2020.11.26
FASHION
PR

バッグが運ぶ幸福論。この冬使いたい「コーチ」のバッグ3選

古くは乗客と荷物を大切に運び、遠方へと届ける役目を果たした馬車。その名に由来するコーチがこの冬届けるバッグは今、改めて特別な意味を持つ。

最新作でも変わらぬ想いを引き継ぎ、僕らの日常に気付きをもたらす。

 

バッグが運ぶ幸福論

最新コレクション「ヒッチ バックパック」/コーチ
[男性]バッグ9万2000円、ニット4万5000円、パンツ2万7000円、手に持ったジャケット14万5000円/すべてコーチ 0120-556-750[女性]バッグ7万9000円、ケープ12万5000円、ニット4万5000円/すべてコーチ 0120-556-750

幸福とは。その定義すら揺らぎそうな激動のなか、気ままな旅はおろか、ちょっとした外出もままならなくなってしまった。荷作りをして、足を運び、大切な誰かに会う。その行為や時間はこれまで以上にスペシャルで、きっと誰もが荷物以上の“何か”を運んでいる。

だからこそ今、産業革命以前の15世紀の時代から人々の想いを優しくつないだ馬車に由来する、コーチのバッグを選びたい。

最新のコレクションにつらなる「ヒッチ バックパック」にも、ブランドの真髄が宿る。柔らかく傷が目立ちにくいペブル レザーと、表面にコーティングを施した丈夫なキャンバスを採用し、エレガンスとタフネスを巧みに両立した。

背面にPC収納部が仕切られたメインの荷室に加え、サイドにはスマートフォン用のポケットを備えて現代のニーズにもしっかり対応する。前面にあしらわれる印象的なロゴパターンは、ブランドのアイコンのひとつ「ホース アンド キャリッジ」。整然と並んだ馬と荷台が、時を経ても変わらない荷物の尊さ、そして“運ぶ”という行為の尊さを物語るのだ。

ちなみに、“指導”を意味する「コーチ」という言葉も馬車がルーツになっているという。特別なバッグを携えて、特別な場所へと向かう。そんなライフスタイルが、僕たちを新しい幸福へと手引きしてくれるのかもしれない。

NEXT PAGE /

この冬使いたい最新バッグ3選

H42×W31×D15cm 9万2000円/コーチ 0120-556-750

ヒッチ バックパック
クラシカルなワントーンデザインのなかで、ホース アンド キャリッジ パターンが個性を演出する。

表面を加工したキャンバス素材をベースに、ストラップやポケットのフラップ部分など頻繁に手に触れる箇所には柔らかく傷が目立ちにくいペブル レザーを採用。使うほどに馴染み、味わいを増していく。

 

H40×W28×D15cm 9万2000円/コーチ 0120-556-750

リビングトン バックパック
大容量の荷室を備えたバックパックは、15インチのノートPCも収納可能。

内部に直接アクセスできるファスナーなど機能的な仕掛けにも注目だ。素材には丁寧に何度も鞣されたカウハイドを用い、驚くほど滑らかな質感に。

 

H19×W30×D9cm 5万5000円/コーチ 0120-556-750

リビングトン ベルト バッグ
上のバックパックと同じ素材で作られた、エレガンスなメッセンジャーバッグ。

グリーン、ホワイトともにトーンの異なるバイカラーで構成され、クリーンな佇まいに。ストラップを調整することで、斜め掛けや肩掛けといった持ち方で使える。

コーチ公式サイトはこちら

 

[問い合わせ]
コーチ・カスタマーサービス・ジャパン
0120-556-750

 

西崎博哉(MOUSTACHE)=撮影(人物) 鈴木泰之=撮影(静物) 菊池陽之介=スタイリング 小林雄美=ヘアメイク 増山直樹=文

# コーチ# バックパック
更に読み込む