2019.08.27
FASHION
PR

今の自分にも似合う「ヴァルスポルト」の100年スニーカー

イタリアで産声を上げ、100年の歴史を誇る欧州初のスポーツブランドが日本に初上陸。

熟練の職人がハンドメイドで仕立てるレザースニーカーには伝統に裏打ちされた確かな技術と上質な履き心地がある。

「ヴァルスポルト」の100年スニーカー
ヴァルスポルト(チンクエ ステッレ 03-6721-0970)


歴史ある「ヴァルスポルト」、さすがの履き心地

世界最大のメンズファッション見本市、ピッティ・イマージネ・ウォモ(通称:ピッティ・ウォモ)。洒落者たちが集う会場でここ数年目を惹くのが、ジャケットスタイルからTシャツ1枚のラフな着こなしまで、広い守備範囲で好印象に仕上げてくれる白レザースニーカーの存在。イタリア発のヴァルスポルトも、まさにそんな1足。近年プレミアムファッションブランドとしてリバイバルしたが、実は1920年に創業したヨーロッパ初のスポーツメーカー。

Tシャツ9000円/スーペルメルカート、パンツ3万3000円/ジャブスアルキヴィオ(すべてチンクエ ステッレ 03-6721-0970)

’60年のローマ五輪ではリビオ・ベルッチがスパイクシューズを着用して陸上200m走で金メダルを獲得し、’70年代にはサッカーの名門ユヴェントスのオフィシャルサプライヤーになるなど、歴史を遡れば、イタリアの名だたるアスリートたちが愛用していたという。その作り、引いては履き心地は折り紙付きだ。

NEXT PAGE /

ブランドを代表する名作テニスシューズ「トーナメント」
グリーンやネイビーなど、カラバリは全7色。イタリアントラッドのハズシとしてだけでなく、このようなスポーティな装いでも足元から品良く格上げしてくれる。

スニーカー3万7000円/ヴァルスポルト(チンクエ ステッレ 03-6721-0970)

100年にわたり受け継がれてきた熟練の職人が手作業で1点ずつ仕上げる100%イタリアメイド。加えてエレガントな木型や上質なマテリアルは、僕らの装いだけでなく気分まで上げてくれるに違いない。

[左]真っ白なアッパーのアクセントとなっているのが、配色されたサイドのブーメランとこのヒールカウンター。3万7000円、[右]ヴィンテージ加工が施されたソール。こちらも職人による手作業で汚しを入れているという。/ヴァルスポルト(チンクエ ステッレ 03-6721-0970)
[問い合わせ]
チンクエ ステッレ
03-6721-0970
www.cinque-stelle- shop.com/

清水健吾=写真 石黒亮一=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 大内康行=文

# ヴァルスポルト# スニーカー
更に読み込む