37.5歳の人生スナップ Vol.110
2020.02.20
FASHION
PR

次なる10年も足どり軽く、人生を楽しむ。モデル・三浦理志が歩む道

フロントランナーたちの足跡●どのジャンルにもいる、業界の先駆者やイノベーターたち。生き方や考え方はそれぞれ異なれど、共通するのは「ボーダーを作らない価値観」だ。同じく、ノーボーダーなモノ作りをしてきたコール ハーンと探る、彼らの足跡。

コール ハーン 公式サイトはこちら

三浦理志●1970年7月1日生まれ。神奈川県出身。オーシャンズの看板モデル。18歳でモデルデビューし、以降、数々の雑誌、広告、CM等で活躍。26歳でニュージーランドへ渡って料理の修行に励むが、帰国後にモデル業へと復帰。今は趣味と仕事をバランスよく楽しんでいる。

オーシャンズの看板モデル、マーシーこと三浦理志は湘南の街で育った。

元祖・海男がサーフィンに目覚めたのは15歳。以来、今も湘南に根を張り、仕事がなければ毎日でも波を求めて海に出る生活を送り続けている。彼にとってサーフィンは、空気のようになくてはならない存在だ。

今年の正月休みはインドネシアのスンバワ島でサーフィン三昧の日々を過ごした

竹野内豊に反町隆史、そして沢村一樹。モデルから役者へ──20代のマーシーはモデルとしてそのムーブメントの真っ只中にいたけれど、役者の道へは進まなかった。「いちから演技を学ぶ、というのが想像できなくて」と本人は頭をかく。

20代、モデル時代のマーシー。

ただし、そろそろ次の一歩を踏み出す必要は感じていた。モデルという仕事は若いうちだけだとその頃は考えていたからだ。ニュージーランドで日本食のレストランを経営する叔父が職人を探して日本に帰ってきたのはそんなときだった。

NEXT PAGE /

ニュージーランドで新たな夢へ挑戦、そして挫折

ニュージーランドで修行時代のマーシー。その表情には、まだあどけなさが残る。

マーシーはこれだとひらめき、叔父についてニュージーランドへと渡った。叔父のもとで2年間、和食店で料理修業に励んだマーシーは帰国後、さらに研鑽を積むべく店をわたり歩いたが、まもなく腰を痛めてしまう。

「180cmオーバーの僕が給仕するには、和食店のテーブルはちょっと低すぎたみたいで(笑)」。

医者の見立ては、このままではあなたの腰は使いものにならなくなる、というものだった。結果的にモデル体型が祟ったマーシーは料理の道をあきらめ、再びモデルの世界へ戻った。

とにかく海が好きなマーシー。湘南だけでなく、日本中、世界中の海を旅している。

東京で仕事をして、湘南に暮らす。そのメリハリがちょうどいいと笑うマーシーは一度も東京に拠点を持ったことはなかったし、憧れさえ抱かなかった。海とたっぷり遊んだあとは行きつけの居酒屋で波談義を繰り広げる。平凡だが、飽きることのない日々だった。

NEXT PAGE /

サーフ&ノーフ スタイルの完成

「自産自消」を目指し、マーシーは日々野菜づくりに励む。

湘南ライフは、2009年にさらに彩りを帯びる。海に続いて、陸に新たな遊び場を見つけたのだ。畑がそれだ。遊ばせている土地があるからちょっとやってみないかとサーフィン仲間に誘われたのがきっかけだった。

「畑は冬でも1日1回、夏なら朝夕2回は構ってやらないといけない。さすがにそこまではできないから、きゅうりがヘチマみたいになることもあるけれど(笑)、楽しくやってます」。

足元ではコール ハーンの新作「グランドプロ ラリー レーザーカット」が光る。2万7000円/コール ハーン(コール ハーン ジャパン 0120-56-0979)

畑でとれた野菜はピザになる。土いじりにはまったマーシーは地産地消ならぬ“自産自消”を目指してピザ窯までつくってしまった。もはや黒板五郎(by北の国から)である。

サーフ&ノーフを満喫するマーシーの足元はスニーカーとビーチサンダルがあれば事足りたが、そうも言っていられなくなった。

NEXT PAGE /

次なる10年を見据え、足元を見直す

「モデル仕事が増えるに従って、パーティに呼んでいただく機会も増えてきました。これまでは次の日の波が気になって断ってきたけれど(笑)、いい歳ですからそういうことも必要かなと思うようになって。初対面の人と食事する機会も増えましたし」。

