

正直、俺はH&Mを「ファストファッション」とひと括りに捉え、それまで好きでも嫌いでもなく、ただただ興味の対象外だった。それが一転して興味を持ち出したのはSDG’sに関する新聞記事で、H&Mの姿勢について書かれていたものを読んでからだ。

手に取りやすい価格戦略のメガブランドがサステイナビリティに配慮することは、良いことだらけな気がする。こうした課題について、とてもこのスペースでは書ききれないし、自分の知識や考えも貧弱だ。

でもこの上下で1万円程度のセットアップを選択することは、世の中をちょっと変えるきっかけになるはず。

 

清水写真事務所=写真 星 光彦、来田拓也=スタイリング 増山直樹、早渕智之、長谷川茂雄、森上 洋、いくら直幸、髙村将司、大西陽子、中田 潤、今野 塁、菊地 亮=文

# エイチ&エム# コモリ# ストーンアイランド# マイシンクス# スウェット# セットアップ
更に読み込む