欲求不満はファッションで全解放せよ!! 「感動の服」特集 Vol.11
2021.03.05
FASHION

エルメス、ギャルソン、ブルックス……大人が感動したシャツを集めてみた

ちょっとだけ背伸びをして、誠実に、清潔感があるように。

着るだけで品格のある男にしてくれる“きれいめシャツ”は、いつものだらしない自分の背すじをビシッと伸ばしてくれる存在だ。

 

「エルメス」

清潔感ただよう “きれいめシャツ” はだらしない背すじをビシッと伸ばしてくれる存在だ
創業のルーツを感じさせるブランドタグ。6万8000円/エルメス(エルメスジャポン 03-3569-3300)

推薦人
スタイリスト 武内雅英さん(43歳)
雑誌編集者を経て、2005年にスタイリストとして独立。ストイックなスーツスタイルからカジュアルまで、幅の広さは業界屈指との呼び声。

軽やかなポプリン仕様のスタンドカラーシャツは、今春を彩る象徴的なアイテムのひとつ。スッキリとした襟元はシャツオンシャツでもサマになる。

エルメスの白シャツは理屈抜きでいつも感動できる。

 

「シャルべ」

1838年に創業したフランスのシャツブランド。生地の裁断をすべてハンドカットで行うなど、高い美意識から生まれるシャツが多くの洒落者を魅了している。ストライプシャツ5万円、白、サックスブルーシャツ各4万6000円/シャルべ(シャルべブティック日本橋三越本店 03-3241-3311)

推薦人①
ユナイテッドアローズ 全社PR統括 吉田淳志さん(45歳)
2010年より現職。今年2月、ビューティ&ユースが大切にする美しさと若さの両方を持つ大人を紹介するメディア、PEOPLEをローンチ。

シャルべを経営するジャン=クロード・コルバン氏を取材で訪ねた際、いろいろなお話を聞いて改めて購入しました。長い歴史に裏打ちされたモノ作り、そして現代のエッセンスが組み込まれたシルエットは何より魅力的です。

 

推薦人②
ユナイテッドアローズ PR 渡辺健文さん(41歳)
2005年にユナイテッドアローズ プレスに就任。昨年秋には、自社のライフスタイルウェブマガジン、IDEASを立ち上げた。

2002年頃にユナイテッドアローズ原宿本店で買った、初めての本格的なドレスシャツだったと思います。当時はあまりシャルベについて知らなかったのですが、先輩スタッフにすすめられるまま買いました。それ以来、もう着られなくなったものを含めると8枚くらい。ほかにもタイを7本、チーフは2枚持っています。

シャルべのアイテムに宿る独特な色みは、スタイルを新鮮に見せてくれます。おそらくパリという街やお店の美学がそうした感性に影響を与えていると思いますが、実際のところはわかりません。

人によって感じ方はさまざまですが、とにかく自分は純粋にシャルベから出てくる色が好きなのです。

NEXT PAGE /

「デサント」

大石さん推薦のシャツと同機能を持った別ラインからピックアップ。縫い目のないスーパーソニック加工を用い、体の動きを妨げない作りに。3万3000円/デサント(デサント ブラン 代官山 03-6416-5989)

推薦人
モデル 大石 学さん(45歳)
高校時代は野球に没頭し、20歳でモデルデビュー。ブランドのコレクションをはじめ、雑誌やテレビでも活躍。休日は旅や山登りへ。

普段、街では淡い色みの服を好んで着るのですが、趣味のトレッキングだと汗を気にして黒やネイビーを選びがちでした。でもデサント ディーディーディーのシャツを試してみたところ、まったく汗染みにならず感動しましたね。

軽く、ストレッチが利いているので、動きやすいのもポイント。今ではもう1枚購入し、オールラウンドに活躍してくれています。

 

「コム デ ギャルソン・シャツ」

1988年に誕生したシャツ専業ライン。パターンメイクを日本で、生産をフランスで行う。シンプルで上質なコットンシャツで、リアルクローズの本質を味わえる。4万2600円/コム デ ギャルソン・シャツ(コム デ ギャルソン 03-3486-7611)

推薦人
スタイリスト 菊池陽之介さん(41歳)
オーシャンズでのスタイリングをはじめ、カタログ、広告、テレビ、CMなど多種多様なメディアで活躍する腕利き。私服は黒好き。私生活は釣り好き。