今年7月に50の大台に乗るマーシーは、ある革靴を買った。ところがその革靴は甲が当たって痛くて、1回履いたきり。新たに手に入れたのがコール ハーンだった。

「ふんわり浮き上がりそう」という超軽量スニーカー。「グランドプロ ラリー レーザーカット」2万7000円/コール ハーン(コール ハーン ジャパン 0120-56-0979)

「コール ハーンは驚くほど軽い。見た目からはまったく想像できないくらいに。足あたりも柔らかで靴擦れの心配も無用です。それでいてジャケットに合わせられる風格がある。お恥ずかしい話、これまでスニーカーですら紐をぎゅっと締めずに履いてきました。それは柔軟性のあるこの靴もできそうだけど(笑)、そこはさすがにちゃんとしようかな」。

この日、着用したのはコール ハーンの新作「グランドプロ ラリー レーザーカット」。足全体の衝撃を分散させ、通気性もよいインソール「オーソライト」をフットベットに採用。その快適な履き心地には、誰もが感動するはずだ。

「今履いているこのスニーカーも、僕が持っているどの靴より軽いと思いますよ。本当に履いてないみたい。だけど足にもフィットするし、未来の靴って感じですね。こんなに軽いのに品もあって。これならどんなシーンで履いても失礼じゃないですよね?」。

こちらはコール ハーンの最新シグネチャーモデル「オリジナルグランド ウルトラ ウィングチップ」3万6000円/コール ハーン(コール ハーン ジャパン 0120-56-0979)

マーシーがシュークローゼットを見直したのには、じつは念願の夢を叶えたい、という思惑もあった。

「そう遠くない将来、炭火焼の店をやろうと目論んでいます。去年は宮崎へ修業に行ってきました。オーナーになれば銀行との打ち合わせとか、そういう“大人の世界”にも顔を出さなければなりません。まずは足元から、というわけです(笑)」。

次なる10年をどのように過ごすか。それはまだ、マーシー自身も想像し切れていないだろう。しかし、彼の歩みはこの先も軽やかで、マイペースであることに変わりはないはずだ。

マーシーが感動したコール ハーン

「パンチングレザーで超軽量なのに驚きました!」

取材時にマーシーが履いていたスニーカー。撮影中も「軽すぎる!」とマーシーは大はしゃぎ。人間工学に基づいた木型でフィット感を高め、歩行時の当たりも軽減。EVAのモールドカップソールとソールの凹凸によりグリップ力も強化した。足全体の衝撃を分散させ、通気性のよい中敷き「オーソライト」をフットベットに採用。ノンストレスで長時間使用できる、オン・オフ兼用スニーカー。           「グランドプロ ラリー レーザーカット」2万7000円/コール ハーン(コール ハーン ジャパン 0120-56-0979)

「グランドプロ ラリー レーザーカット」について詳しくはこちら

 

「革靴風スニーカーの元祖がさらに進化しているとは!」

「スニーカーソールにウイングチップのこちらは数年前に手に入れていたのですが……最新モデルはさらに進化してました! めちゃくちゃ軽いし、クッション性も上がってる。普通のスニーカーよりも楽ですね(笑)」。その秘密は、独自のグランド.OSテクノロジーを搭載したソールと、ネオプレン素材のソックライナーによるフィット感にある。ONシーンでも自分らしくいられる至福の履き心地にリピーターも多い。「オリジナルグランド ウルトラ ウィングチップ」3万6000円/コール ハーン(コール ハーン ジャパン 0120-56-0979)

「オリジナルグランド ウルトラ ウィングチップ」について詳しくはこちら

[問い合わせ]
コール ハーン ジャパン
0120-56-0979
www.colehaan.co.jp

 

清水健吾=写真 菊池陽之介=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 竹川 圭=取材・文

「モデル着用アイテムクレジット]
スニーカー2万7000円/コール ハーン(コール ハーン ジャパン 0120-56-0979)、パーカ5800円/タウンクラフト(セル ストア 03-6459-3932)、パンツ1万4000円/ウィンダンシー×ディッキーズ(エリオット 03-5708-5757)

supported by COLE HAAN

# コール ハーン# サーフィン# スニーカー# マーシー# 三浦理志
更に読み込む