そこが知りたい! 女性が好きな男服 Vol.5
2020.09.10
FASHION

スタイリスト百々千晴さんが提案! ふたりの1軍アイテム♡シェアスタイル

こんなご時世の今は、服やファッションとの向き合い方も変化するとき。そこで、スタイリスト・百々千晴さんは、パートナーとのアイテムシェアを提案する。

同じ予算でワードローブは2倍に。関係性はより“蜜”に。皆さん、試す価値大アリです!

 

コーディネイトで悩まない
「デサント ポーズ」のマウンパ

アスレジャーファッションが一般的になり、ここ数年で女性からの支持もアップしたのが着こなしに悩まなくてもいいマウンテンパーカです。

百々さん曰く、「ミニマルデザインで、シンプルな黒なら着回し力も高く絶対に重宝しますよ」とのこと。高級感あるウールの表地に、ゴアテックスメンブレンを貼り合わせた優れた防水性と透湿性が自慢の一着。

アスレジャーファッションが一般的になり、ここ数年で女性からの支持もアップしたのが着こなしに悩まなくてもいいマウンテンパーカです。
ジャケット6万5000円/デサント ポーズ(デサント ブラン 代官山 03-6416-5989)、オールインワン5万6000円/ロエフ(ロエフ 六本木店 03-5786-0877)、Tシャツ6800円、スニーカー1万5800円/ともにベルベルジン 03-3401-4666

「マウンパは懐の深いアイテムだから、少しくらいの冒険をしてもこのとおり。例えば、白のつなぎもそう。こんな着こなしの男性はとってもチャーミング♡ 胸元からロゴTを覗かせたところもポイントです」(百々)。

 

ガーリーなミニスカに、いかにも借りて着たようなメンズアウターというギャップが可愛いくないですか?
ジャケット6万5000円/デサント ポーズ(デサント ブラン 代官山 03-6416-5989)、カーディガン1万6000円/RHC(RHC ロンハーマン 045-319-6700)、スカート5万4000円/マディソンブルー 03-6434-9133、ブーツ4万6000円/ジェーン スミス(UTS PR 03-6427-1030)、メガネ4万5000円/アイヴァン 7285 (アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285)

「ガーリーなミニスカに、いかにも借りて着たようなメンズアウターというギャップが可愛いくないですか? ビッグアウター×ミニスカの王道コーデは鉄板の相性です」(百々)。

NEXT PAGE /

渋くて可愛い
「ブラミンク」の伝統柄ジャケット

「大好物なブリティッシュテイストで、特にこの茶系のガンクラブチェックはドンズバ♡」と百々さんが夢中なのは、ロンドンの老舗毛織物メーカー、フォックスブラザーズの高級ウールを惜しみなく使った、日本ブランドのジャケット。

女性が手掛けていながらも、紳士服の伝統的なテーラリングを礎にしたモノづくりは、男女問わず必見です!

共地のスラックスを活用して、セットアップでコーディネイト。オジサンクサく(笑)見えないように、インナーにはクルーネックのTシャツが絶対条件。
ジャケット15万5000円、Tシャツ2万3000円、パンツ8万5000円/すべてブラミンク 03-5774-9899、靴5万9000円/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ 03-6418-9923)、ソックスは私物

「共地のスラックスを活用して、セットアップでコーディネイト。オジサンクサく(笑)見えないように、インナーにはクルーネックのTシャツが絶対条件。ソックスで遊び心を演出するのも素敵です」(百々)。

 

ロンドンの老舗毛織物メーカー、フォックスブラザーズの高級ウールを惜しみなく使った、日本ブランドのジャケット。
ジャケット15万5000円、ニット4万8000円、スカート7万円、ベルト2万円/すべてブラミンク 03-5774-9899、人さし指のリング7万8000円、小指のリング6万7000円/ともにシャルロット シェネ(エドストローム オフィス 03-6427-5901)

「シワを気にせず、ウエストマークと腕捲り。ボリュームがあるものこそ、くびれを作って女らしく着こなしてみてください」(百々)。

NEXT PAGE /

主役にも名脇役にもなる
「オーラリー」の淡色パーカ

パーカは、百々さんのワードローブには欠かせないものだそう。

「毎日着ても飽きない。男性が着るのも、女性が着るのも好きです。こちらは、しっかりハリがあり目の詰まった素材感でとても暖かくフードの立ち上がりを活かしてインナーとして使うも良し、これからの季節に一枚でアウターとして使うも良し、な優れもの」。

ありそうでない、イエローグリーンという色みがまた格別です。

ミリタリーブルゾンのインナー使いをしてみると、立ち上がったフードがアクセントに。
パーカ2万8000円/オーラリー 03-6427-7141、ジャケット7万1000円/マディソンブルー 03-6434-9133、パンツ7万3000円/エイトン(エイトン 青山 03-6427-6335)

「ミリタリーブルゾンのインナー使いをしてみると、立ち上がったフードがアクセントに。ニットパンツとのワンマイルコーデも、センスの良いカラーリングでいつもよりお洒落に見える。まさに名脇役となるアイテムなんです」(百々)。

 

ラメスカートなど、華やかなアイテムをデイリー仕様に落とし込むにもパーカは最強の働きをしてくれます。
パーカ2万8000円/オーラリー 03-6427-7141、スカート4万6000円/デミリー(サザビーリーグ 03-5412-1937)、バッグ4万6000円/ペティート カレッジ(アダム エ ロペ 0120-298-133)

「ラメスカートなど、華やかなアイテムをデイリー仕様に落とし込むにもパーカは最強の働きをしてくれます。ちなみに、その明るい色みには“レフ板効果”もあり、顔映りもアップします」(百々)。

 

教えてくれた女性はこの人!
百々千晴(どどちはる)●徳島県生まれ。雑誌やカタログ、広告などで大人気のスタイリスト。モデルやタレントからの支持も厚く、ご自身のインスタライブも話題だ。著書には『THE DODO JEAN-ジーンズ3本でスタイルは決まる!』(ワニブックス刊)がある。instagram@dodo_chiharu

 

土屋文護(TRON)=写真 美舟(SIGNO)=ヘアメイク 塚田由紀子=編集・文

# オーラリー# ジャケット# マウンテンパーカ# 女性目線
更に読み込む