自転車ライフ 2.0 Vol.4
2020.09.24
FASHION

運転&ペダリングの邪魔にならない! 自転車で使える “マチなし” サコッシュ

自転車を楽しむときに気をつけたいのが、ポケットに入れっぱなしの品々だ。颯爽と走った後「ちょっとコンビニに寄るか…、アレ!? 財布落としたかも!」なんて事のないように。

選ぶべきは、小回りの利く優秀なバッグ「サコッシュ」。限りなく手ぶらに近く、運転&ペダリングの妨げにもならない。軽装派なアナタに打ってつけだ。

 

UNIFORM EXPERIMENT ユニフォーム エクスペリメント

サコッシュ/ユニフォーム エクスペリメント
バッグH33.5×W29.5cm 6000円/ユニフォーム エクスペリメント(ソフ 03-5775-2290)、ジャケット1万6000円/カーハート WIP(カーハート WIP ストア トーキョー 03-3402-9810)、Tシャツ7000円/サーフ イズ デッド(ジェットン ショールーム 03-6804-1970)、パンツ2万6000円/オー(オーバーリバー 03-6434-0921)、自転車9万1300円/カーテルバイク(ダイナー 03-6427-2745)

さわやかなビタミンカラーのリップストップポリエステル製。内ポケット付きで使いやすく、ショルダーストラップは取り外して手持ちもできる2-WAY設計。

ダークトーンの服に合わせるだけで、着こなしをリフレッシュできる。

 

AND WANDER アンドワンダー

サコッシュ/アンドワンダー
H23×W33cm 1万円/アンドワンダー 03-5787-3460

都会的なモード畑の出身ながら、山を愛するデザイナーが作るアウトドアギアは、その出自どおり洗練されたデザインばかり。

このサコッシュはその象徴で、シリコンコーティングされたコーデュラナイロンは撥水性が高く、機能面も盤石。

NEXT PAGE /

ENGINEERED GARMENTS エンジニアド ガーメンツ

サコッシュ/エンジニアド ガーメンツ
H29×W27cm 1万1000円/エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798

ボディ全面に繊細なガンクラブチェックをあしらったクラシックデザイン。ポリエステルをベースにウールやコットン、レーヨンを交織した生地は味わいも十分。

 

FRESHSERVICE フレッシュサービス

サコッシュ/フレッシュサービス
H23×W28cm  8500円/フレッシュサービス(フレッシュサービス ヘッドクオーターズ 03-5775-4755)

すっきりとしたマチなしのデザインに最小限のポケットだけを設けた実用的なサコッシュは、うるさ型も納得のアメリカ製。摩耗に強いコーデュラナイロンで、ショルダーストラップを外してポーチとしても利用可能。

NEXT PAGE /

HARVEST LABEL ハーヴェスト レーベル

サコッシュ/ハーヴェスト レーベル
H16〜24×W17.5cm 8800円/ハーヴェスト レーベル(ハーヴェスト ライブラリー 大阪 06-6784-5500)

高密度のナイロンツイル、武骨なセージグリーン、ミルスペックを思わせるタグデザイン。

「MA-1」フライトジャケットの耐久性や撥水性を生かし開発したオリジナル生地を採用した意欲作。中央のジップを閉じると高さを減らせる、可変フォルムも斬新だ。

 

GREGORY グレゴリー

サコッシュ/グレゴリー
H20×W27cm  5000円/グレゴリー(サムソナイト・ジャパン 0800-12-36910)

傾斜のついたメッシュポケットや皮革のジッププルなど、バックパックづくりのノウハウを活かしてデザインされたアイテム。

樹皮が剥がれて多彩な表情を見せるプラタナスの樹に着想を得た、ツリーバークカモ柄が小洒落てる。

 

清水健吾=写真(人物) 高橋絵里奈=写真(静物) 来田拓也=スタイリング 勝間亮平=ヘアメイク 池田 健=編集 今野 壘、野村優歩、大関祐詞、菊地 亮、池田桃子=文

# エンジニアド ガーメンツ# グレゴリー# ユニフォーム・エクスペリメント# サコッシュ# 自転車
更に読み込む