そこが知りたい! 女性が好きな男服 Vol.4
2020.09.07
FASHION

楽しく気軽にシェアしない? スタイリスト百々千晴さんが提案する服付き合い

「ビッグシルエットブームを追い風に、今じゃ女性が男性の服を着ることも珍しくない。とはいえ、それがパートナーとシェアできるかというと別の話。もともと男性はモノに対して、いい意味で所有欲や執着心が強い気がしていて……意外に断られるんですよね」。

そう話すのは、パートナーとのアイテムシェアを提案してくれたスタイリスト・百々千晴さんだ。

「私の理想を言えば、乾燥機の中から偶然見つけたパートナーのTシャツを無断で拝借。それを着て夕方に合流した彼に『いいじゃん、その俺のTシャツ。似合ってる!』とかポジティブに反応してくれたらすごくうれしい!

もちろんモノを大切にするのはいいことだし、愛着もわかります。でも服は消耗品。服もクルマも、擦ってナンボ(笑)。だから、大らかな気持ちでパートナーとシェアしていただけたら幸いです」。

 

定番服にこそ刺激を
「ジル サンダー」の白シャツ

「必要なら、100通りコーディネイトを組めます」そう語る百々さんにとって、白シャツは永遠の定番だそう。だからこそ、今の気分を上手に取り入れたアップデートは不可欠だとか。

そこで、ジル サンダーの「7 DAYS SHIRTS」。1週間それぞれの日のために、異なるデザインを提案するシリーズの水曜日デザインです。スタンドカラーとフラップ付きポケットが特徴で、今年らしさときちんと感と、ラフさが好バランス!

白シャツこそ、肩肘張らないゆるい着こなしが素敵です。バンドカラーもあえてボタンを外し、腕は捲ってラフさを出して。
シャツ9万4000円、パンツ15万3000円/ともにジル サンダー(ジルサンダージャパン 0120-919-256)

「白シャツこそ、肩肘張らないゆるい着こなしが素敵です。バンドカラーもあえてボタンを外し、腕は捲ってラフさを出して。裾は出さずにタックインが気分です」(百々)。

 

仕立ての良いシャツはメンズの大きめサイズを女性が着ても収まりがいい。まるで最初からそういうデザインだったかのように肩のラインの落ち方がキレイなんです。
シャツ9万4000円、ベスト25万5000円、ドレス18万6000円、バッグ17万5000円、靴8万6000円/すべてジル サンダー (ジルサンダージャパン 0120-919-256)、レギンスは私物

「仕立ての良いシャツはメンズの大きめサイズを女性が着ても収まりがいい。まるで最初からそういうデザインだったかのように肩のラインの落ち方がキレイなんです。今年らしい白のレイヤードコーデにもぴったり♡」(百々)。

NEXT PAGE /

レイヤードに効く
「アクネ ストゥディオズ」のウールトップス

プルオーバージャケットと呼ばれるこちらは、「ベーシックなのに佇まいが美しくて、大好き」と百々さんも太鼓判を押す逸品です。

表地は滑らかでハリのあるウール100%。しっかりと裏地が付いた作りも秀逸。あくまで重ねる前提のカッティングだから袖を通すとさまざまな表情を見せてくれます。きっとレイヤードが楽しくなるはずですよ。

フードを覗かせるのは重ね着の常套手段。トップスに合わせてグレーで揃えたパンツはスエード製です。
トップス6万2000円[参考価格]、パーカ4万5000円/ともにアクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ 03-6418-9923)、パンツ15万円/オーラリー 03-6427-7141、バッグ8万2000円/リュニフォーム(リュニフォーム トウキョウ 03-6812-2930)

「フードを覗かせるのは重ね着の常套手段。トップスに合わせてグレーで揃えたパンツはスエード製です。素材感を変えるだけで、着こなしにグッと奥行きが生まれますよ」(百々)。

 

インナーにブラウンのタートルネックを合わせていますが、ウール同士を重ねることで顔回りにニュアンスが生まれます
トップス6万2000円[参考価格]/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ 03-6418-9923)、ニット2万1000円、パンツ3万9000円/ともにロンハーマン 03-3402-6839、バッグ16万8000円/ルメール(エドストローム オフィス 03-6427-5901)、ハットは私物

「インナーにブラウンのタートルネックを合わせていますが、ウール同士を重ねることで顔回りにニュアンスが生まれます」(百々)。

 

教えてくれた女性はこの人!
百々千晴(どどちはる)●徳島県生まれ。雑誌やカタログ、広告などで大人気のスタイリスト。モデルやタレントからの支持も厚く、ご自身のインスタライブも話題だ。著書には『THE DODO JEAN-ジーンズ3本でスタイルは決まる!』(ワニブックス刊)がある。instagram@dodo_chiharu

 

土屋文護(TRON)=写真 美舟(SIGNO)=ヘアメイク 塚田由紀子=編集・文

# アクネ ストゥディオズ# ジル・サンダー# ウールトップス# 女性目線# 白シャツ
更に読み込む