2020.10.01
FASHION
PR

ロンハーマンが別注した、ラルフ ローレン最上級ラインのネイビー服

本当のラグジュアリーをスタイルで表現するなら、素材とシルエットにこそこだわるべきだ。そう考えると自然にオーダーメイドへと行き着くワケだが、それだと少し大げさすぎる……なんてこともある。

高級オーダーメイドに匹敵するセンスと縫製技術を持ちつつ、最高峰の素材を駆使するブランドと言えば、ラルフ ローレン パープル レーベルが筆頭格。カシミヤやシルクといった贅沢素材を多用することで知られているが、今回紹介するパープル レーベルの新作は、いつもと異なる変わりダネ。

なんと、あのロンハーマンによる別注で、西海岸的な若々しさと気軽さも兼ね備えているのだ。

別注ネイビーが特別感を醸すスマートなピーコート

エクスクルーシブ フォー ロンハーマンのタグも。実は、ラルフ ローレンが他ブランドの名前を刻むこと自体が超レア。

特にこれからの季節にオススメとなるのが保温性に富むピーコート。厳選のダブルフェイス・メリノウールを用いてイタリアで仕立てられた一着は、極上のふんわり感と堂々たる存在感が魅力。

計算されたスマートシルエットにも関わらず窮屈なく着こなせるため、誰もが「さすがパープル レーベル!」と膝を打つ完成度となっている。

39万2000円/ラルフ ローレン パープル レーベル フォー ロンハーマン(ロンハーマン 0120-008-752)

ロンハーマンの別注ポイントは、パープル レーベルの今季インラインにはない“ネイビー”という色。

ピーコートのど真ん中をいくネイビーはアメカジ好きにハマること確実で、かしこまり過ぎて見えないゆえにデニムはもちろん、チノやスウェットを使った装いを格上げしてくれる万能選手でもある。

素材には上質なメリノウールを使用。Made in ITALYの一級品。

もちろん、本格仕立てだから、長年愛用できることは言わずもがなだ。

NEXT PAGE /

装いの格上げが叶う万能セットアップ

そしてロンハーマン×パープル レーベルの別注アイテムとして、もうひとつ見逃せないのがテーラード仕立てのセットアップスーツ。

ジャケット22万4000円、パンツ5万7000円/ともにラルフ ローレン パープル レーベル フォー ロンハーマン(ロンハーマン 0120-008-752)

加速度的にライフスタイルが変化する今、求められるスーツの条件も徐々に変わりつつあるが、具体的な絶対条件は2つ。①テーラードの格式と肩肘張らずに着こなせる適度なカジュアル感 ②シーンに合わせて単品使いができる汎用性の高さ、だろう。

パープル レーベルのこのセットアップ・ジャケットは、同レーベルのなかで最もラクな「ハドレイ スポーツ コート」仕様。熟練職人が手掛けるソフトショルダーとハーフキャンバス仕様により、本格的でありつつ肩肘張らない柔和な雰囲気を備えている。

それゆえにタイドアップはもちろん、カットソーの上に羽織るカジュアル使いもキマるというワケ。

本格クオリティを保証するタグ。

パンツはブランド創設者のラルフ・ローレン自身が長年好んでデザインに用いているサルトリア・ディテールとアクティブな要素を融合させたイージーパンツ風デザイン。

ジャケットと合わせて着こなすことで、ドレッシー&スポーティといった近年注目のミックススタイルが、手軽に実践可能となっている。

こちらはロンハーマンによる別注ということで、インライン展開のないイタリア産厳選ウールを特別に採用。セクシーな艶感まで楽しめる。

ともに使い勝手に優れたネイビーカラーゆえに、ワードローブに用意しておくことで、軽いビジネスミーティングから出張、休日のショッピングやディナーなどなど、幅広いシーンに活用できる。

内ポケットに配された別注タグがスペシャル感を演出。

加えてもうひとつ見逃せないポイントが別注ディテールの存在。内ポケットの脇には「EXCLUSIVELY FOR RON HERMAN」のタグが誇らしげに鎮座し、否が応にもスペシャル感を煽ってくれる。これに関しては先述のピーコートも同じだ。

わざわざひけらかすモノではないが、男の服には、こんな小さな“仕掛け”も大切な要素である。

 

[問い合わせ]
ロンハーマン
0120-008-752

長谷川 剛=文

# ラルフ ローレン# ロンハーマン# セットアップ# パープル レーベル# ピーコート
更に読み込む