2020.11.12
FASHION

【検証】ユニクロ「+J」の新作は、ビジネスシーンでも使えるか?

第1回第2回と、ユニクロ「+J」のシャツとアウターの見所を紹介してきた。

といっても、ピックアップしたアイテムはほんの一部にすぎない。今回は「仕事服としても使えるのか?」という視点で、さらなる+Jの真価に迫る!

ニューノーマルな時代の仕事服8選

今やすっかり定着した“ビジカジ”(ビジネスカジュアル)という言葉。今年は特に、働き方が大きく変化したこともあって、より“楽にいられる服”をチョイスする人も増えたと思う。

本コレクションに透徹しているのは、上質な素材と仕立ての良さ、そして快適性を追求していること。

オフィスへ通勤する人もテレワークに従事する人も、自分に合った“仕事服”が見つかるはずだ。

 

①ウールテーラードジャケット&ウールスリムフィットパンツ

1万9900円/ユニクロ+J(ユニクロ 0120-170-296)

まずは、仕事服の代表格であるスーツから。ハリのある上質な風合いが印象的なテーラード型のジャケットは、日本の毛織物メーカー「NIKKE」のウールを採用している。

同素材のパンツも用意があるので、セットアップで合わせることも可能。いずれも美しい細身シルエットで、動きやすく仕立てられている。仕事の相棒として頼りになりそうだ。

9900円/ユニクロ+J(ユニクロ 0120-170-296)

 

②ウールブレンドオーバーサイズジャケット

1万5900円/ユニクロ+J(ユニクロ 0120-170-296)

ジャケットをもっとカジュアルに着こなしたいならコレ。ラフなポケットのデザインが特徴的で、全体的に少しゆとりを持たせたサイズ感になっているから締め付けられる感覚もない。

よーく見るとヘリンボーン模様の肉厚なウールを用いており、ネイビーのクラシックな雰囲気と相まって大人の風格を演出できるだろう。

 

③ウールブレンドイージーパンツ

6990円/ユニクロ+J(ユニクロ 0120-170-296)

ビジネスシーンでキレイに見えるのはもちろん、“楽であること”もビジカジには大切な要素のひとつ。このパンツはそういった意味で大活躍してくれそうだ。

ウールならではの上質な素材感に、ナイロンによるストレッチをプラス。太もも回りはゆったりとしたテーパードシルエットに仕上げている。

NEXT PAGE /

④メリノブレンドVネックカーディガン

4990円/ユニクロ+J(ユニクロ 0120-170-296)

気軽に着脱できるカーディガンは、オフィスや自宅で欠かせない存在。こちらは、羊毛のなかでも最高品質とされるメリノウールを使用している。

見ての通り、キメ細かな編み目に思わず見惚れてしまいそうである。なんとナイロンを混紡することでストレッチも効かせている。

 

⑤メリノブレンドタートルネックセーター

3990円/ユニクロ+J(ユニクロ 0120-170-296)

寒い時季、1枚あると便利なのがタートルネックだ。前述のカーディガンと同じメリノウールとナイロンの混紡素材を用いており、暖かさと快適性を兼備する。

ブルー(写真)をはじめ、ブラック、グレー、ネイビー、パープルと落ち着いたカラーが揃っているので、複数枚持っておくのも良さそうだ。

 

⑥カシミヤブレンドクルーネックセーター

1万2900円/ユニクロ+J(ユニクロ 0120-170-296)

オンオフ関係なく使えるのがクルーネックタイプのセーター。カシミヤとナイロンをブレンドしており、抜群のぬくもりと着心地を約束する。

身幅にゆとりを持たせつつも、首元はややタイトめの作り。1枚で着てもいいし、シャツの上に着ればより暖かさを発揮してくれるだろう。

 

⑦スーピマコットン クルーネックT

1990円/ユニクロ+J(ユニクロ 0120-170-296)

インナーとしてぜひ着用して欲しいのが、スーピマコットンを用いたロンTだ。特殊な紡績方法で織り上げることで、滑らかな肌触りに仕上げている。

さらに、全体的にゆとりを持たせているので、一日中気持ち良く過ごせるだろう。

 

仕事服としても使えそうなアイテムは、どれを選んでも間違いないはず。ぜひ、自分のライフスタイルにフィットする1着を見つけてみよう。

シャツ編はコチラ
ダウンとコート編はコチラ
総まとめ編はコチラ

 

[問い合わせ]
ユニクロ 
0120-170-296
www.uniqlo.com

# ジル・サンダー# ユニクロ
更に読み込む