服を楽しむ気持ちは何も変わらず。冬の「街角パパラッチ」特集 Vol.10
2021.01.06
FASHION

大好物ブランドによるコラボアウターが、現代トーキョーの気分を教えてくれる

2020年→2021年の冬の東京。

その気分を表すのがこの2つのアウターだと言い切ってしまおう。

ノンネイティブ×ワイルドシングスの中綿ジャケット&ウィンダンシー×マインデニムの裏ボア付きGジャン
[左]5万円/ウィンダンシー×マインデニム(マインド 03-6721-0757)、[右]13万8000円/ノンネイティブ×ワイルドシングス(ベンダー 03-6452-3072)

まずはノンネイティブ×ワイルドシングスの中綿ジャケットから。不動の定番「デナリジャケット」をベースにゴアテックスを初採用。

中綿は保温性、耐久性に優れた「クライマシールド︎」。また裏地にはソフトで肌離れのいいナイロン素材「ディクロス️ DNA ライト」を採用する。表生地のゴアテックスを含め最先端の素材を使用しているのだ。

街で着てスマート、アウトドア遊びで安心な、冬のオープンエアに打ってつけの一着に仕上がっている。

もうひとつはウィンダンシー×マインデニムの裏ボア付きGジャン。

リフレクター顔料を使った「SEA」のグラフィックはインパクト抜群。ライニングには保温性の高いアクリルのボアを、袖裏には滑りのいいキルティングを使用する。写真のほかブルーデニム×白ボアのモデルもラインナップ。

街角パパラッチ特集にて街を観測したところ、「ブラックデニム」と「Gジャン」が大人気の模様。てことは「ブラックデニムのGジャン」が今の最強アウターなのでは?と思った次第だ。

いずれも我々が大好きな4ブランド。そのコラボが気分に合うのは、当たり前っちゃ当たり前だけれども。

 

清水健吾=写真 来田拓也=スタイリング 加瀬友重=文

# ノンネイティブ# ワイルドシングス# Gジャン# ジャケット
更に読み込む
一覧を見る