みんなの“欲しいモノ”を徹底特集! 「2020年、これ始めます」カタログ Vol.53
2020.02.18
FASHION

何度でも言います!デニムの今どきシルエット、その名はワイドテーパード

デニムは休日の一軍パンツ。それだけに男は一度お気に入りを見つけると、どうしても「安定&安心の一本」に頼ってしまう。とはいえ、“万年同じ”を繰り返せば気分もアガらないし退屈にもなる。果てはデニムに対して無関心になる、なんてことにもなりかねない。

そこで、昨年からオーシャンズが提案するニューシルエットの出番。120%フレッシュな見た目&気分を約束するので、今年も改めて大推薦。

 

ワイドテーパードデニムのとってもイイところ3つ

ワイドテーパードデニム/ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ
2万3000円/ザ・ハートブレイカーズ 03-6447-0361

「ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ」
アメリカ西海岸のサーファーやスケーターをイメージして、1990年代に流行した傑作ワークパンツ。「サンダース」と名付けられた人気モデルは、ズドンと太いそのアメリカンフィットをベースとする。腰回りのゆとりを残しながら、膝下を緩やかにシェイプしてカスタム。コットン100%のノンストレッチ生地だが、ゆったりとしたパターンワークにより窮屈さはない。またコインポケットに使われた赤ミミも、濃紺ボディに映える効果的なアクセントに。

Check 1 余裕の腰回りでストレスなし♪
ゆったり余裕のある腰回りは、気になるポッコリ腹を締め付けることなく、我々オッサンを含め万人に優しい♡ だから、ノンストレッチでもノンストレスではけるのだ。

Check 2 股上が“深い”から不快じゃない
股間がキュッと窮屈&蒸れやすいローライズとは違い、股上がたっぷりと深いのでリラックス感があり、風通しも良し。下っ腹も無理なく収まり、体型を隠せるというメリットも。

Check 3 長く美しい脚線を演出する
ゆとりのある腰回り&太腿に対し、膝から裾へとスッキリ細くなるのがワイドテーパードシルエットの特徴。この流麗なシルエットには、脚線を長くキレイに見せてくれるステキな効果が期待できるのだ。

NEXT PAGE /

いつもの格好に合わせたときの新しいバランスにヤミツキになる

ワイドテーパードデニムの魅力は、はき心地がラクで、脚がきれいに見えるだけにあらず。
デニム2万3000円/ザ・ハートブレイカーズ 03-6447-0361、スウェット1万8000円/エイチ ビューティ&ユース 03-6438-5230、Tシャツ4900円/フリークス ストア(フリークス ストア渋谷 03-6415-7728)、スニーカー8000円/ヴァンズ(ヴァンズ ジャパン 03-3476-5624)

ワイドテーパードデニムの魅力は、はき心地がラクで、脚がきれいに見えるだけにあらず。いつものスウェット&履き慣れたローテクスニーカーといった、手持ちのアメカジアイテムとも難なく馴染み、それでいてウンと今っぽい印象へと変わるのもイイところ。だからビギナーであっても、臆せずにシフトできるのだ。

 

オーシャンズの誌面を飾ったワイドテーパードデニムが大反響!

[上]2019年11月号のデニム特集、[左下]2019年11月号の表紙、[右下]2019年5月号の表紙

オーシャンズでは昨年頃からワイドテーパードデニムを提案しており、そのたびに大きな反響を得てきた。なかでも表紙や特集でフィーチャーし、誌面で着用したモデルのマーシーも即購入したというベドウィン & ザ・ハートブレイカーズの「サンダース」は、掲載後にメガヒットを記録(拍手!)。まだ未体験のアナタにも、ぜひお試しいただきたいのだ。

 

清水健吾=写真 菊池陽之介=スタイリング 松本和也(W)=ヘアメイク 髙村将司=文

# ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ# デニム# ワイドテーパード
更に読み込む