夏まで待てない……「Tシャツ」大特集! Vol.25
2020.06.20
FASHION

部屋着がイケてる主人公に注目! 石川三千花の「勝手にシネマ」なルームウェア

一般的に家で着る服は、リラックスするためにあまり派手なものは選ばないのが普通の感覚ではないだろうか。ネオンカラーがチカチカするTシャツや、アニマルプリントと訳のわからぬプリントの柄オン柄のシャツを家で着るような男は、よっぽどのモードマニアか脳内クラブハウス野郎。

映画の中で見るルームウェアだって大概はモノトーンで、体にも心にも優しい気取りのない服がほとんどなのである。そして、派手な色モノや普通の人にはちょっと手が出ないレベルの柄モノの服を着ている映画の主人公は、例外なく変わっています!

そして、彼らは普通の人と違っているがゆえに刺激的で案外いいやつだったりする。

何といっても、世間にとらわれず、自分が好きなものを身に着けるという強さ、まあ、ときには神経が野太くマイペースともいえるのだが、自由に自己表現できる人物というのは羨ましくもあり、見ていてなんだかワクワクするものだ。

そんな色モノ&柄モノのおうち服を実にカッコ良く決めているキャラクターが出てくる作品でオススメなのが、マドンナの初監督映画『ワンダーラスト』だ。

そんな色モノ&柄モノのおうち服を実にカッコ良く決めているキャラクターが出てくる作品でオススメなのが、マドンナの初監督映画『ワンダーラスト』だ。

主人公のAK(ユージン・ハッツ)は、ミュージシャンを夢見ながらロンドンで暮らすウクライナ移民の青年。だが現実は厳しくて、SMの調教師(!)をしながら夢を諦めずに邁進する変わり種だ。なんともユニークな主役を演じるユージン・ハッツは、マドンナが惚れ込んだジプシーパンクバンド、ゴーゴル・ボルデロのボーカルを務めるミュージシャン。

マドンナは最初から彼を念頭に置いて脚本を書いたらしく、役柄は彼自身を投影したようなキャラだ。着ているものも、本人の普段着そのままじゃないのかと思うくらい、超自然。彼らの音楽と同じようにルールにとらわれずごちゃ混ぜで、派手な色や柄モノのシャツも計算を超えた自由な感覚で体に馴染ませて、独自のスタイルとなっている。

ある日の彼の家での格好は、グリーンとイエローの切り替えのあるアディダスのタンクトップ。ボトムはライン入りのジャージで、スポーツウェアということになるのだが、ユージンが着れば、途端に個性的なロックテイストのルームウェアになるカッコ良さ。いつも着けっぱなしのネックレスやスタッズ腕輪のアクセサリーも彼のスタイルを作る印象的なアイテムだ。

ほかにも全面に星柄のシャツや真っ赤なシャツを違和感なく着こなすユージン・ハッツは、ボーカルスタイルもエネルギーに満ちた生命力の塊のようなミュージシャンで、2008年のグッチの秋冬メンズコレクションでは、彼のファッションや存在そのものがインスピレーション源になったという。

おかしかったのは、とことん派手で自由奔放なユージン・ハッツの寝ているときの格好が、上半身裸に黄緑のブリーフ、そして真っ赤なハイソックスだった! 彼流の、究極のルームウェアですね。

いや〜、逆境にあっても夢をかなえるようなカリスマのミュージシャンは、やっぱりフツーじゃない。

NEXT PAGE /

’96年の大ヒット作『トレインスポッティング』で、スキンヘッドの薬物中毒者役を演じてブレイクしたユアン・マクレガー。

’96年の大ヒット作『トレインスポッティング』で、スキンヘッドの薬物中毒者役を演じてブレイクしたユアン・マクレガー。彼が着ていた黄色のチビTシャツも、その役柄同様にインパクトがあった。

当時のユアンは24歳で今と比べると相当にガリ痩せだ。無理もない。彼の役柄は、スコットランドに住む地元のどうしようもないヘロイン中毒仲間とつるむ若者で、食べるよりはまずタバコ、という不健康極まりない日常なのだ。だがしかし、映画の中ではスリムな体だからこそカッコ良く着こなせる古着のツンツルテンなTシャツと、脚にぴったりと張り付いて色褪せたブラックデニムが似合っていた。

よく見ると、その黄色のチビTシャツの胸にはビーチに横たわる裸の美女のプリントが。これを見つけてきた衣装係のセンスの良さよ。スキンヘッドの頭のてっぺんから、履き古したハイカットのスニーカーの足の爪先まで、ロンドンテイストに満ちたルームウェアとなっている。

面白いことに、ユアンが演じるレントンは薬物依存の生活からの脱却を試み、ひとりロンドンの不動産会社に勤めて、グレーのスーツを着るようになるのだが、家に戻れば白シャツ姿になる。これが全然、彼らしくないのだ。

堅気の仕事をする世界に飛び込んで満足する半面、麻薬のない暮らしは何か心許なくしっくりいかない。案の定、彼は元の世界に引き戻ってしまう。

薬物の問題はさておき、ユアンが白のワイシャツから以前の色モノのTシャツとデニムの格好になって戻ってくると、再びそのキャラクターとファッションがしっくりいくのだ。その人らしさとは、ファッションに表れるものだと今更ながら思った次第だった。

家だからこそ世間にとらわれず色モノを!

家だからこそ世間にとらわれず色モノを!

1_ウォッシュの掛かったペールパープルが味のあるスウェットショーツ。4万5000円/アレキサンダーワン 03-6418-5174

2_手織りの布を使用した柔らかな風合いのセットアップはぐっすり寝られそう。でも色みはパキッと目の覚めるオレンジ。シャツ1万5000円、パンツ1万8000円/ともにルーマー(アルファ PR 03-5413-3546)

3_さまざまな色みのバンダナ柄をクレイジーパターンに。ロングガウンだけど肩のこらない薄手コットン。11万円/チルドレン オブ ザ ディスコーダンス(スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)

4_鮮やかなスカイブルーで家の中でも晴れ気分。毛足の短いパイル素材カットソーはチルに最適。2万5000円/フェデッリ フォー RHC(RHC ロンハーマン 045-319-6700)

 

石川三千花●イラストレーター、エッセイスト。『石川三千花の勝手にシネマ』(文藝春秋刊)、『石川三千花の勝手にオスカー』(集英社刊)をはじめ、映画のワンシーンと登場人物のファッションを独自の視点で切り取った著書にファンも多数。

# ルームウェア# 映画# 石川三千花
更に読み込む