ニューノーマルな時代の「大人カジュアル」ガイドブック Vol.43
2020.10.28
FASHION

デニムに似合う旬のトップスは、ストライプシャツ&フェード系スウェットだ!

デニムの守備範囲の広さはご存じのとおりで、実はたいていのトップスが似合ってしまう。ただ僕らがこの時季に合わせるのは、スウェットあるいはシャツが多いようだ。ならばそのなかでの、旬の空気を感じさせるベストチョイスとは何か。

スウェットは、こなれたイメージと清潔感を兼ね備えたフェード系の色みを。シャツだったらタックインしても様になる、都会的なストライプシャツを推したい。

デニムの魅力を引き出しつつ、今の気分を反映したコーディネイトが完成する。

 

「ビズビム」のシャツ

デニムに似合う旬のトップスは、ストライプシャツ&フェード系スウェットだ!
シャツ5万8000円/ビズビム 03-5468-5424、デニム3万6000円/ヌーディージーンズ(ヌーディージーンズ ラフォーレ原宿店 03-5772-0770)、靴4万2000円/パラブーツ(パラブーツ青山店 03-5766-6688)、腕時計36万3000円/チューダー(日本ロレックス / チューダー 03-3216-5671)

イタリアの老舗メーカー、アルビニ社の生地を採用。細番手の先染めコットン糸を高密度に織り上げた生地だ。都会的な光沢、柔らかさと適度なコシを備え、優美なシャツに仕上がっている。

着こなしのポイントはタックインしたときの程良いゆとりと、ラフにまくった袖から漂うリラックス感。キレイでシンプルなデザインのアイテムだからこそ、“抜き”が利いてくる。

 

「ポロ ラルフ ローレン」のスウェット

スウェット1万7000円[ロゴ刺繍は色変更の可能性あり]、デニム3万円/ともにポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 0120-3274-20)、Tシャツ6000円/フィグベル(プロッド 03-6427-8345)、ヴィンテージの腕時計16万5000円/コンティニュエ エクストラ・スペース 03-3792-8979

「デニムに合わせるために作った新ライン」というだけあり、抜群のこなれ感。ガーメントダイ(製品染め)とウォッシュ加工により、最初から着込んだような風合いを醸し出す。フェードスタイルながら上品さもある、独特のブルーカラーが魅力なのだ。

何でもない白Tシャツをちらり覗かせるとバランス良し。腕時計はシンプルで味のあるヴィンテージがマッチするだろう。

 

山本雄生=写真 荒木大輔=スタイリング 松本和也(W)=ヘアメイク 加瀬友重、今野 壘=文

# ビズビム# ポロ ラルフ ローレン# スウェット# ストライプシャツ# デニム
更に読み込む