2019.11.24
FASHION

ハイスペックとハイセンスが融合した5つのフリースの出番だよ

ニット、スウェット、フリース。秋のワードローブといえばこの3種の神器である。それらに求めるのは、トレンドうんぬんよりも、本当に着られるものだけ、というシンプルマインド。ゆえにデザインはちょい地味!? でも読めば納得の秀逸感。そんな本物だけを厳選ピック。

「グラフペーパー」
あえて起毛素材をカット技アリの大人フリース

「グラフペーパー」のフリース
3万4000円/グラフペーパー 03-6418-9402

パイル状にした起毛素材をカットしたウールボアフリース素材を使用。目の詰まったしっかりとした肉感と、ウールならではの柔らかく高級感のある表情は“フツーのフリース”に満足できないキミのためにある。

また、見た目の美しさもさることながら、抜群の防寒性も特筆。加えて、丸みを帯びたボリューミーで今どきなシルエットは、インナーに厚手の何かをレイヤードするのにも最適だ。一枚で主役を張れる優秀作品として今季ノミネート入り決定!

 

「レイニング チャンプ」
機能素材と現代デザインの融和

「レイニング チャンプ」のフリース
3万2000円/サザビーリーグ 03-5412-1937

スウェットをはじめスポーティなアイテムに強いブランドが、機能フリースの雄、ポーラテック社のフリースを使ったフルジップフーディをドロップ。従来のフリースよりも、軽量かつ保温力に優れた機能素材とレイニング チャンプのデザインが融和。

街でも溶け込むスタイリッシュな仕立てに加え、生地へのストレスを軽減する4本針のロックミシンを使ったフラットシーマ縫製など、細部にまでつくりこまれた本格品。しかも、全工程はカナダの自社工場で行うという徹底ぶり。ここまで仕事っぷりを語られたら、誰でも惚れてまうやろ。

NEXT PAGE /

「パタゴニア」
老舗ゆえの期待値にも悠然と応える秀作

「パタゴニア」のフリース
1万9500円/パタゴニア日本支社 0800-8887-447

フリースといえばこの名門なくしては語れない。ピックアップしたのは「ロス・ガトス・フーディ」の新作。吸湿発散性、快適な肌触り、優れた保温性を備えたハイパイル100%のフリースを着た者は、その着心地をまるで高級バスローブのようだと形容する。しかもリサイクル素材も用いているから環境にも優しい。

クライミング、サーフィン、フライフィッシングなど、自然を遊び場にすることの楽しさを教えてくれた偉大なるブランドであること、そしてフリースのパイオニアと呼ばれる理由が、この一着にギュッと詰まっている気がするのだ。

 

「ヴェイランス」
あらゆるレイヤリングにアジャストするフリースカーデ

「ヴェイランス」のフリース
5万円/アークテリクス 03–6631–0833

おおよそ一般的なフリースとは一線を画すヴェイランスらしい新作フリースジャケットが到着した。滑らかなウールとナイロンを混紡し、ブランドらしい複雑なカッティングを圧着したVネック仕様のカーディガン。シャツ感覚でラフに羽織れる一方で、ハンドポケット、背中、袖口の切り替え部分には、耐久性と機能性を考慮し、テラテックス素材を用いた緻密な構成も秀逸。

さらにジップはスムースな開閉が可能なYKK社製のエクセラを配し利便性にも余念なし。腕の構造に合わせて立体的に仕上げたアナトミカルなカッティングも特徴。アウターとして、アウターのインナーなど、あらゆるレイヤリングに最適な一着と認定したい。

NEXT PAGE /

「マムート」
全幅の信頼を寄せる着る道具

「マムート」のフリース
2万6000円/マムート スポーツ グループ ジャパン 03-5413-8597

海も山も街も、秋冬のオフタイムの24時間はこれ一枚で。というぐらいマムートのフリースは優秀だ。アルパイン&ウィンタースポーツで育まれたアイテムは、ウェアというよりもギア的個性が。中でも「ゴブリン アドバンスト」は傑作だ。

ボディは街にも馴染む軽量で暖かいポーラテック サーマルプロハイロフトを採用。脇には動きを考慮し、ストレッチ性に富んだポーラテック パワードライを使用するど、ストレスフリーなデザインを構成。3つのポケットやドローコードなど、必要十分な使い勝手のいいディテールも。

 

清水健吾=写真 星 光彦=スタイリング 黒澤卓也=編集・文

# パタゴニア# フリース
更に読み込む