スニーカー世代を刺激する「一足触発」 Vol.66
2020.06.27
FASHION

知る人ぞ知る「アサヒ」のスニーカーは、なぜ世界から称賛されるのか?

1892年に福岡・久留米市で創業したゴム靴メーカー、アサヒシューズ。この名門が自らの名を冠したスニーカーブランド「アサヒ」をひそかにローンチしていたのをご存じだろうか。

1892年に福岡・久留米市で創業した老舗のゴム靴メーカー、アサヒシューズ。

今なお告知らしい告知はしていないが、すでに海外からも引き合いがあるという。

 

杜氏が丹精込めて醸したようなスニーカー

商品デザイン課、横田友樹さんの話をひととおり聞いて頭に浮かんだのは、日本酒業界のことだった。

酒蔵は年に1回行われる品評会に向けて、持てる力を出しきった酒を造る。普段は使わない職人技もこうして定期的にほこりを払い、油を差してやることで蔵全体の底上げにつながり、そして次代にバトンが託される。

アサヒは、当時専務だった現社長、牛島紀幸さんが中心となって2016年秋に呱々の声をあげた。狙いはとりもなおさず、技術継承にあった。糊やゴムの配合に最先端のレシピを採り入れつつ、土台となる部分のほとんどは昭和時代の設備、職人仕事を総動員して造られているという。

「裁断、縫製、吊り込み、糊引き、そしてゴムを練り、ソールを焼く工程。そのすべてに職人の手が入っています」(横田さん)。

自社で焼き、スライスし、削り出したソールは工芸品のようなオーラを持つ。そのソールは後述するモデル「アサヒ トレーナー」に搭載されている。

こちらが「アサヒ トレーナー」。横から見ると、計算されたソール構造がよくわかる。1万5000円/アサヒ(アサヒシューズ 0120-48-1192)

にわかには信じがたいけれど、ラストや製法は1980年代からほぼほぼ姿を変えていないという。

オリジンへのオマージュをたっぷりと込めるかたわら、遊び心も忘れていない。カラーリングは社屋の壁面や床、製靴機械から着想を得ているというから面白い。

ロゴは創業から1988年──コーポレイトアイデンティティを導入し、日本ゴムからアサヒコーポレーションに社名を変更した年(現在はアサヒシューズ)──まで使用していた書体を採用した。そのロゴは手書きだった。どうりで味わい深いはずである。

「若手社員はその新鮮な顔つきに歓声をあげ、古株の社員は『懐かしいねぇ』と目尻を下げました」(横田さん)。

NEXT PAGE /

アメリカのマスターピースとの関係

「アサヒシューズはかつてアメリカや国内の著名ブランドのOEM生産を請負っていました。アサヒにラインナップされるモデルはその幕開けとなる1970年代のアーカイブに範をとっていますが、ブランドの名は明かせません」(横田さん)。

これぞデッキシューズ、な「アサヒ デッキ」。底まわりのカラバリにはグレー、ベージュ、黒、ホワイトなどがある。バルカナイズ製法。1万円/アサヒ(アサヒシューズ 0120-48-1192)

現在、アサヒがメイン・コレクションとして展開しているのは「アサヒ デッキ」「アサヒ トレーナー」「アサヒ ベルテッド」の3つ。横田さんの男気を買って野暮なことはしないけれど、スニーカーに一家言ある読者ならいずれも見覚えがあるだろう。

アサヒ デッキはアメリカの名作デッキシューズを参考に商品化した自社ブランドの「ビッグベン」がルーツだ。その確かなものづくりで、著名ブランドのOEMを引き受けてきたのは知る人ぞ知る話である。

有機的なパターンメイキングが美しいランニングシューズ「アサヒ トレーナー」。アッパーはレザーとポリエステルのコンビネーション。セメンテッド製法。1万5000円/アサヒ(アサヒシューズ 0120-48-1192)

アサヒシューズは数々のランニングシューズも手掛けてきた。往年のマスターピースをもとにつくりあげたのが「アサヒ トレーナー」だ。先に説明したとおり、ソールは職人の経験と勘が頼りのその時代のプロセスを経て完成する。

ソールと並行して走るコットンテープが絶妙なアクセントになっている「アサヒ ベルテッド」。
ソールと並行して走るコットンテープが絶妙なアクセントになっている「アサヒ ベルテッド」。バルカナイズ製法。1万3000円/アサヒ(アサヒシューズ 0120-48-1192)

「アサヒ ベルテッド」のルーツはバスケットボールシューズやテニスシューズ。耐久性を求め、キャンバスに変わるアッパーの素材としてポピュラーになりつつあったレザーはバルカナイズ製法と相性が悪く、ソールの剥離やアッパーの亀裂が指摘されていた。 アサヒシューズはソールとアッパーの間にコットンテープを挟むアイデアでこれを克服、このジャンルでも一世を風靡したのだった。

しかし、それにつけても目を引くのは展開点数の少なさだ。アサヒシューズはその狙いについて、いみじくもこう語っていた──このブランドは売り上げを稼ぐよりも製造現場のブラッシュアップを図るために存在している。海外から引き合いをいただいているが、やみくもに規模を拡大するようなことはしない、と。

NEXT PAGE /

進取の気性と伝統墨守の共存

アサヒシューズの歴史は、福岡久留米で石橋徳次郎が1892年に創業した仕立物屋「志まや」まで遡ることができる。

1907年に足袋事業に転換し、1922年に誕生したのが足袋にゴムを貼り付けた地下足袋だった。お膝元の三池炭鉱に持ち込み、今でいうテストマーケティングを行ったところ高い評価を受け、1923年に満を持して販売を開始した。

頭に“地下”をつけたのは、炭鉱労働者への敬意のあらわれである。その後は炭鉱のみならず、多くの製造現場、農業現場へと広がり、日本の労働者に欠かせないフットウェアとなった。

2代目徳次郎を襲名した長男の重太郎とともに草創期を支えた次男の正二郎はその後、豊富にあったゴムを元手にタイヤ部を発足、1931年にブリッヂストンタイヤ(現ブリヂストン)として独立した。

アサヒシューズに一貫して流れるのは、進取の気性という企業風土だ。戦後は子供靴や上履きでスクール市場を、そして快歩主義、アサヒメディカルウォークといったブランドでコンフォートシューズ市場を切り拓いてきた。

その慧眼っぷりに目を奪われてつい見過ごされがちだが、一貫生産の態勢を今もって守り続けている点も忘れてはならない。アッパー素材やラバーなどの原料こそ仕入れているものの、横田さんも触れていたように裁断、縫製、バルカナイズ製法などの底付けにいたる製靴工程はすべて自社工場で完結させている。

ゴム練り(天然ゴム、合成ゴム、薬品や顔料の配合)と焙造(熱と圧力によるソール加工)を内製しているシューメーカーは世界を見渡しても稀だ。

のみならず、OEM生産で腕をふるった職人がなお先頭に立ってアサヒの生産に携わっている。

かつて国内外のブランドが一目置いた当時のモデルを当時の職人技を駆使して蘇らせたコレクションは、それだけで琴線に触れる。けれど、それもこれも伝統を重んじる精神があってこそである。

映画やドラマにつかわれそうな、古式ゆかしい1930年に建てられた社屋では、手動のエレベーターが今もせわしなく行ったり来たりしていた。

 

【問い合わせ】
アサヒシューズ
0120-48-1192

竹川 圭=取材・文

# アサヒシューズ# スニーカー
更に読み込む