2020.10.26
FASHION
PR

時代がやっと追いついた! ジャック・ウルフスキンはwithコロナ時代に必要なブランドだ

キャンプ好きでなくとも、“狼の足跡”が入ったこのロゴは見たことがあるだろう。

ドイツが誇る国民的なアウトドアブランド、ジャック・ウルフスキンである。

ロゴのインパクトから、ブランドについてなんとなく知った気ではいるものの、実際、その背景までを詳しく……となると、高らかに説明することは難しいかもしれない。

このジャック・ウルフスキンは、創業からおよそ40年ものあいだ、実直なまでに「環境」と「物作り」に対して、真摯に向き合い続けてきたブランド。そのクオリティとデザイン、サステイナビリティにおいて、世界で一目置かれている存在なのだ。

そして最近では、アウトドアブランドという枠を超え、街着としても使えるようなスポーティかつスタイリッシュなアイテムをリリースしている。

コロナ対策も含めて急増する自転車ユーザーにも馴染むワードローブも展開。このコーチジャケットは、自社開発の防風素材「ストームロック」を採用している。ジャケット1万6000円、カットソー5500円、パンツ9800円、キャップ4200円、バッグ2万円/すべてジャック・ウルフスキン 0120-300-147

そんな、ますます進化を続けるドイツブランドがなぜ、今の時代にフィットしているのか? 紐解いていこう。

ジャック・ウルフスキンの詳細はコチラ

NEXT PAGE /

40年前からサステイナブル。楽しいことは持続可能でなければ!

ジャック・ウルフスキンにとって当たり前すぎて声高には言ってこなかったが、彼らは、1981年の創業時から、環境に配慮した取り組みを行っている。

例えば「動物の毛皮は使わない」「ダウンは強制給餌ではないもの」「メリノウールは飼育牧場まで追跡できるもの」といった具合である。

素材の開発にも積極的で、なかでもブランドの代表格が「テキサポール」。立ち上げと同時に開発を進めた防水素材で、長くブランドを率いるアイコニックな存在だ。

ジャック・ウルフスキンのアイテムはもちろんキャンプシーンでも役立つ。それでいてこのデザイン性の高さが魅力なのだ。ジャケット2万4000円、パンツ1万3000円/ともにジャック・ウルフスキン 0120-300-147

現在は、100%リサイクル化を実現した革新的なメンブレンを搭載した世界初の防水透湿素材「テキサポール・エコスフィア」進化。開発に約2年をかけた意欲作は、今やブランドの顔になっている。

襟に収納可能なフードや止水ジップがミニマルなデザインのアクセントに。「JP CITY TREK JACKET」2万4000円/ジャック・ウルフスキン 0120-300-147

アイテムの詳細はコチラ

その新進素材を採用した「JP CITY TREK JACKET」は、100%リサイクル素材を原料としながら高い防水透湿性を実現。

人体への影響が懸念されるフッ素系撥水加工のPFC素材は使用しないという徹底っぷりだ。

背面にもポケットを配置。手ぶらでの活動もサポートしてくれる。

自然と遊ぶために生まれたブランドなのだから、自然と共存しながら進化するのはいわば当然。

しかし、創業時にそのスタンスは極めて稀だったはずだ。ジャック・ウルフスキンが変わらず掲げるメッセージは、今こそより大きい共感を呼ぶ。

NEXT PAGE /

ただ暖かいだけのアウターなら、もういらない?

ジャック・ウルフスキンの進化は何も、機能面だけではない。ライフスタイルに合ったワードローブを作るデザイン面での進化も目覚ましい。

コート4万8000円/ジャック・ウルフスキン 0120-300-147

比翼仕立ての合わせに、極力装飾を省いたデザインで、遠目ではシックなフーデッドコートに見えるコチラ。

アウトドアブランドお馴染みのロゴマークさえボディの色と一体化させているため、ビジカジにも対応する汎用性すら持ち合わせる。

しかも、RDS基準を満たした高品質なダウンパックが仕込まれており、シェルにはブランドが誇るテキサポール・エコスフィア、裏地には防風に優れるストームロックを採用と、ブランドが培ってきたアウトドアウェアへのノウハウが注ぎ込まれているのだ。

内ポケットも装備しており、表側に響かない点でもミニマルな仕上がりに。

ホットな着心地で、クールな見た目。アウトドアシーンだけでなく、真冬のビル風だって何のその。

多様なライフスタイルにフィットするジャック・ウルフスキンの新たな服作りは、まさに現代の我々が望むものである。

アイテムの詳細はコチラ

NEXT PAGE /

ちょっとした外出を楽しくする“オーバースペック”なギア

いつでもどこでも自由に外出。こんな当たり前が当たり前ではなくなったwithコロナ時代は、ちょっとした外出でも気分を上げてくれるモノが側にあると心強い。

[右上]携帯用ゴミ袋1900円、[右下]グローブ2700円、[左上]バッグ4400円、[左下]ボトル3500円/すべてジャック・ウルフスキン(ジャック・ウルフスキン 0120-300-147)

アウトドアフィールドで出るゴミを持ち帰るために作られた携帯用ゴミ袋(右上)は、日常なら公園で遊ぶときに持っていくといいかもしれないし、車に載せっぱなしでも役に立ちそう。リサイクル素材製というのも、今の時代にピッタリだ。

同じく小物を携行するなら、防水仕様で超タフなターポリン素材のポーチ(左上)も頼れる存在。これは5〜130リットルまで展開しており、マトリョーシカみたいに揃えたくなる。

冬の暖を取るという意味では、最大24時間保温効果を持つ耐熱ボトル(左下)や高密度なマイクロフリース「ナヌーク200」を使用した手袋(右下)もいいかもしれない。これで持っていったコーヒーをキレイな冬の空の下で飲むひとときは至福に違いない。

オーバースペックなギアがもらえるキャンペーン!

ジャック・ウルフスキンの“気の利いた小物”がもらえるキャンペーンを現在実施中。

防水性で頑丈かつコンパクトに畳めるのがポイントの2.5層の防水生地を使用した耐久性の高い高機能エコバッグ(写真下)を、ブランドの製品を2万円(税込)以上をお買い上げの方にステッカーとともにプレゼントしている。このキャンペーンはなくなり次第終了。

社会の大きな変革期にあるこのご時世。作りの良さやデザイン性はもちろん、サステイナビリティ、そしてシーンを選ばす使える汎用性を備えたジャック・ウルフスキンのアイテムは、withコロナの状況において必要不可欠な存在といえるだろう。

ジャック・ウルフスキンのブランド詳細はコチラ

 

[問い合わせ]
ジャック・ウルフスキン カスタマーサービス
0120-300-147

鈴木泰之=写真 星光彦=スタイリング 勝間亮平=ヘアメイク 髙村将司=文

【自転車のカット】メガネ8万4000円/ゲルノット・リンドナー(グローブスペックス エージェント 03-5459-8326)
【車のカット】サングラス3万7000円/オールドジョーグローブスペックスオプティカルコー(グローブスペックス エージェント 03-5459-8326)
【コーヒーのカット】ニット3万1000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)、パンツ4万4000円/ロータ(エストネーション 0120-503-971)

# アウター# ジャック・ウルフスキン
更に読み込む