ニューノーマルな時代の「大人カジュアル」ガイドブック Vol.15
2020.10.17
FASHION

アーティスト・安部竜一とブルックス“レッド フリース”の、海と太陽とチェック柄

アトリエに自宅、自転車で少し走れば、茅ヶ崎の海。キャラクターデザイナーの安部竜一が身を置く場所には、いつも穏やかな時間が流れている。

安部竜一が着こなす、ブルックス“レッド フリース”
ジャケット4万9000円、シャツ1万円、デニム1万4000円/すべてブルックス ブラザーズ レッド フリース(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)

カジュアルライン、レッド フリースの定番品であるウール地仕立てのネイビーブレザー。羽織るだけで様になる使える一着に、大きな工夫は必要ない。タータンチェックシャツとブルーデニムで、シンプルかつクラシックなままに。

安部竜一●1989年、東京・浅草生まれ。神奈川・茅ヶ崎育ち。コミカルでポップな表現を得意とするキャラクターデザイナー/アーティスト。ブランドやショップ、アーティストと数々のコラボレーションワークも手掛ける。instagram@ryuambe

 

カーディガン1万6000円、シャツ参考商品、パンツ2万円/すべてブルックス ブラザーズ レッド フリース(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)

ウインドーペーンのシャツにバッファローチェックのショールカーディガン、そしてグレンチェックのウールパンツ。まさかの全身チェック柄も、落ち着きのあるグレーを基調とすれば、すんなりと馴染む。

 

ベスト1万3000円、シャツ1万円、パンツ2万円/すべてブルックス ブラザーズ レッド フリース(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)、その他私物

張りのある生地感が特徴の厚手7ゲージのフェアアイルVネックベストをあえてチェックシャツとレイヤード。互いを引き立て合う、同系色のコンビによって、異なるムードを新鮮に。

NEXT PAGE /
コート4万9000円、ニット1万4000円、シャツ1万円、デニム1万4000円/すべてブルックス ブラザーズ レッド フリース(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)、その他私物

イタリアの老舗、べランディ社のウールナイロンを使用したオーバーコートにデニムを合わせてトラッドかつモダンに。

 

シャツ1万円、パンツ2万円/ともにブルックス ブラザーズ レッド フリース、Tシャツ5000円[3枚セット]/ブルックス ブラザーズ(すべてブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)、その他私物

夕暮れの風に靡いたグリーン×ネイビーのレジメンタルタイのようなストライプ柄BDシャツに、タータンチェックのパンツを合わせれば、青い海に映える高感度の高い正統派スタイルに。インナーのまっさらな白Tシャツで気分も見た目も軽やかに。

 

田邊 剛=写真 喜多尾祥之=スタイリング&ディレクション 北村雄太=ヘアメイク 大西陽子=編集・文

# ブルックス ブラザーズ# 安部竜一
更に読み込む