2019.05.30
FASHION
PR

夏のアクセ代わりに、北欧生まれの“着替える時計”を

スカンジナビアデザインを代表するデンマーク生まれのスカーゲン。そのブランド誕生30周年に発売された「AAREN KULOR COLLECTION(アレン カラー コレクション)」が話題だ。

スカーゲンといえばシックでモダンな大人好みのブランドだが、歴史ある港町、コペンハーゲンの街並みにインスパイアされたという当コレクションはこれまでになく鮮やか。

現在発売されているのは計6色。6月にはさらに5つのネオンカラーも登場する予定。各1万4000円/すべてスカーゲン(フォッシルジャパン 03-5992-4611)

豊富な色数もさることながらひとつひとつの色合いが秀逸。着けているだけでビタミンが浸透してきそうな果実を思わせるトーンが、いつもの服に溶け込みつつ、単調な夏の装いにメリハリを与えてくれる。それでいて、6時位置に秒針のサブダイヤルを配置するなど、カジュアルウォッチでありながらも伝統ある“ものづくり”の精神は健在だ。

こんなに楽しい時計は、着こなしが寂しくなりがちな夏にアクセサリー感覚で身に着けるのが正解。例えばこんなふうに。

腕時計1万4000円/スカーゲン(フォッシルジャパン 03-5992-4611)、カットソー1万6000円/イートーツ×エディフィス(エディフィス 新宿 03-5366-5481)、ショーツ6900円/オーシャンパシフィック×サニーレーベル(アーバンリサーチ サニーレーベル グランツリー武蔵小杉 044-982-3131)

ボーダーカットソーにコーデュロイショーツという、サーフテイストなスタイリング。そのボーダーの色に合わせて黄色のアレン カラー コレクションを選んだ。装いに溶け込んでくれるし、袖まくりした手元も明るく彩ってくれる。

ただ、これだけカラバリが豊富だと、どの色を選ぶかは悩みどころ。どの一本がしっくりくるか、スタイリング別に“着替え”てみた。

NEXT PAGE /

武骨なスタイルに花を添える赤い挿し色

腕時計1万4000円/スカーゲン(フォッシルジャパン 03-5992-4611)、Tシャツ1万1500円/アトリエ ベトン(スタジオ ファブワーク 03-6434-9575)、パンツ2万4800円/バーンストーマー(ヘムト PR 03-6721-0882)、スニーカー3万4000円/ニューバランス(ニューバランス ジャパンお客様相談室 0120-85-0997)、サングラス4万9000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285)

グレーのTシャツにカーゴパンツという男臭さがプンプン漂うスタイリングにはずばり、レッドやオレンジが映えるだろう。アーシーな服が大地の役割を果たし、スカーゲンが一輪の花のようにくっきりと浮かび上がる。


ネイビーのワントーンにホワイトの清潔感

腕時計1万4000円/スカーゲン(フォッシルジャパン 03-5992-4611)、シャツ2万9000円/08サーカス(08ブック 03-5329-0801)、パンツ1万5000円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス マウンテン 03-5466-9278)

ネイビーのワントーンでまとめたスタイリング。それを清潔感と爽快感を与えてくれるのが白。腕元のスカーゲンがその役割を担ってくれる。この場合、シューズもホワイトで合わせるとなおよし。


クールビズならインナーと色合わせが正解

腕時計1万4000円/スカーゲン(フォッシルジャパン 03-5992-4611)、ジャケット7万2000円/カベル(ヘムト PR 03-6721-0882)、ニットT2万4000円/アトリエ ベトン(スタジオ ファブワーク 03-6434-9575)、パンツ3万8800円/レインメーカー 075-708-2280、靴4万2000円/リーガル シュー&カンパニー 03-5459-3135

ビジネスシーンにおける腕時計は靴やベルトと色を合わせるのがセオリーだが、色数豊富なスカーゲンなら服の色を拾うのもあり。Vゾーンに映えるインナーとスカーゲンをブルーで揃えれば、爽やかなクールビズがいっそうクールに。

NEXT PAGE /

時計そのものの“着替え”も楽しめる!

別売りのメッシュブレス(左、6000円)とネイビーのレザーストラップ(右、5000円)。アレン カラー コレクションは気分によって時計の“着替え”も楽しめるのだ。

スカーゲンのアレン カラー コレクションのストラップは取り外しが可能で、別売りのストラップに、まさに“着替える”ように付け替えることもできる。ストラップは、写真のメッシュ、レザー以外の種類や色も複数用意。また、別カラーの時計もゲットし、ストラップ部分を組み替えて自分だけの一本を作り上げるのも一興だ。

しかも、特別な工具も必要なく、ワンタッチでできるのがうれしい。

体に占める割合が小さな腕時計は、気張らず遊べるアイテム。特にこの“着替える時計”はアクセサリー感覚で楽しめる。

この夏はスカーゲンで、単調になりがちな夏の着こなしに潤いを与えよう。


[問い合わせ]
スカーゲン(フォッシルジャパン) 
03-5992-4611
www.skagen-japan.com

スカーゲン直営店(東急プラザ銀座店、ルクア イーレ店、 ヴィオロ店)
http://hosted.where2getit.com/skagen

鈴木泰之=写真 松平浩市=スタイリング takai=ヘアメイク 竹川 圭=文

# アレン カラー コレクション# スカーゲン# 時計
更に読み込む