2020.12.17
FASHION

ユニクロと平野歩夢が共同開発。雪山も街もイケるハイブリッドダウン

ウィンタースポーツのハイシーズン到来。ゲレンデでも格好いい大人でいるなら当然、ウェアにもこだわりたい。

特に最近のボードウェアは機能性のみならず、デザイン性に優れているものも多々。ただ、アウトドアウェアがブームの今でさえ、ボードウェアを街で着ている人は限りなくゼロに近い。

ありそうでない「街着としても使えるボードウェア」。そんな痒いところに手が届くアイテムを探していると、ユニクロで気になる一着を発見した。

カジュアルスタイルにも取り入れやすいカラーリング。1万9900円/ユニクロ 0120-170-296

ユニクロが展開する「ハイブリッドダウンスノーボードパーカ」は、なんとプロスノーボーダーの平野歩夢選手と共同開発した一着だ。

平野選手といえば、2014年のソチオリンピック、2018年の平昌オリンピックで2大会連続銀メダルを獲得し、X GAMESでの優勝経験も持つトッププロ。

ユニクロとのコラボウェアは、昨年12月に1000着限定で発売して即完売となったが、ブランドは今年、多くのリクエストを受けて再販をスタートさせた。

サインも! 1万9900円/ユニクロ 0120-170-296

このハイブリッドダウンパーカは、平野選手の感性と経験をデザイン・機能に反映させている。

素材には、耐久撥水、透湿防水、防風素材を使用。また、スノーボードで着用するウェアは、動きやすさと防寒性を兼備する必要があるため、軽さを徹底的に追求し、動きのある部分は中綿、暖めたい部分はダウンと、パーツによって防寒素材を切り替えている。

また、インナーポケットには有線のイヤホンケーブルを通せる工夫が凝らされるなど、ポケットの配置やパーツ選びにも平野選手のアドバイスが落とし込まれている。

1万9900円/ユニクロ 0120-170-296

サイズ展開もXS〜4XLまで8サイズを用意し、カラーバリエーションもソリッドなオールブラックと、都会的な切り替えが印象的なオリーブの2色を展開。

実店舗ではユニクロ トウキョー、およびユニクロ原宿店限定となっているが、オンラインストアでも取り扱いがあるので、気になる方はお早めに。

 

[問い合わせ]
ユニクロ
0120-170-296

市川明治=文

# ユニクロ# 平野歩夢
更に読み込む