2019.10.01
FASHION
PR

安心と刺激を、すべての「ディーゼル」デニムラバーたちへ

何歳になっても付き合っていくデニム。だからこそ僕らは、またそこに立ち戻れる安心感と表裏一体となる、マンネリを回避してくれる刺激を求める。大好きなディーゼルには、その両方がある。だから今日もこのデニムを選ぶんだ。

試食すべきベルベットデニムという新味


[左・右]Dーバザー各3万6000円、[中]Dーバイダー4万2000円/すべてディーゼル ジャパン 0120-55-1978
ファーストペンギンが、まだ見ぬ大海に飛び込んだ先に、誰も足を踏み入れていないブルーオーシャンが広がっている。今季、デニムとベルベットの融合という未踏の地に、ディーゼルは飛び込んだ。デニムへの弛まぬ探究心から独自技術でそれを実現してしまったのだ。洗いをかけたデニム生地の表面に、静電気を帯電させ垂直に立たせたケバを接着。

Back Side

その上から手作業によるヒゲ加工により、着古した使用感を演出しているのだ。トリッキーな手法だが、試行錯誤の賜物だろう。結果、ヴィンテージ感のあるベルベット調デニムという斬新な一本を開発。テーパードシルエットのモデル「D-バイダー」と「D-バザー」に採用された、これまでに存在しなかったまったくの新味。

しかも、ドレッシーに見せるも、ワイルドに見せるも自分次第なのだから、なんと刺激的なことか。もちろんディーゼルがこれまで培ってきたデニムブランドとしての安心感があるからこそ、この挑戦も躊躇なく可能となる。なるほど、まずは一本試食すべきというのも頷ける。否、その味わいの虜となった暁には、3本とも手に入れて「実食」してしまうかもしれないね。

デニム4万2000円、ニット2万3000円、Tシャツ1万4800円、スニーカー1万8800円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

現代デニムの本流であるテーパードシルエットを採用しているため、立ち姿がキマる「D-バイダー」。艶やかで奥行きのある素材感をさらに楽しむなら、ヘリンボーン編みのニットを掛け合わせるのも面白い。何げないミリタリーなカジュアルに、独特なエレガンスが加わるのだ。

NEXT PAGE /

絶対定番の青と実験的な黒デニム

[左]ディールフィージョグジーンズ5万8000円、[右]トマーティ ジョグジーンズ3万8000円/ともにディーゼル ジャパン 0120-55-1978
絶対定番という言葉は二律背反する要素を併せ持つ。完成形ゆえ絶対的に安心ではあるものの、そこに安住することで時代に取り残される危険性も孕むからだ。ところが進化を止めないディーゼルだからこそ、やすやすと「絶対定番」の定義すら覆す。「ジョグジーンズ」コレクションによってだ。加工デニムやストレッチなど、徐々にデニムに求められるものが変わるなかで、まさかスウェットとデニムの素材感を融合したのだから、当然ともいえる。

Back Side

今やそれを悪だと考える原理主義者はほぼ絶滅したといっていいほどに浸透した。そう、新たな「絶対定番」を作ってしまったのだ。一方、実験的な手法による刺激の追求にも余念はない。右が安心のインディゴデニムであれば、左は、バキバキのメタリックコーティング仕様。しかも、切り替えの入ったモードなバイクパンツのデザインを採用。一見レザーのようで、紛うことなきデニムなのだ。腰回りを飾るシューレースも良きアクセント。縦横無尽にデニムの価値観を往来する姿は、デニム好きなら無条件に魅了されるだろう。

デニム3万8000円、ブルゾン3万2000円、ニット2万3000円、スニーカー3万7000円、バッグ1万1800円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

「ジョグジーンズ」コレクションが擁するスリムシルエットの新作は、ゴールデン加工という専用のスプレー&ブラシによる加工で色落ちを馴染ませ、リアルな経年変化を追求。クルーネックのニットにボアブルゾンを羽織る程度の自然体でいたい休日に、さらなるリラックス感とはくだけでサマになる好ビジュアルを提供する。

デニム5万8000円、ブルゾン9万2000円、Tシャツ8800円、スニーカー1万6800円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

このところ注目されているオールブラックの装いに格好のスパイスとなるのが、メタリック加工を施した新作デニム。生地表面に黒顔料と金属粉を混ぜた塗料をスプレーし、独自の表情を獲得。これによりレザーブルゾンやスニーカーで表現したモノトーンコーデに奥行きが生まれるのだ。

NEXT PAGE /

はき心地革命2019、知らぬは一生のソン!

同素材の[左]ジャケット6万9000円、[右]3万6000円/ともにディーゼル ジャパン 0120-55-1978
デニムモンスター。あえてこう呼びたくなるディーゼルだが、理由は、約半分にリヨセルという合繊を混紡した新作にある。この素材自体は珍しいものではない。原料である天然素材の木質パルプを化学溶剤によって紡糸。細長い繊維による滑らかさと光沢、そして、円形の断面による高い強度が特徴だ。が、やはり骨太さこそ本懐とするデニム好きに受け入れにくい土壌があった。

ところが、「ジョグ ジーンズ」によって風穴を開けたディーゼルだけに、本作では、独自の加工技術を用い、本格デニムの質感はそのままにリヨセルの持つ特徴をしっかりと再現した。結果、さらりと快適にしてドレープ感もある新感覚の一本に。

Back Side

「ジョグジーンズ」コレクションでの採用となり、いかに心地良さを重視しているかがわかる。リヨセル自体、溶剤が再利用されるために廃液が出ないエコロジカル素材としても再注目中。パンツのみならずアウターとしても製作され、楽しみ方の幅も広がる。見た目、着心地、サステナビリティの面でも気持ち良くしてくれるんだから、デニムモンスターという表現に異論はないはずだ。

デニム3万6000円、シャツ2万5000円、Tシャツ1万8800円、ブーツ3万5000円/すべてディーゼル(ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

安定的な人気を誇るテーパードモデル「クルーリーX」での採用ゆえに、いつものアメカジコーデに、リヨセル混の本作を置き換えるだけで自然と馴染む。それでいてさらりとしたはき心地に加え、光沢ある滑らかな見た目も手にできるのだから、試さない手はないだろう。

記事で紹介している商品の一覧はコチラ

[問い合わせ]
ディーゼル ジャパン
0120-55-1978
www.diesel.co.jp

山本雄生=(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 髙村将司=文

# ディーゼル# アメカジ# デニム
更に読み込む