そこが知りたい! 女性が好きな男服 Vol.47
2020.09.27
FASHION

五輪金メダリスト・井上康生さんで分析! 体育会系男子に似合う最強コーデとは

昔取った杵柄によって、太腿や尻、胸や肩回りなどに筋肉が残った、いわゆるガッチリ体型の皆さまへ。自分の体が誇らしい半面、服選びに関して言えば、迷んだり、苦しんでいる人は少なくないのでは?

そんな体育会系男子に似合うファッションを、スタイリスト・安西こずえさんが解説してくれました!

 

変わり種シャツをスポーティにコーディネイト

そこで選んだ注目のジャパンブランド、チノのシャツは、左身頃だけ2重になった変わり種。
シャツ4万5000円/チノ(モールド 03-6805-1449)、パンツ2万2000円/エイチ ビューティ&ユース 03-6438-5230、靴10万円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店 03-6805-1691)、ソックス1800円/トラディショナル ウェザーウェア(トラディショナル ウェザーウェア 青山メンズ店 03-6418-5712)

元男子柔道五輪金メダリスト/柔道全日本男子監督
井上康生 さん Age 42
身長182cm/体重96kg/胸囲114cm/腿回り58cm/肩幅58cm/足28.5〜29cm
1978年、宮崎県生まれ。現役時代はシドニー五輪の男子100kg級で金メダルを獲得するなど、日本を代表する柔道家として活躍。現在は4人の子供を持ち、東京五輪を目指す柔道日本代表の監督を務める。なお、奥さまでタレントの東原亜希さんとスタイリスト安西さんは旧知の仲だ。

こず♥の分析「コーセイはモードな服に負けない」
「ランウェイを颯爽と歩いていそう。それがコーセイさんの第一印象です。がっちりしているけど、服の上からでもわかる均整の取れた肉体美が、その理由なのだと思います。そんな体格の彼だから、デザインに力のある服をきれいに着こなせると分析しました。

そこで選んだ注目のジャパンブランド、チノのシャツは、左身頃だけ2重になった変わり種。襟、袖、前立てを2つ備えるモード色が強い一枚ですが、凛々しいタックインがハマっていますよね。

ただキマりすぎても近寄りがたく見えてしまうため、ソックスとベルトでアクセントをつけ、女子的大好物のスポーティな薫りをプラスしたのがポイントです」(安西)。

NEXT PAGE /

トーンを揃えて、柄を主役に引き立てる

ブリティッシュなグレンチェックのロングコートを軸に、彼のシックな一面を引き出しました。
コート3万9000円/N.ハリウッド、パーカ2万4000円/N.ハリウッド コンパイル(ともにミスターハリウッド 03-5414-5071)、パンツ3万8000円/インバート(アマン 03-6418-6035)、スニーカー7000円/ヴァンズ(ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店 048-788-1130)

こず♥の分析「コーセイは渋い柄の貫禄が活きる」
「ブリティッシュなグレンチェックのロングコートを軸に、彼のシックな一面を引き出しました。ダークトーンでまとめましたが、ウール混のパーカや光沢の強いワイドパンツなど複数の素材を組み合わせ、チェック柄が埋もれず引き立つようにコーディネイト。

現役生活を終え、今は男子の代表監督。そして難しい現在の状況にかかわらず、ひたすら前を向いて精進している。酸いも甘いも知り尽くした男特有の渋みがグレンチェックの貫禄と呼応した、コーセイさんらしいスタイルだと思います。少し白髪の交じった髪も超渋い。好き(笑)!」(安西)。

 

井上さんの感想
「普段は僕の服装にあまり興味がなさそうな妻も、今回の企画は大喜び(笑)。個人的に新鮮だったのが太いパンツ。いつもは上半身がゆったり、下半身がぴったりのバランスなので、とても興味深く勉強になりました!」。

教えてくれたのはこの人!
安西こずえ●東京都生まれ。雑誌や広告、タレントなど、現在は、レディスをメインに活動するスタイリスト。だが、数多くのメンズ雑誌を手掛けた経歴もあり、男性服にも精通。本企画では、体育会系男子好きが高じて人選にも参画してくれた。instagram@cozcozrin

 

平郡政宏=写真 yoboon(coccina)、村上知久、小池康友=ヘアメイク 髙村将司、増山直樹=文

# 井上康生# 体育会系男子# 女性目線
更に読み込む