ユースケ部長も登場! 「とにかく気分がアガる服」特集 Vol.18
2020.05.15
FASHION

見ためも気分も爽快!この夏は旨そうなシャーベットカラーを

定番アイテムを清涼感あふれるシャーベットカラーでチョイス。この鮮やかな色合いは、きっと僕らを明るい気分にしてくれるはずだ。

今年の夏は食べるのではなく、着るシャーベットを!

 

「フェデッリ」のニット

「フェデッリ」のニット
各7万円/すべてフェデッリ(トレメッツォ 03-5464-1158)

まるでアイスクリーム店のショーウインドーのように、ずらりと並んだキレイ色。薄手で軽やかなハイゲージニットは極上のカシミヤ素材で、イタリアの老舗ならではの発色の良さが最大の魅力だ。

シンプルデザインによる汎用性もさることながら、この圧巻の色展開。今の時季からならショーツとのコーディネイトを楽しんで。

 

「フランク&アイリーン」のシャツ

「フランク&アイリーン」のシャツ
シャツ2万6000円/フランク&アイリーン(サザビーリーグ 03-5412-1937)、デニム2万8000円/リーバイス ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

洗いざらしの質感が映える薄手のコットンポプリン製のシャツ。ミントグリーンというなかなか珍しい色みは、スーッと鼻に抜ける薫りのごとく爽やか&マイルドで、シワが増えてきた40代の顔回りをフレッシュに演出してくれる。

米国西海岸発。オーシャンズ読者ならこのシャツの魅力わかるよね? 

 

「スタジオ ニコルソン」のニット

「スタジオ ニコルソン」のニット
ニット4万9000円/スタジオ ニコルソン(キーロ 03-3710-9696)、パンツ1万3000円/ワイルド シングス(インス 0120-900-736)

爽快なレモンイエローが目を引くニット。コットンとナイロンの混紡素材でさらりとしたタッチが快適。

よく見れば平たいリボン状の糸で編み立てた、凹凸のある質感も特徴で、ロール処理されたネックや袖口の表情がさりげなくキュートだ。

 

谷田政史(CaNN)、川田有二=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介、松平浩市=スタイリング 勝間亮平=ヘアメイク 加瀬友重、髙村将司、増田海治郎、いくら直幸、増山直樹、秦 大輔、今野 壘、菊地 亮=文

# フランク&アイリーン# シャーベットカラー# シャツ# ニット
更に読み込む