「自宅を楽しい場所No.1計画」特集 Vol.23
2021.02.16
FASHION

上下スウェットに“+1”で外着に変身。家着を脱出する3つのコツ

家での時間が充実すると、いい気分のままちょっと外へ出かけたくもなってくる。

そんなときはスウェットやジャージーのセットアップにプラスワン。簡単なコツさえ掴めば、街着に負けない装いに。

家着セットアップに似合うアウター選びとコーディネイトのコツ
[1]クラシックなアウターをチョイス
[2]シックな色みでまとめる
[3]ラフとキレイのギャップを意識

上下スウェットに+1

家着を外着に変える3つのコツ! セットアップに「+1」で結構遠くまで行ける
コート10万円/スタジオ ニコルソン(キーロ 03-3710-9696)、パーカ2万8800円、パンツ 2万6800円/ともにルクシー(同興商事 info@looksea.jp)、サングラス 3万4300円/オリバーピープルズ(オリバーピープルズ 東京ギャラリー 03-5766-7426)、ソックスとスニーカーは私物

表地はコットン、裏地はなめらかなシルクを使ったオリーブドラブのスウェットセットアップに、ベージュのバルマカーンコートをコーディネイト。街着でよく見るアースカラー同士の掛け合わせと同じだと思えば簡単だ。

 

コート5万2000円/ユニフォーム・エクスペリメント(ソフ 03-5775-2290)、スエット1万6300円、パンツ1万7200円/ともにスポーティアンドリッチ(シップス エニィ 渋谷店 03-3496-0382)、ブーツ2万3000円/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン 03-5411-3055)

ヘビーオンスのスウェット上下を包み込むのは、さらっとしたストレッチウール地のバルマカーンコート。ロゴ入りのカジュアル感が強いスウェットとクラシカルなコートは理想の足し算といえよう。

 

 

コート14万8000円/インバーティア(アイメックス 03-5291-7534)、パーカ1万9000円、パンツ1万8000円/ともにサンスペル(サンスペル 表参道店 03-3406-7377)、Tシャツ1万6800円/ルクシー(同行商事 info@looksea.jp)、ブーツ 2万3000円/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン 03-5411-3055)

ヘリンボーン生地を使ったダッフルコートを。起毛感のあるアウターはそれだけでコーディネイトに表情が生まれ、スウェット上下を格段にセンス良く見せる。大人っぽく見せるなら黒がベター。

NEXT PAGE /

こんなセットアップにも+1

ブルゾン4万6000円/バラクータ 0120-165-006、トップス1万5800円、パンツ1万2800円/ともにグラミチ パフォーマンス(インス 0120-900-736)、スニーカー2万1800円/ゼットディーエー(アイ ファウンド 03-6434-7418)

プラスワンしたのは、名門バラクータの「G9」。セットアップは撥水、防風性能を備えた最新ハイテク素材を採用し、ニットのような柔らかさが特徴だ。赤のチェックがコーディネイトに効果的なアクセントになり、スポーツなセットアップをファッションへと昇華する。

 

コート5万5000円/A.P.C. www.apcjp.com/jpn/inquiry/index、ジャケット1万6000円、パンツ1万1000円/ともにザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン 0120-307-560)、ソックス2万2000円/ジ エルダーステイツマン(サザビーリーグ 03-5412-1937)、ブーツ5万8800円/ノンネイティブ (ベンダー 03-6452-3072)

軽くて伸びるソフトシェルと、防水&防風設計で安心のミリタリーアウターとのコンビネーション。トーンの違うカーキをうまくつなぐコツは、さりげなく覗かせた白Tとラインソックスにあり。

 

田邊 剛=写真 来田拓也=スタイリング 北村雄太=ヘアメイク 髙村将司、安部 毅、増山直樹、磯村慎介(100miler)=文

# スウェット# セットアップ
更に読み込む