2019.10.25
FASHION
PR

ミリタリーの名作ダウンをモダンにモディファイ、万能すぎる傑作の誕生だ!

今年、設立10周年を迎える417 エディフィスから注目のアイテムをピックアップ。そのアイテムの魅力と、それを使ったコーディネイトを紹介する連載企画。今月の注目アイテムは……

3社コラボで生まれた現代版「モンスターパーカ」

ダウンジャケット4万円/ワイルドシングス×ウィズロム×417 エディフィス(417 エディフィス 03-5456-6971)

ミルスペックにおいて「PCUレベル7」という最低気温での着用もかなう防寒性を満たした「モンスターパーカ」現代版。3社コラボにより、シャープな都会顔に仕上がっている。このパーカをかつて米軍に納入した履歴もある本格アウトドアブランド、ワイルドシングスの名作をベースに、シェル素材やシルエットをモディファイしたのが、都市生活者への質の高いリアルクローズを追求するウィズロム。まさに、仕掛けた417 エディフィスのナイスキャスティングだ。中綿には、米軍が高品質を課した極細繊維からなる機能素材「プリマロフト」を使用。水に強く、保温性、かさ高は申し分なしだ。

「モンスターパーカ」の詳細はこちら


これ一着で十分「様になる」から、着こなしは簡単。だけど、室内に入ればアウターは脱ぐわけで、こちらではインナーに何を合わせるといいかを指南しよう。

モノトーンに徹しながらも、ケーブル編みでアクセントを 

ダウンジャケット4万円/ワイルドシングス×ウィズロム×417 エディフィス、ニット1万8000円/インバーアラン×417 エディフィス、パンツ1万2000円/グラミチ×417 エディフィス、ソックス900円/417 エディフィス、靴1万7800円/マネブ×417 エディフィス(すべて417 エディフィス 03-5456-6971)

モノトーンに徹しつつ、単調に見えないようインナーにはケーブルニットを。編み柄がアクセントとなり、着こなしに立体感を与えてくれる。フロントを開けて着る際も、これならいい感じに仕上がるはずだ。

NEXT PAGE /

同時にチェックしたい、もうひとつの傑作ダウン

上の「モンスターパーカ」と同時に発売となった、ショート丈のダウンジャケットにも注目を。同じくミリタリーの名作「ハッピージャケット」をベースにしていて、さりげなくも気の利いた別注を施している。フロントを閉めても開けても様になる一着の万能具合を、2つのスタイリングと一緒にチェックしていこう。

あの「ハッピージャケット」も現代的にアップデート!

ダウンジャケット3万7000円/ワイルドシングス×ウイズロム×417 エディフィス(417 エディフィス 03-5456-6971)

ヴィンテージ好きのなかでは常に高値が付くミリタリーダウン、通称「ハッピージャケット」にも、同様の別注を施した。米軍特殊部隊の「PCU レベル7」という最低気温での着用を想定し、プリマロフトを中綿に採用。スペックは元ネタそのままをキープしながらも、ウィズロムの特徴である都会的なシルエットを取り入れることで街に映える一着に。ボディとアームで切り替えた素材使いがアクセント。

「ハッピージャケット」の詳細はこちら


Style01
ミリタリー出自を活かしたアメカジ・スタイル

ダウンジャケット3万7000円、カットソー6000円/ともにワイルドシングス×ウイズロム×417 エディフィス、デニム1万2000円/グラミチ×417 エディフィス、靴2万3000円/クラークス(すべて417 エディフィス 03-5456-6971)

色落ちデニムにクラークス、そこに別注ダウンを合わせた往年のアメカジは合わないはずはない。しかもそれがちっとも古臭く見えないのは、ダウンのシルエットをシャープにモディファイしているからだ。実はインナーも、ワイルドシングス×ウィズロム×417 エディフィスのトリプルコラボ。ベージュトーンの絶妙なカラーコーデが楽しめる。

NEXT PAGE /

Style02
シャツスタイルの上から羽織っても問題なし!

ダウンジャケット3万7000円/ワイルドシングス×ウイズロム×417 エディフィス、シャツ7400円/417 エディフィス、パンツ6000円/417 エディフィス、靴1万7800円/マネブ×417 エディフィス(すべて417 エディフィス 03-5456-6971)

ミニマルにデザインされた「ハッピージャケット」だが、素材を切り替えた袖や長めに設計されたハンドウォーマーのジップなどによって、フロントを閉めても物足りなさはない。また、上品なライトグレーのパンツなどのきれいめな服とも好相性で、さまざまなスタイリングで活躍することがわかる。

よって、インナーにストライプのシャツを使った上品なスタイルに羽織っても問題なし。むしろ、アウターの骨太な印象がアクセント役になってくれる。


ミリタリーの傑作とされる2つのダウンを、現代的にアップデートした417 エディフィスのナイスワーク。その仕事ぶりに頼らない手はないはずだ。

【問い合わせ】
417 エディフィス 渋谷店
03-5456-6971
https://baycrews.jp/brand/detail/417

山本雄生=写真 来田拓也=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 髙村将司=文

# 417 EDIFICE# 417 エディフィス# ダウンジャケット
更に読み込む