それは禁断の着心地……愛さずにはいられない「楽な服」! Vol.15
2020.04.09
FASHION

オーシャンズの看板モデルはどう着こなす?ラルフの三者三様の着こなし

僕らの永遠の定番であるラルフ ローレン。

オーシャンズ看板モデルの三人に、その尽きない魅力を聞いてみた! 三者三様の着こなし、キミはどれが好み?

 

愛用しているラルフ ローレンのアイテムを聞くと「Tシャツとキャップ。どちらも10年選手です」。/ポロ ラルフ ローレン
[左]ラガーシャツ1万8000円、パンツ3万2000円、ブルゾン3万3000円/すべてポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 0120-3274-20)、カットソー、スニーカーは私物 [右]ラガーシャツ1万8000円、肩に掛けたパーカ2万1000円、パンツ3万2000円/すべてポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 0120-3274-20)、カットソーは私物

ラガーシャツがとびきり似合うマーシーこと、三浦理志さん。愛用しているラルフ ローレンのアイテムを聞くと「Tシャツとキャップ。どちらも10年選手です」。廃れずに常にワードローブの一軍でいられるのは、アメリカントラッドを地でいく仕立てと素材の良さからだ。

三浦理志●モデル。湘南育ちでサーフィン歴は30年超。プロ並みの料理の腕前で「ミウラメシ」も好評連載中。
instagram@mar4m

 

「古着の細かなディテールを再現して今っぽくアップデートしてくれているのがいいですよね。さらにどこからか優雅さや上品さが漂ってくる」/ポロ ラルフ ローレン
[左]デニムジャケット3万9000円、ベスト3万3000円、シャツ1万7000円/すべてポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 0120-3274-20) [右]デニムジャケット3万9000円、ベスト3万3000円、シャツ1万7000円、パンツ1万8000円/すべてポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 0120-3274-20)、スニーカーは私物

「古着の細かなディテールを再現して今っぽくアップデートしてくれているのがいいですよね。さらにどこからか優雅さや上品さが漂ってくる」とラルフ ローレンの魅力を語る池上幸平さん。温故知新のもとに進化を続けるブランドの服はやはり、底知れぬ存在感と説得力を備えているのだ。

池上幸平●俳優、モデル。年に数回、国内外でバイイングなども手掛けるほど古着に造詣が深い。
instagram@koheiikeue

 

アメカジ&渋カジブームを経てアメリカンクラシックを愛する彼には、アーガイル柄のカーディガンを利かせた紺ブレスタイルに挑戦してもらった。/ポロ ラルフ ローレン
[左]カーディガン4万4000円、シャツ1万7000円、タイ1万7000円、手に持ったジャケット10万5000円、パンツ4万1000円/すべてポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 0120-3274-20)、靴は私物 [右]ジャケット10万5000円、カーディガン4万4000円、シャツ1万7000円、タイ1万7000円/すべてポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 0120-3274-20)

「学生の頃から身近にあるブランドで、今もニットを数枚持っています」と話すのは、オーシャンズ看板モデルのユースケこと、平山祐介さん。アメカジ&渋カジブームを経てアメリカンクラシックを愛する彼には、アーガイル柄のカーディガンを利かせた紺ブレスタイルに挑戦してもらった。

平山祐介●俳優、モデル。クルマとバイクを愛し、充実の“6輪”生活を送る。
instagram@yusukehirayama_

柏田テツヲ(KiKi inc.)=写真 松川 総(TRON)=スタイリング 小嶋克佳(TRON)=ヘアメイク 大西陽子=編集・文

# ラルフ ローレン# 三浦理志# 平山祐介# 池上幸平
更に読み込む