欲求不満はファッションで全解放せよ!! 「感動の服」特集 Vol.2
2021.03.08
FASHION

ディオールの「サドル」バッグは機能も見た目も“ワンマイル”に最適だ!

「ちょっとそこまで」のときに使うバッグ。はたしてそのバッグの見た目を気にする必要があるのだろうか?

もしレジ袋(も今や貴重だが)で十分だという人がいたら、ここから先は読まなくてOK。だが多少なりとも気になっていたという人には、しばしお付き合い願いたい。

バッグ38万円、コート51万円、ニット12万円、デニム10万円、スニーカー11万円、財布7万円/すべてディオール(クリスチャン ディオール 0120-02-1947)

考え方の基本はワンマイルウェアと同じだ。動きやすく、機能的で、ケアも簡単。でもそれだけでは“面白くない”と思うのである。

ディオールの「サドル」バッグは、そのサイズ感や使い勝手の良さ(中の荷物に本当にアクセスしやすい!)もまさにワンマイルバッグ向き。でもいちばんの魅力は、きちんと「ファッションとして楽しい」バッグであることなのだ。

ディオールの「サドル」バッグは機能も見た目も“ワンマイル”に最適だ!
ウィメンズのアーカイブを参考にして、2019年に登場したメンズの「サドル」バッグ。現在はサイズや素材のバリエーションも豊富にラインナップし、ディオールを代表する人気のバッグシリーズとなった。その名のとおり馬の鞍がモチーフとなっている。H19×W26×D4.5cm 38万円/ディオール(クリスチャン ディオール 0120-02-1947)

まずその見た目で気分が上がるはず。カーフスキンに「ディオール オブリーク ギャラクシー」という柄のパンチング加工を施したラグジュアリーな新素材を使用。

ストラップに付くメタルの“CD”ロゴバックルもアクセントとして利いている。このバッグを持つだけで、普段着が格段にお洒落に見えてくるから不思議だ。

NEXT PAGE /

持ち方やコーディネイトで変化をつけることもできる。コートの下にレイヤードしてもいいし、背中に回せばボディの向きが変わってアクティブな印象を醸し出してくれる。

メンズ アーティスティック ディレクターのキム・ジョーンズも、この「サドル」バッグを愛用している。まさにワンマイルにも最適な毎日のスタイルに取り入れられるエッセンシャルなバッグだ。

毎日使っても新鮮な気持ちで、ファッションとしてちゃんと楽しめること。それをワンマイルバッグの定義のひとつとしたい。近所のいつもの風景まで、ずいぶん違って見えてくるかもしれない。

 

※バッグのサイズは編集部調べ

芹澤信次=写真 来田拓也、星 光彦=スタイリング 亀田 雅=ヘアメイク 加瀬友重、今野 壘=文

# ディオール# ワンマイルバッグ
更に読み込む