2019.09.28
FASHION
PR

今季のトミー ヒルフィガーのアウターは、きれいめか? サーフか?

オーシャンズな男が生きる場所は、やっぱりなんと言っても街と海である。そこで、街にフィットするきれいめに似合うアウターと、海に向かいたくなるサーフなアウターをガイドする。この究極の2択、はしてキミは選択できるか?

この秋冬の「きれいめ」は定番感のあるアウターでアップデート

ブルゾン3万9000円、スウェット1万4000円、シャツ1万2000円、パンツ1万9000円、靴2万6000円/すべてトミー ヒルフィガー 0120-266-484

トラッドなワードローブにひねりを加えて楽しむプレッピースタイルこそ、時代に合わせたアップデートが大切だ。上品なキャメルカラーが目を惹くウール地のスイングトップを。シャツやスウェットをレイヤードしても、窮屈感がないのはラグランスリーブやレギュラーフィットといった、オーセンティックな仕様のうれしい副次作用だ。パンツはあくまでベーシックなシルエットをチョイスすることが、大人のさじ加減である。

ニット2万3000円、パンツ1万9000円、ブーツ2万9000円/すべてトミー ヒルフィガー 0120-266-484、メガネ10万9000円/ザ・スペクタクル(グローブスペックス ストア 03-5459-8377)

冬の定番、ざっくりとしたローゲージニットは、ドロップショルダーでゆったりとしたシルエットが気分。ブランドイニシャルのTHが連なった模様によるボーダー柄で、袖と裾のシグネチャーカラーが際立つデザインに。タック入りで腰回りに余裕があるグレースラックスを合わせれば、ずばり街の男たちが今求めている「ユルいきれいめ」スタイルである。足元はハイテクスニーカーなんかも似合いそう。

NEXT PAGE /

モノ作りも機能も進化した寒さに強いアウターを!

ダウンジャケット5万9000円、ニット1万9000円、Tシャツ5000円/すべてトミー ヒルフィガー 0120-266-484

寒冷地仕様のフライトジャケットとして知られる「N-3B」型ダウンジャケットは、冷たい北風が滲みるビーチサイドで最強な防寒着となること間違いなし。さらに、取り外し可能なフードファーには人工のエコ素材を採用。スタイルを求め自然を愛する大人サーファーなら共感できるに違いない1着といえるだろう。

ジャケット3万6000円、Tシャツ6000円、パンツ1万6000円、スニーカー1万9000円/すべてトミー ヒルフィガー 0120-266-484、サングラス3万8000円/ジュリアス・タート・オプティカル(グローブスペックス ストア 03-5459-8377)

パッファージャケットはファンクション、つまり機能性を高めた1着で、まさにアクティブなライフスタイルを送るサーファーたちへのおすすめである。機能中綿に加え、雨や雪に強い撥水性と、例えばこれを着たままクルマを運転するときにも快適なストレッチ性を備えたシェルを採用。ベーシックなデザインは、ジャージーやスウェット系のリブパンツを合わせて"スポカジ系"なサーフスタイルのみならず、コーデュロイパンツと合わせたオールドサーフスタイルにも相性良さそう。

[問い合わせ]
トミー ヒルフィガー カスタマーサービス
0120-266-484
https://japan.tommy.com/

水野美隆(zecca)=写真(人物) 石黒亮一=スタイリング 松本和也(W)=ヘアメイク 川瀬拓郎=編集・文

# アウター# トミー ヒルフィガー
更に読み込む