2020.02.14
FASHION
PR

プレミアムな日本製「青タブのリーバイス®」に大人が夢中になる3つの理由

一部でオレンジや白を使ってきたものの、リーバイス®のタブといえば「赤」と相場は決まっている。しかし最近、一気に勢力を拡大しているのがこの「青タブ」である。

これは、2010年にローンチされたリーバイス®のプレミアムライン「リーバイス® メイド&クラフテッド®」にだけ付けられるタブだ。そして、このプレミアムラインのなかでも日本製の「MADE IN JAPAN™」が特に人気だという。一体、なぜか。

理由は、大きくわけて ①日本製クオリティ ②デザイン ③はき心地 の3つがあるという。そのあたり、さっそく深掘りしてみようか。

 

①安心の世界基準「メイド・イン・ジャパン」

「リーバイス® メイド&クラフテッド®」は、100年以上にわたるブランドの歴史で受け継がれてきたクラフツマンシップを総動員し、次世代デニムの確立を目指すコレクション。なかでもオーシャンズ世代が夢中になっているのが、2019年の春に仲間入りした「MADE IN JAPAN™」シリーズだという。

リーバイス® メイド&クラフテッド®のプレミアムライン「MADE IN JAPAN™」の502™。ゆとりを持たせたシルエットと「MADE IN JAPAN™」ならではのリアルなダメージ加工が光る。デニム2万2000円、スウェット1万3000円/ともにリーバイス® メイド アンド クラフテッド®(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

メイド&クラフテッド®の最高峰に位置する日本製コレクションでは、日本が誇るデニム生地メーカー「カイハラデニム」謹製の生地を使い、これまた熟練の職人が一本一本ていねいに縫製から完成までの全行程を日本で仕立てる。

青く染まったレザーパッチに赤く輝くライジングサンと、腰の内側に添えられた日の丸タブが「MADE IN JAPAN™」であることの証明。

「MADE IN JAPAN™」の証しとなるのが、青いレザーパッチに刻印された真っ赤な太陽であり、腰裏に縫いつけられた日の丸であり、赤耳ならぬインディゴ耳(!)である。

「MADE IN JAPAN™」コレクションはすべてセルビッジ仕様で、なんと赤ならぬ“インディゴ耳”。しかも型番やカラーによってデザインも異なるというこだわり。

デニム技術大国・日本のクリエイティブと、デニムの故郷ブランド・リーバイス®の共存という、ほかでは成しえない唯一無二のデニムコレクション。刻まれたシワやアタリは、本当にはき込んで育て上げたと思えるほどにリアルで、質の高さは容易に見て取れる。

これは海外でも飛ぶように売れているそうだが、その理由も納得のクオリティなのである。

NEXT PAGE /

②遊び心のある未来志向のデザイン

美しいスリムテーパードを特徴とする「MADE IN JAPAN™」の512™。デニム2万2000円、Tシャツ7000円/ともにリーバイス® メイド アンド クラフテッド®(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

「MADE IN JAPAN™」は生地から加工、縫製にいたるすべてのプロセスを日本でつくりあげている。ヒゲ&ハチノス、シェービング、クラッシュ、ダメージ……デニムの加工技術をまるっと投入した贅沢な仕様もさることながら、その一つひとつのクオリティがずば抜けている。「このクオリティで2万円台は安すぎる」という業界人の声ももっともな域にあるのだ。

リーバイス® メイド&クラフテッド®シリーズのなかでも、繊細なダメージ加工や色加工は「MADE IN JAPAN™」ならでは。伝統的な日本の職人芸の賜物だ。左●「502™」2万2000円、●右「511™」3万円/ともにリーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

そして見逃せないのが、リーバイス®の特徴でもあるアーキュエイトステッチ。本来はバックポケットを飾るこのステッチを、「リーバイス® メイド&クラフテッド®」はあえてポケットに隠れたボディ本体にあしらった。これにより、はきこむうちにアーキュエイトステッチが浮かび上がってくる(=アタリとなってあらわれる)寸法だ。

“未来の定番をつくる”という「リーバイス® メイド&クラフテッド®」に賭けた思いをもっともよくあらわしたディテールである。

はき込むことで浮かび上がってくるアーキュエイトステッチ。細かなギミックは各所に利いていて、センターのベルトループには「インディゴ耳」があしらわれている。

デニムの経年変化に魅せられたオーシャンズ世代にとって、はき込む新たな意味を持つ「MADE IN JAPAN™」に夢中になるのは必然とも言えるのだ。

NEXT PAGE /

③リピーター続出のはき心地

「MADE IN JAPAN™」の511™は、濃紺なのに最初に足を通した瞬間から柔らかくフィットし、タイトシルエットでも動きやすい。デニム2万2000円/リーバイス® メイド アンド クラフテッド®(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

リーバイス®によると、「MADE IN JAPAN™」のリピーター率の高さは突出しているそうだ。その最大の理由は、一度はくとヤミツキになってしまう“はき心地”にあるという。

デニムらしい骨太な顔付きながらも、程よいストレッチで最初からしっかりと体に馴染む。この嬉しいギャップは、加工や色によってポリエステル糸の混紡率を調整することで実現する。

テーマを「未来の定番をつくる」に設定したリーバイス® メイド&クラフテッド®シリーズ。下ろしたその日から肌に馴染むはき心地と、長くはいても型崩れしないタフさを保証する。左から「502™」2万2000円、「511™」2万2000円、「512™」2万2000円/すべてリーバイス® メイド アンド クラフテッド®(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

デニムの見た目にうるさい世代が納得するワイルドなルックス。年を重ねると同時に、デニムのはき心地にもうるさくなった世代がリラックスしていられるマイルドな質感。

リピーターが続出しているといううれしい悲鳴は、そこらへんに秘密があるのだろう。「MADE IN JAPAN™」は一度でいいからはいてみるべきで、そして一度でもはいたら病みつきになること請け合いである。

 

[問い合わせ]
リーバイ・ストラウス ジャパン
0120-099-501
www.levi.jp

清水健吾=写真 菊池陽之介=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 竹川 圭=文

# リーバイス# MADE IN JAPAN# リーバイス® メイド&クラフテッド
更に読み込む