コム デ ギャルソンにしか出せない、自然体でなりゆきのワイドさというのでしょうか。そんなゆるさの中に品があるストライプシャツは、学生の頃からお世話になっている服のひとつです。

当時はMサイズをちょっとオーバー気味に羽織って、今では(少し太ったから……)Lサイズをタックインして着ることが多いかな。普遍的でありながら時代や年齢に沿った楽しみ方があるのも、ほかにはない魅力ですね。

NEXT PAGE /

「テアトラ」

長時間のタイピングによるストレスをなくすべく開発。人体の動きを制限しないダイナミックかつ圧倒的なストレッチ性には誰もが驚くはず。各3万4000円/テアトラ https://teatora.jp

推薦人
ムロフィス ディレクター 中室太輔さん(39歳)
PRオフィス、ムロフィスのディレクターを務める傍ら、ブランディングディレクターとして企業ブランドに関する案件なども手掛ける。

伸縮性抜群でとにかく着心地がいいシャツ。リモートワークとはいえ、ウェブ会議ではちゃんとした身なりで臨まなければいけない、でも楽な格好でいたい、というときにすごくいい。

シャツを着ている感覚がないほど着心地が楽で驚きました。色違いで3着持っていますが、あまりに着やすくて3日連続で着ることもあります。

ストレッチシャツはただ生地が伸縮するだけのものも多いですが、このキーボードシャツは明確に「キーボードをタイプするときのためのシャツ」という用途がはっきりと設定されています。なので、袖は普通のシャツのようにカフではなく、ロングスリーブカットソーのような形状の袖口。伸縮性のある生地で、そのままたくし上げることができ、長時間のタイピングをストレスフリーにしてくれます。

明確な用途を設定し、シャツの新しいカタチを作り上げたという意味でも感動しました。

 

「グラフペーパー」

今季展開しているのは、トーマスメイソンの生地のものではないが、シルエットは同じ。毎シーズン生地や仕様を変えながらも、常にモダンな佇まいと快適な着用感を提供。2万5000円/グラフペーパー 03-6418-9402

推薦人
シンク・グリーン・プロデュース 代表取締役 関口正人さん(48歳)
不動産業界にて経験を積み2008年に会社を設立。話題のスポットを数多く手掛けており、ファッションやフードのプロデュースも行う。

ビシッと背すじを伸ばしたいときのスイッチ役として白シャツは打ってつけ。昔はタイトで“攻めたモノ”を選んでいましたが、最近は着心地が良く、大きな体を受け止めてくれるゆったりシルエットを重視。

愛用しているこれはその基準を難なく満たしています。トーマスメイソンの生地が肌にすこぶる優しく、高級感があるので上品さを醸し出せます。

 

「ブルックス ブラザーズ」

これぞアメリカ製と言わんばかりの、分厚いオックスフォード生地。新品ならではの清潔感も、長く着込んだときのこなれ感も絵になる不朽の名作シャツ。1万9000円/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)

推薦人
オーシャンズ 編集長 江部寿貴(43歳)
少年時代、リーバイスとラルフで目覚めた服の嗜好はいまだ雑食。アヴァンギャルド系は苦手。似合う顔と体型に恵まれなかった。

もはや矯正のしようがない、だらしなくて適当な見た目と性格の自分を、ちょっと背伸びさせて誠実に清潔感があるように見せたい。そんなとき、俺はこのシャツかラルフ ローレンのワンポイントBDシャツを着るようにしている。

仕事をサ○って波乗りして日焼けした肌と歪んだ性格で淀んだ自分にとって、オックスフォード生地とキャンディストライプの淡い色みが醸す「坊っちゃん感」は、まるで女優ライトのように俺を照らしてくれる。これぞ服の力!あまりにこいつに頼るもんだからヘタりも早い。去年は3枚購入しました。

 

清水写真事務所=写真 星 光彦、来田拓也=スタイリング 増山直樹、早渕智之、長谷川茂雄、森上 洋、いくら直幸、髙村将司、大西陽子、中田 潤、今野 塁、菊地 亮=文

# エルメス# コム デ ギャルソン# テアトラ# ブルックス ブラザーズ# シャツ
更に読み込む