ユースケ部長も登場! 「イケオジ着回し物語」 Vol.26
2020.11.14
FASHION

ビッグでシックに。俳優・奥野瑛太が着こなすバレンシアガの最新コレクション

先日、ついに「バレンシアガ 青山」がリニューアルオープンした。

そこでバレンシアガの現代的でアクティブな最新コレクションを俳優・奥野瑛太に着こなしてもらった。

ビッグでシックに。俳優・奥野瑛太が着こなす「バレンシアガ」の最新コレクション
コート34万6000円、パーカ参考商品、デニム10万2000円[参考価格、参考素材]、サンダル参考商品、ソックス1万3000円、人差し指のリング4万円、小指のリング3万8000円[参考カラー]/すべてバレンシアガ(バレンシアガ ジャパン 0570-000-601)

ずっしりと重みのあるフェイクファージャカードのラップコートは、ローブのようなリラックス感とブルー×ブラックの近未来的バッファローチェックが交ざった新鮮な感覚。

奥野瑛太●1986年、北海道生まれ。俳優。大学在学中からインディペンデント映画に出演。代表作は映画『SR サイタマノラッパー』、NHK連続テレビ小説『エール』。instagram@eita.okunostaff

 

パーカ9万5000円、パンツ6万7000円、サンダル6万7000円[予価]、ソックス1万3000円、キャップ4万1000円、バッグ10万1000円、グローブ参考商品/すべてバレンシアガ(バレンシアガ ジャパン 0570-000-601)、自転車参考商品/ベスビー(ベスビー ジャパン info@besv.jp)

バレンシアガが送るアクティブウェアがこちら。キャップ、パーカ、ジョギングパンツの各アイテムに、「GYM WEAR」のアートワークを落とし込んだ。

 

ジャケット17万4000円、Tシャツ5万4000円、パンツ11万4000円、サンダル参考商品、ソックス1万3000円、キャップ4万1000円/すべてバレンシアガ(バレンシアガ ジャパン 0570-000-601)、自転車参考商品/ベスビー(ベスビー ジャパン info@besv.jp)

“現代的でアクティブなウェアの美学に関心を寄せる”というシーズンテーマをもとに体現したオーバーサイズのトラックジャケット。裾を絞ったカーゴパンツと鮮やかなレッドのサンダル&ソックスでとことんモダンに。

NEXT PAGE /
シャツ13万2000円、タートルネックカットソー参考商品、パンツ12万円[参考素材]、スニーカー7万5000円[予価、参考カラー]、人差し指のリング4万円、小指のリング3万8000円[参考カラー]/すべてバレンシアガ(バレンシアガ ジャパン 0570-000-601)

ゆったりとした身幅&袖幅とロング丈で、包み込むような縦長シルエットを描いたコットンフランネル地のドロップショルダーシャツ。バギータイプのスラックスでカジュアルになりすぎない絶妙なバランスをキープ。

 

ジャケット23万9000円、ニット13万6000円、パンツ10万8000円、フォン ホルダー8万3000円、グローブ6万1000円[参考価格、参考カラー]/すべてバレンシアガ(バレンシアガ ジャパン 0570-000-601)

モノトーンチェックのセットアップは、スクリブルロゴが鏤められたジャカードニットを挟んで印象的に装いたい。ポーチ感覚のフォン ホルダーも好相性。

バレンシアガ 青山
住所:東京都港区南青山5-1-3
電話番号:03-6696-6000

 

田邊 剛=写真 喜多尾祥之=スタイリング&ディレクション AMANO=ヘアメイク 大西陽子=編集・文 ワープステーション江戸、東映東京撮影所、ボートレース多摩川、ベスビー=撮影協力

# バレンシアガ# 奥野瑛太
更に読み込む